FC2ブログ

稲作日記NO19

Tomato

「まだあおいねえ」 みているあなたではなくこのトマト。まだゴルフボールぐらいのおおきさです。この写真ではぎりぎりみえるかと思いますが、茎やトマトの実に産毛みたいなのがあると思います。これは空気中にある水分を取り込んで、栄養にするのです。だから、トマトは水は少ないほうが甘くなります。フルーツトマトなどはハウス栽培ですが、雨よけの意味もあります。

コメント

食いしん坊のおばちゃんよりトマトのお話再び! 先日愛媛の内子町へ行き、ソバ屋で季節限定ソバを注文すると、さいころ状に刻んだ完熟トマトときゅうりをどっさり乗せたソバが出てきました。最近ファミレスで見かけるサラダうどんならぬサラダソバでしたが結構いけましたね。冷たくひやして、さらに野菜のかきあげなどのせると経済的で簡単その美味しさは言葉では言い尽くせませんね。トマトは肺の細胞を復活させる力もあるとかテレビで見たことがあります。細木数子のしあわせのレシピなんかにゆめゆめ惑わされませんように… 

おいしそうなトマト! 青くて、みずみずしくて、熟れずに残ったトマトも捨てちゃあいけんよ。それをフライにしたのが美味しくて評判だった貧しいアメリカ南部のカフェを舞台にした映画『フライドグリーントマト』を見てから、畑にほったらかしにしてあるトマトを見るといとおしくなります。1992年公開された私の大好きな映画の1つですが。特に太リ過ぎて人生に失望している女性必見!

なるほど、雨をよけて水分を表面の毛からも吸収できなくして甘いトマトにするのね。なるな~る

フルーツトマト

PING:
BLOG NAME
フルーツトマトって知ってますか?
トマトなのに、フルーツ。
高知ではトマトがおいしいのは当たり前。
徳谷トマトなどのおいしいトマトは、色々あるけれど
最近の人気はフルーツトマト。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL