FC2ブログ

稲作日記NO19(プールの検討)

来年度から、特別栽培米認定をもらうべく、ことしはその予行演習ときめてスタートした25年度たかちゃんちの稲作。昨年までは、種籾消毒(4月中頃)→浸水→播種(4月末)→育苗(5月上、中)→田植え(5月末)でありました。このプロセスは変わらないのですが一つ一つの中身が変わります。その中でも育苗方法を新たにチャレンジしてみようかと。
幼なじみもすすめるプールです。えーっとビバリーなんとかの豪邸にあるプールならいいのですが(笑)、ここでは苗を泳がすための(正確には違いますが)プールを作りたいと思ってます。
現在は主流のマット方式の苗箱で家もしてますが、その昔は「みのる」というメーカの土付成苗稲作方式でした。

Imagecgi写真はネットより活用してます

こんな感じで、苗箱のそれぞれの溝の中で育苗します。この方式は種籾はうすまきのため、しっかりと根をはり、成苗状態で移植(田植え)ができるので株もよく育ちました。ただし苗箱が特殊なため、田植機も特殊。

Image1cgi写真はネットより活用してます

このように3輪タイプで、植え付け部が田植機の中程にあるので、植え付けを確認しながら作業はできるのですが後輪タイヤ分ほど植え付けができない欠点があります。田んぼの四隅は必ず手植えでした。また「みのる」しかないので主流の田植機の機材は一切つかえないので、機械が高いです。
この土付成苗稲作方式は播種後は苗代に直接並べ太陽と苗代に張った水で育苗をしてました。今年から行う「プール育苗」は稚苗からプールにつけて育苗をする方法です。

Photo_2写真はネットより活用してます

うちは播種後、稚苗にする過程も太陽でおこなうので(一般的には育苗機といって、高温加湿のハウスをつかって強制的に芽だしをしますが)どうなることやら。昨年はminapapaさんが実行しているので私も出来ると思っているのですが。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL