FC2ブログ

稲作日記NO27(稲刈りその7)

乾燥機で乾燥作業をおこない、玄米水分が15%になったら(うちでは14.5%)乾燥作業は終了。つぎに玄米にして袋詰め、いわゆる籾摺作業です。

Img_1664

まず、うつしこみにある(乾燥作業が終わったら、乾燥機をからにするため、この場所(貯蔵庫とでもいいましょうかね)に移します)籾をもみ擦り機に排出します。

Img_1665

籾摺機には2つのゴムローラの間をくぐりぬけることで、籾殻と玄米に分かれます。

Img_1667

籾殻は外へ排出

Img_1666

玄米はよい玄米悪い玄米に選別され、

Img_1669

よい玄米のみ袋詰めの機械へ排出されます。

Img_1668

この機械でさらに選別され、玄米の大きさが規定以下なら屑米として出荷、

Img_1670

皆さんが口にする玄米は袋詰めされます。 こんな感じで、規定重量に達したら、警告ブザーと同時に袋詰めが止まります。 作業はこの繰り返し。昔のことを思えば楽になったもんです。

Banner_04こちらのクリックもよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL