FC2ブログ

遅い秋おこし

もう令和2年も1ヶ月がおわり、2月になってます。今年は異常な暖冬で冬野菜の値段もくずれているようで、日本古来の春夏秋冬は絶対必用ですね。

11月からはじまったカブの収穫作業もまもなく終わり、入れ替わりで白ネギ収穫が始まりました。今年は冬になるまでの成長は計画どおりでしたが、暖冬の影響で成長が続いています。分岐点から4から5cm伸びているので、近いうちに土揚げをしっかりとしておきたいと思ってます。

タイトルの秋おこしは、稲刈りが終わった田んぼの耕運作業です。稲刈りが終わったらすぐに行うべきでしたが、我が家はこんな時期になってしまいました。

IMG_3104.png
まず、トラクターのロータリの刃が柳刃包丁のように摩耗していたので、高耐久の替刃に交換をおこない、

交換作業にはこれが便利。
 

IMG_3105.png

交換作業が終わり次第、作業開始。
IMG_3106.png
先日季節外れの大雨で田んぼには水が溜まっていましたが、耕運をすることで早く水が履けるのは経験済。ただし、ロータリフラップは上げたままの耕運作業。当然深耕センサーは聞かないので、エンジン負荷がかかると作業機が上がる「Sモード」での作業です。ちなみは我が家は尾輪をつかています。
IMG_3107.png
今回は白鷺がお供するかと思いきや、カラスの大群が押し寄せて、耕運したところから餌をついばんでいました。
IMG_3110.png
大体、1日1haペースで5日ぐらいかな。(1日中の作業ではありません。4,5時間程度が作業時間です) 夏野菜圃場の片付けや冬野菜の出荷など作業てんこ盛りなので、少しづつ勧めています。

とうとう家のトラクター1200時間を超えました。倍速ターンの効きも怪しくなり、一つ一つの機能に障害が出始めました。しゃーないですが・・・・(笑)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL