FC2ブログ

稲作日記NO151(うーん?)

2016-09-211.jpg

本日、農業試験場で研修会がありました。私の地域は早稲でコシヒカリ、晩稲でヒノヒカリという品種が大多数をしめています。
ヒノヒカリはコシヒカリの親戚ということもあり、味も甘みがあり、みんなが好む味です。ただヒノヒカリは耐暑性に弱くすぐにお米が白くなる障害がでて品質低下をもたらしました。

ここ数年の気温上昇で、品質低下が多かったので、耐暑性に優れた品種を開発、来期より作付け開始となりました。

ヒノヒカリの後継ですが・・・・・・・

250003524.jpg

「安全地帯」ではなくて、

「恋の予感」です。

系統からして、「にこまる」にも近いとか。 「にこまる」が耐暑性に優れているので当たり前といえば当たり前ですが・・・・。

広報部は、皆さんに認知してもらおうと、いろいろな媒体をつかっています。

今日は、研修のなかに「試食」がありました。「ヒノヒカリ」と「恋の予感」の食べ比べです。

結果としては・・・・・う~ん。 私の味覚は食べ比べ試験にははずれましたが、「ある意味」当たりだったかもしれません。

食味がね。

他の農家の方も、ぼそっと・・・・・・。

しかも、価格がヒノヒカリと同等。

座学研修後、試験場にある圃場でも現地研修がありました。

2016-09-212.jpg
ヒノヒカリより短く、姿は「にこまる」そっくり。

今日の研修でわかったことは、「自分の舌を信じよう?」 かな(笑)

あ、それとヒノヒカリよりも少し生育が遅いとか。「にこまる」に近いです。

それにしてもお米だけでは収益がもてませんが、作らないといけませんから収益性の高いものを選ばざるを得ませんので

しばらくは「にこまる」が続くかもしれません。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL