FC2ブログ

稲作日記NO112(籾摺りと稲刈り)

今日明日のお休みは怒濤の作業で稲刈りは終わらせないと週末も雨なので、一人農作業で行うにはかなりきついスケジュール。気合いをいれて作業開始。ひとまず前回の稲刈り分の籾摺りを朝一から。

ライスグレーダのおかげで選別能力があがっていますが、やっぱり青が多い。やっぱり登熟期間に2つの台風は
こたえてます。もちろんこれは玄米上の話で、白米にするときれいなお米に仕上がります。

怒濤のように籾摺りを終えて、稲刈りですがあの”手こずりそうな田んぼ”はまだ田んぼが柔らかいのでもう一日干すことに。そのため、家の横、3反の田んぼの残りを刈り取り。

このブログを読まれている方は、今年疎植試験を行った田んぼです。

やっぱり疎植は威力あります。株がものすごい太いこと。鎌で刈り取るにも茎いっぽんいっぽんが太いなあ、と実感してます。が来年はしないかな。今の田植機が疎植対応に変われば話は別ですが、補植がてらの作業は大変な時間がかかります。この時間をほかの作業にむけるべきだったと思う点が。疎植ではなく、植え付け本数をぎりぎりに少なくして植える、今までのやり方を基本に考えましょうかね。

この田んぼは元々良く乾いていたため、多少の水たまりがあろうと直進するだけは何ら問題ないのですが、このような田んぼの状態のときは同じ場所で旋回をつづけるとそこがぬかるみます。このように小さな田んぼは旋回しまくりなので枕地は結構荒れてしまいました。


3反の田んぼですが、ここは幸いにも収量が多いためか刈り残り分があったのでここも刈り取りしました。本来ならコンバインは刈り取りしたあとカッターで切り刻んで田んぼへ散布ですが、保育園の先生から藁が欲しいとのことでこの4列を「排ワラ」で。よくyoutubeで中国の稲刈りなどで「排ワラ」でダーっと刈り取りする動画がありますがうちもそんな感じで作業を収量。まだ4時過ぎですが、今日刈り取りした籾を明日昼までに乾燥して仕上げないと明日の稲刈りができないので、今日は作業おしまい。

Tag : 特別栽培米 稲刈り 籾すり

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL