FC2ブログ

稲作日記NO4

昨日、田んぼに肥料を散布したので、今日はトラクターをつかって耕します。普通「粗起こし」とか「一番耕」とかいいます。この作業の目的は稲刈りにコンバインから散布したわらを土に分解させるのと田んぼに酸素と肥料をおくって基礎となる土作りが目的です。

sagyoumae

肥料散布後の状態です。トラクターで散布したので轍が目立つし、水はけが悪いので柔らかいところが目立ちます。

toractor

ロータリー(トラクターの土を耕す機械の名称)のカバーをあけた状態です。こうするとロータリーの爪で粉砕された土がそのまま後ろへ流れます。カバーをおろした状態でもいいのですが、おろした状態だと土が再び爪で粉砕され小さくなります。土が小さくなりすぎると田んぼに酸素が入らないのでこのようにします。ロータリーの両サイドの尾輪はあまり深く耕さないようにするためです。(本当は、ロータリーのカバーが深耕センサーというのがあってトラクター本体が前後に傾いてもロータリーは一定の深さに保ってくれる優れものがあるのですが、土がどうしても小さな固まりになってしまうのでこの作業のときはいつもこうしています。)

gorogoro

言葉で説明するのもなかなか難しいのですがこのような写真のようにごろごろとした土のかたまりが一番ベストな状態ですが、田んぼの柔らかいところは........粘土をこねているような状態です。(やむを得ません)
どうにかこうにか作業も済みました。今年の作業は多分これで終わりかな。多分。

コメント

田んぼで野球してよく怒られたっけ

いろんなキカイがあるんですねぇ~。
それを保存するだけでも、ものすごいスペースが要りますね。^^;

ふっふっふ…

ウィスキーボンボンで

祝杯中!!

深いわ!稲作。
たかちゃんの長年の経験値を感じます。

このゴロゴロした土の上で幼い頃よく遊んだものよ...作業お疲れさま。

このアングル、またぱくられますよ(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL