FC2ブログ

育苗の失敗と発見と助け

お久しぶりです。ふぁーむたかちゃんちの佐々木です。

怒涛の定植まつりもゴールが見えてきました。
5月GW開けにまずは白ネギホワイトスターの定植。昨年より1ヶ月早いです。今冬は暖かかったので坊主が予定より早く出てしまったのと、4月になってもネギ出荷があり、他水稲や野菜の定植に向けての作業とかぶってしまったので、この冬はおおかぶが終わりしだい、迅速にネギ出荷もでき、3月にはおわって、余裕で次の作業に入りたいので。

ホワイトスターの定植後、水稲の代掻きと、早生品種のモチとあきさかりの田植え。合わせて1.5haですがこれをしながら、ナスの定植もあるので、午前中ナスの定植、午後田植えのローテーションで3日。

ナスの定植が終わりにかかる頃、主力の特別栽培米にこまるの圃場の代掻き。家から少し離れた圃場もあるので、なんだかんだで2週間。4haですが、時間がかかりました。

今年は、にこまるの面積が増えたので、育苗の苗箱も増えました。

初めて育苗機は積み重ねによる芽出し作業。初めてだったのでビビってヒーター温度を28度にしたら芽出しに時間がかかりすぎました。ただ、ここで時間がかかったのは、浸水作業の最後の催芽作業が十分でなかったからと見ています。

育苗機は枚数に限度があるので、残りは納屋で積み重ねをしましたが、こちらもうまく芽がでなかったので、そのまま苗代へ出して昔のように無加湿での育苗。芽は出ましたが、育苗ムラが多数。ここでも催芽作業の不十分が理由です。

さらに、苗の先が茶色になる箱が多数発生。苗代圃場からガスが出てしまったようです。

泣きっ面に蜂です。

昔は枠をつくって、育苗プールをシートを使って行ってましたが、3年前から苗代へ直接ならべて、水を張っての方法でしたが、ガスがでるとは・・・・

来年から、シートを使ったプール育苗に戻します。

そんなわけで、田植えも苗の状態が悪いので、田植え機を最小かき取りで(反当10枚)おこなっても15枚から18枚を消費、当然苗箱が計画数よりオーバーしたため足らなくなるわけで。

さて、にこまるはJAでは作っていない苗なので、JAに追加で今ある苗を・・と連絡したら、にこまるが
希望枚数あるとのこと。(どうして育苗していたのかは聞きませんでしたが・・・)

あきらめモードが一転、天国モード。

あれやこれやトラブル続きでしたが、次の土日で残り1haのにこまる田植えですべて終了です。

苗代からガスが出た理由は不明ですが、ガスが出ないように、対策は整えないと。

とにかく、いろいろあった農繁期でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

ゆめまる・東広島ブランド
???????
広島ブランドロゴ
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
きーわーど

特別栽培米 にこまる 土作り なす フルーツパプリカ こどもピーマン ココノエモチ 育苗 草刈り バケツ稲作 農業機械 春菊 かぶ とうもろこし 安納芋 ホワイトスター ピーマン 稲刈り 古代米 丹波産黒大豆 かぼちゃ レタス にんじん 田植え ブロッコリー インゲン 白ネギ 疎植試験 中干し プール育苗 籾すり サラダほうれん草 アスパラ菜 籾殻処理 落花生 畦塗り 支柱立て ちぐさ 定植 農薬散布 マルチ張り 肥料散布 誘引 えだまめ 畝立て 四角いトマト 長ネギ 防除作業 丹波黒大豆 籾摺り 枝豆 はくさい 極早生花菜 人参 追肥 まいたろう ヒノヒカリ 恋みどり つるなしインゲン 苗作り 竹パウダー 播種作業 スティックセニョール 資材 きゅうり ラディッシュ マルチ作業 圃場整備 かたずけ サブソイラ 大かぶ ミニトマト ダイコン 排水 代掻き 管理機メンテナンス 籾がらまき 掃除 くさむね 除草剤散布 除草作業 しろねぎ コンバイン 四角いトマトの観察 販路拡大 いねかり 水浸作業 さつまいも 穂肥散布 白ねぎ 恋の予感 支柱建て ひえ 籾殻コンテナ ラジオ いんげん 食味検査 つるなしいんげん ゆめまる スパイダー ホワイトスターのは種 地産地消 水やり 一発除草剤 規模拡大 トラクター とまと ソルゴー への字 ほうれん草 研修 春菊、水菜、丹波産黒大豆 でかピーマン 収穫 ししとう セロリ 乾燥機 水菜 認定農業者 誘引作業 塩水選 浸水作業 もち米 ナス もち 堆肥散布 支柱補強 安穏芋 ハダニ スパイダー850A 水タンク 活力剤 道具 ラディッシュ、なす 催芽作業 出荷 ごんべい 筑陽 もみがら 白菜 ラジコンヘリ うどん粉病 だいこん 講習会 冬期作物 籾殻散布 トマト 基肥散布