FC2ブログ

稲作日記NO38(コンバイン整備)

次の休みは播種作業予定を計画してますが、残念ながら作業スペースは中大規模農家のようにありません。納屋の中の機械をまるでパズルのように移動させて作業場所を確保します。

納屋の中にはずっと整備中のコンバインがあって、デバイダから脱穀部から掃除をして、整備をして、バラバラ状態でした。デバイダ部品の一部は塗装して、ひとまず最終組立。
20150410080938069.jpg
塗装をしているので写真でみると新品みたいですが(笑)。あくまで写真のせいです。
運転席側デバイダはまだ手直し中なので、側面のカバーとかはつけてません。

20150410080952137.jpg
ニコマルの種籾は水浸作業をつづけております。水の入れ替えも行いましたが、最初に比べれば濁りは少なくなりました。一応計画では次の月曜日に催芽温度32度に設定予定です。

20150410081011587.jpg
現在はこんな感じ。見た目の変化はありませんが種籾は活動しているはず。

夕方に幼なじみが来たのですが、次の日曜日は早生のコシヒカリの田植え。昨年は稲刈りの時に雨で田んぼの半分が手刈りをした苦い経験から早い段階で溝を切り、排水をしっかりしたとかで、ここまでは順調。
ちなみに幼なじみのトラクターはクボタの34馬力ハーフクローラ+キャビン。でもこれ以上湿田になるとさすがにしんどいよ~、と。コンバインも水平付き4条刈りがほしいと申しております。今年は乾燥機2台体制になるので出費もおおいので、機械ビンボーで、笑ってました。

農業は本当に機械が高いです。やりたいことがあってもそれを行うために購入する機械が高いことが一番ネック。例えば無農薬栽培で稲作をしようとおもったら、色選が必須になるのですが、簡単に中級クラスの乗用車が買える値段がするのです。

冗談での会話です。

私「色選いいよね」

幼「じゃあ早速たのんどくね。まいど~あり。あすには納品しておきます。」

私「私の車が色選に変わってるね。」

幼「物々交換じゃね。(爆)」

こんなことを言い合える幼なじみです。借金してまでの購入はしないことはお互い同じ認識。お互いの子供に借金を相続したくないですからね。

そんな、たわいもない話をしながらも、農繁期を乗り切ろうと話を締めて、帰って行きました。

【UCOM光 スパークス】
新しい生活に新しいネット環境はいかが。

Tag : 農業機械

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL