違い

今年、始めて苗を仕立てた白ネギ「ホワイトスター」。
まだ5つほど余っていたのですが、圃場準備ができなくそのままにしてましたが、ブロッコリーとキャベツを植えていた場所を耕運し、定植しました。
2018-06-172.jpg 
苗箱の土は肥料もほとんどない状態でしたので、定植したては黄緑色の苗。
2018-06-171.jpg 
こちらは定植後の苗。やっぱり色が全然違います。もちろん基肥があるので当然といえばそうですが、やっぱり狭い苗箱よりでっかい地上にいるのがいいんです。

2018-06-173.jpg 
ナスの圃場ですが、誘引に必要な針コードも張り始めました。支柱ががっちりしているのでピーンと張ってます。ばっちしです。


除草作業

白ネギのホワイトスターを定植して、畝に除草剤を散布しようとしたのですが、ちょこちょこ草が芽を出し始めている。除草剤の散布前に除草をするという作業が・・・(笑)

さらに定植後に、根元に軽く土をかけないといけない箇所もあり、それを兼ねて・・・・・
2018-06-151.jpg 
スパイダーで畝を駆け回り除草をすることに。幸いにも土はしっかり乾いているし、フリー刃をつけているので塊土も細かくなって株元へコロコロ。もちろんゴロッとした塊は苗を押してしまうので手で避けて行きました。

2018-06-152.jpg 
昨年植えていた圃場。ここはほんと土がいいので楽チン。大変綺麗にできてます。

駆けずり回って半日が終わったような・・・・。

かりあげ作業終了

2018-06-14.jpg 
かりあげ作業が終わりました。だいぶんスッキリしました。
第一果がぼちぼち膨らみ始めています。第2果の花がいい紫で咲いています。

先日早めにコテツを散布しておきました。早め早めです。昨年も後出しばかりだったので。

支柱完全固定作業が終わり次第、針コードを張っていよいよ誘引作業となります。

かりあげ

すこしづつナスが育っております。
2018-06-112.jpg 
計画よりも早め早めに作業をしておりますが、計画的にオーダーしている資材がとどいていないのがあって作業が止まったりしてますが、何もしないのもあれなので、刈り上げ作業をし始めました。
2018-06-111.jpg 
刈り上げ作業とは大げさですが、主枝分岐点より下にある芽かきと作業です。
作業をしたら、ほら、スッキリしたでしょ。


ナスの支柱固定作業

田植えも終わり、田植え機、ハロー、軽トラの苗乗せ台を洗って片付け。昼までかかって、午後は支柱の固定作業。写真がないのですが(取り忘れた!!!)、パイプハウスで使う固定金具を今年は使っています。去年までは針金を番線のように巻いていましたが、やっぱり固定する数が多いと縛る力加減が偏ってしまい・・・・。
2018-06-06.jpg 
作業をしていたら、ふと、主枝の分岐点にあまがえるが・・・・お休み中。
今年から圃場を変えたのですが、水は稲の水を当てると嫌でも水が入ってくるので、よく育ってます。

気になったのが、購入した苗は小さかったので分岐点も低く、作業が大変かなと思い、去年は鉢上げして分岐点を上げてました。今年は鉢上げして定植する時間が持てなかったので、早めに定植。現在20日ぐらいは立ってますが分岐点は結構上に伸びていい感じになってます。

支柱固定がすんだら、針コードを張って、葉かきをして、誘因して・・・・・

なすって大変です。(笑)

「恋の予感」の田植え

本日は「恋の予感」1haの田植えです。

で、三菱農機から現行機種LE60Dの実演機をお借りすることができました。今使っている20年前の田植え機とLE60Dとの差を・・・・・・実感。

LE60Dの売りは、エンジンがガソリンでなくディーゼルエンジンです。パワーがあるので作業も早いです。6条植えというのもありますが、「大きいことはいいことだ」を感じました。

粒状施肥もついていましたし、30cm疎植も対応しているのですが、肥料は代掻き時に散布済。疎植は必要な苗箱を購入しており、余らすのはアレなので22cm植えです。(いま家にあるのと一緒)

そして、一番すごかったのは、「ジャストメジャー」という名の機能。
田植えをする際は、5条、6条田植え機だと圃場のまわりを2周まわって目印をつけて、その目印を頼りに圃場のまくら地をあけて隣接植えです。ところが、「ジャストメジャー」は最初に田植え機自身でまくら地の幅分あけて自動で植え付けをするもの。

家の機械は隣接へ移る場合、植付部を手動(重たいレバーを引いて)で上げて、ハンドルをきって、片輪のクラッチを足で踏み、隣の植え付け部と並ぶように合わせながら、植付部を下ろして、植付開始。全部手動ですが、LE60Dはハンドルを切ったら自動で植え付け部が上がり、片輪ブレーキがかかり隣接に移る手前から自動で植え付け部が下がって、マーカーも自動でおりて、自動で植え付け開始。つまりハンドルを切る操作しかいりません。片輪のクラッチを足で踏んで切ることも不要です。


動画で、「ピッ、ピッ、ピッ、ピー」といって植付が始まってます。「ピッ、ピッ・・・」とアラームが鳴っている間は田植え機自身でまくら地の幅を図っています。

10時から初めて、昼休憩30分をとって終わったのが、2時半。早いですね。

朝一から始めたら、2haぐらいまではいけそうな気がする素晴らしい機械でした。

お値段も素晴らしいお値段ですが・・・(笑)

「ホワイトスター」定植完了

「ホワイトスター」の定植作業ですが、何とか終わりました。
2018-06-041.jpg 
予定していた圃場(家の横)

2018-06-043.jpg 
昨年も植えた畑

2018-06-042.jpg
苗が余ってしまったので、家の前の乾きの良い場所にも定植。

ひっぱりくんをつかった定植作業でしたが、やっぱり大切なのは土の状態です。よい状態ならホントキレイに簡単に定植できます。

はじめて播種→育苗→定植までがんばってやってみましたが、なんとか形になりました。

ホワイトスターの定植開始

2018-06-031.jpg 
午前中は地域の用水路清掃でした。該当の用水路は私の圃場を通っているところばかりですが、しばらく「定植まつり」だったので、草は伸び放題。清掃は8時からでしたが、5時から気合をいれて草刈りをしました。清掃は10時で終わったのですが、残りの草を刈ったので、結局朝5時から12時までずっと刈ってましたね。疲れました。

午後ですが、予定では今月中旬に予定していた白ネギ「ホワイトスター」の定植ですが、ピーマンやナスの定植が計画以上に早くすんでいることと、梅雨入り前の乾いた圃場が目の前にあるので、作業を開始しました。
2018-06-032.jpg 
オレンジの器具は「ひっぱりくん」といって、チェーンポットのネギ苗箱を乗せて、ひっぱっていくことで定植ができる便利な道具です。個人ではもってないので、JAからお借りしました。


実際の作業風景は「原田農園」の動画をご覧ください。

「原田農園」の圃場の土は本当に細かいですが、うちのは少しゴロ土です。
うねたては「原田農園」では管理機で溝をつくってましたが、うちはトラクターの培土機をつかって作りました。なので気持ち畝が太い?かな。


ナスの支柱建て開始

2018-06-011.jpg
ナスの支柱建てを始めました。今年は針コードがなすの荷重で垂れてしまうのを少しでも防ぐため、いろいろと変えております。一つ目は畝幅を狭くして支柱の交差の角度を鋭角にしております。これにより収穫も背を屈めなくてもよくなります。

2018-06-012.jpg 
2つめは畝の端の支柱を支える支柱を増やしました。材料となるパイプは家にあるもので数は何とかなりそうです。

この写真は支柱同士を固定していません。必要な支柱を立てるだけで今日はお時間が来てしまいました。でも3年目、半日で必要なすべての支柱立てを終えることができました。だんだん慣れてきたのか、効率よく動けるようになったのか、いいことです。

固定作業が終われば、針コード設置と忙しい日々が続きます。

怒涛のにこまるの田植えは終了し・・・・

怒涛のにこまるの田植えは3日で終了。1日は半日会議があったので・・・・
今年は失敗です。田植えはいいのですが、育苗で結構苗が余ってしまいました。
一枚あたり180gで撒いて、掻き取りを最小にしたのが起因。
今年は余りましたが、来年は育苗枚数を今年余った分減らせることがわかったので、コスト削減できることがわかりました。前向きに行きます。

2018-05-28.jpg
こちらは、はじめて作っているブロッコリー。次男が好きなので植えたのも理由ですが・・(笑)
春作は虫がすぐ飛びつくのでずっとマルチしていたのですが、2日前にマルチを外しました。
ちっちゃいのができていたので、追肥を株元にぱらりと行なっています。

うまくいったらいいのですが、へんちくりんな天気は作物の機嫌をそこねるので、油断できません。
ゆめまる・東広島ブランド
???????
広島ブランドロゴ
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
きーわーど

特別栽培米 にこまる 土作り なす フルーツパプリカ こどもピーマン ココノエモチ 育苗 草刈り バケツ稲作 農業機械 春菊 かぶ とうもろこし 安納芋 ホワイトスター ピーマン 稲刈り 古代米 丹波産黒大豆 かぼちゃ レタス にんじん 田植え ブロッコリー インゲン 白ネギ 疎植試験 中干し プール育苗 籾すり サラダほうれん草 アスパラ菜 籾殻処理 落花生 畦塗り 支柱立て ちぐさ 定植 農薬散布 マルチ張り 肥料散布 誘引 えだまめ 畝立て 四角いトマト 長ネギ 防除作業 丹波黒大豆 籾摺り 枝豆 はくさい 極早生花菜 人参 追肥 まいたろう ヒノヒカリ 恋みどり つるなしインゲン 苗作り 竹パウダー 播種作業 スティックセニョール 資材 きゅうり ラディッシュ マルチ作業 圃場整備 かたずけ サブソイラ 大かぶ ミニトマト ダイコン 排水 代掻き 管理機メンテナンス 籾がらまき 掃除 くさむね 除草剤散布 除草作業 しろねぎ コンバイン 四角いトマトの観察 販路拡大 いねかり 水浸作業 さつまいも 穂肥散布 白ねぎ 恋の予感 支柱建て ひえ 籾殻コンテナ ラジオ いんげん 食味検査 つるなしいんげん ゆめまる スパイダー ホワイトスターのは種 地産地消 水やり 一発除草剤 規模拡大 トラクター とまと ソルゴー への字 ほうれん草 研修 春菊、水菜、丹波産黒大豆 でかピーマン 収穫 ししとう セロリ 乾燥機 水菜 認定農業者 誘引作業 塩水選 浸水作業 もち米 ナス もち 堆肥散布 支柱補強 安穏芋 ハダニ スパイダー850A 水タンク 活力剤 道具 ラディッシュ、なす 催芽作業 出荷 ごんべい 筑陽 もみがら 白菜 ラジコンヘリ うどん粉病 だいこん 講習会 冬期作物 籾殻散布 トマト 基肥散布