FC2ブログ

稲作日記NO50(ココノエモチの播種作業)

今日土曜日はココノエモチ播種作業です。初めてのココノエモチはいろいろなことがあります。いろいろと悩みながらの作業です。
今回の記事は健忘録も兼ねているので長いです。

2016-04-091.jpg
幸いにも、嫁も子供二人もいるので、嫁と長男にしっかりと手伝ってもらいました。朝9時スタートで、それまでに播種機をセットして試験運転として苗箱を実際に走らせ、床土、覆土、種籾の3つを点検します。床土は厚めに、覆土は薄めに、ここまではOK。次に種籾と行きたかったのですが、まだしっかりと水分が残っており播種機から種籾がスムースに落ちそうにないので、急遽天日干し。
ここは失敗しました。大きな時間ロス。

つぎに苗箱はココノエモチ用として、先日買った200枚のうち180枚を使うことに。しかし苗箱一枚一枚に「検品チェックシール」が貼ってあってこれを剥がすのに一苦労、長男、嫁とも時間がかかり、ブーブー状態に。嫁の提案で「シールはがし」を利用することになり、近くの100均へ行けばまだ開店前。種籾の状態も芳しくないため、開店後に速攻購入。
「シールはがし」はまあまま使えました。(もちろん、無しよりは全然効率が上がったのですが) この時点でお昼。

2016-04-092.jpg
お昼休みの播種機。




種籾の水分も晴天のお陰でよく乾き、実際のテストをおこなうため、苗箱を通してみると、明らかに多い量の種籾が。苗箱一枚分の種籾を図ってみると、280g!!
hasyuki.jpg
歯車の設定は、145gの設定。これは、もち米自体がうるち米より一回り大きいから、より重量がかさんでいるようです。いろいろと歯車の組み合わせを行って、105g設定がベストとなりました。
2016-04-095.jpg
再計測で165gです。ココノエモチは種籾を多めに用意しているので、大丈夫です。

いやー、事前点検は重要ですね。これしていなかったら、種籾が足らないーと泣く羽目になるところでした。

調整も完了し、播種を開始。
2016-04-096.jpg
長男は空箱をセットする役目、私は床土、覆土をセットと、出来上がりの苗箱を軽トラの荷台へ積む係。ちなみに次男は作業をみる監督です。(笑) うちの播種機は大分古いので作業速度も遅く、180枚完了に2時間かかりました。

つづいて播種後の苗箱を並べる作業です。これまでは車庫の前で、無加湿での発芽作業をして、ある程度芽が揃ったところで、苗代へ並べてプール育苗・・・・の手順でしたが、今年から苗箱の数も300を超えるため最初から苗代へ並べなければなりません。

ここで、懸念する点が。うちにはビニールハウスがありません。プール育苗を始めた初年度は播種後すぐに苗代にならべ、シートで覆って発芽作業を行いましたが、均平が取れていなかったことが災いし、発芽作業期間に降った雨が苗箱の下に溜まってしまい、発芽障害が起きてしまいました。
今年はこの経験から、均平作業もしっかり行いましたが、発芽期間中の雨対策が悩みどころでした。いろいろと考えた末に、トンネルを作って雨除けをすることにしました。トンネルの被膜はこれ。
2016-04-097.jpg
育苗用シルバーポリトウ」、透過率80%、幅230cm 長さ25m。

2016-04-098.jpg
3列横置きで180枚並べると、プール育苗用シートギリギリ。その上にラブシートで覆い、カット。いつもロールに繋いだままでつかっていましたが、これ以上の長さで使うことはないので、カットし、四隅に「25m」とマジックで。
2016-04-099.jpg

つぎに、雨対策。「プール育苗シート」 と「ラブシート」は「ラブ」のほうが幅が短いです。

このままべたがけだと、「シルバーポリトウ」で覆ったときはみ出るため、折りたたみが必要ですが、雨が入らないようにおらなければなりません。嫁といろいろ試した結果、
2016-04-0910.jpg

「プール育苗シート」を「ラブシート」側に、重なるよう折り返し、
2016-04-0911.jpg
今度は重なった部分の中間地点を軸に逆に折り返し、
2016-04-0912.jpg
重しとなる、鉄パイプを等間隔においていく。
2016-04-0913.jpg
これが完成形
2016-04-0914.jpg

はい、夕方5時を過ぎまして、いよいよラストの作業、トンネル作りです。
2016-04-0915.jpg
用意したのは、ホームセンターでよく売っている、柔軟性のあるプラの支柱。3mで120円。
「シルバーポリトウ」は230cmなので、支柱の余白は70cm左右で35cmづつ。仮に支柱立てをおこなうと地中に35cmは入らないもので、杭で先に穴を開けようとしましたが35cmは無理でした。なので支柱をを30cmサンダーでカット、270cmへ変更。
そうなると、余白は40cmで、左右20cmづつ。
苗箱を横に並べると、60cm☓3=180cm、「ラブシート」と「プール育苗用シート」の折り返しが約5cmなので、190cmです。230cmの幅だと少しだけ弓状になり、ハウスができます。
2016-04-0917.jpg
支柱立て完了。「シルバーポリトウ」を張って、完了したのが、19時過ぎ。あたりは真っ暗で、スマホのカメラもアウト。

私も嫁も、千代の富士の言葉じゃないけど
「体力の限界」
が来たので、片付けは後回しで今日はおしまい。

晩ごはんは、栄養補給をかねて、こちら。
2016-04-0918.jpg
近所にある老舗の焼肉屋。美味しゅうございました。

明日は、地域総出で用水路の溝掃除と総会があります。また明日も忙しいです。


今日の疲れはこれで吹っ飛びました。家族みんなで大爆笑。(歌は次男のオリジナルです)

Tag : ココノエモチ 播種作業 育苗

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL