FC2ブログ

稲作日記NO122(コメの選別課題)

今年は籾摺りをしたら、くず米が多かった。
原因としては
●収穫前の台風接近によるやむを得ない早期の稲刈り
●さらにはウンカの襲来による影響
●登熟期における酷暑で水の不足による玄米一粒が小さくなり選別の際クズ米に小さな玄米が混じってしまった
これらの複合でくず米が多かった理由です。

Fgs01

農家の支持を受けるピカ選。カラーセンサーカメラをつかって、玄米の色が本来の玄米色以外のもの(未熟米:青、もみ:きいろ カメムシ:黒 )をコンプレッサーの風圧で一粒一粒弾き飛ばす、優れもの。これがあると2等米も1等米になる(100%ではないですが)ことも。ただ値段が軽くパジェロが買えるくらいします。
このピカ選の性能を最大限活かすために、提供メーカのSATAKEは籾摺りとピカ選の間に米選機を置くことを進めています。

Nvg32a01

この機械はコメを選別する網があり網の穴のサイズでコメを選別します。うちには

Npa32bv

選別と計量が一体となった機械があるのですが、米選機を置いて、米選機と選別計量それぞれ網の目を変えて行えばくず米の精度はあがるとか。(先日の展示会のSATAKEブースにいたお姉さん談)コストもピカ選の10分の1ですし。まあ9月の登熟期にしっかりと水管理をすればいいのですが、兼業農家なんでなかなかそうも行かないのも実情。来季の課題です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL