FC2ブログ

稲作日記NO43(ココノエモチの塩水選と浸水作業)

今年から、「にこまる」と「ココノエモチ」を植えるにあたり浸水作業の工程が従来より更に早くにスタートとなりました。本日はまだ3月末ですが「ココノエモチ」の浸水作業です。
また、今年からきっちりと塩水選で種を選び播種することにしました。これまで塩水選はしたことがなかったのである意味他の先輩方の見よう見まねの点がありますが・・・・

2016-03-291.jpg
種籾です。
2016-03-292.jpg
石本様 ありがとうございます。

2016-03-293.jpg
定番な卵での比重計測。60リットルの水に対して7キロ弱ぐらいの塩でこんな感じです。で早速試しに少しだけ種籾投入。

2016-03-294.jpg
浮いた籾をバケツにすくい上げるのですが、バケツの量が半端無く、残ったのがごくわずか。どうも比重が高すぎた様子。「うるち米」にくらべ「もち」は比重が軽い設定ですから。

2016-03-295.jpg
真水を追加して比重を下げて、先ほど救い上げたバケツの籾を再投入。今日は長男にも理科の勉強がてら手伝ってもらってます。

2016-03-296.jpg
綺麗にすくい上げて、予選を勝ち抜いた種籾。

2016-03-297.jpg
2,3回もすれば、長男の手つきも様になってきました。

2016-03-299.jpg
塩水選が終わったら種籾袋にいれて、真水で洗浄。塩水選の作業の間に温湯消毒のためお湯を沸かし中。目標の60度になったようです。

2016-03-2910.jpg
温湯消毒は、農薬の代わりに60度のお湯で10分間殺菌することです。特別栽培米の手順に則してます。

2016-03-298.jpg
10分間たったら、

2016-03-2911.jpg
冷たい真水にザブーンと使っていただき、疲れを癒やす・・・・ではなくて、熱くなった種籾を冷却するためです。時間が立ちすぎると発芽障害にもなるので、温度と時間はシビアです。

2016-03-2912.jpg
すべての袋がおわって、やっと水浸作業となります。午前中から始めたのですがすでに夕方4時。結構時間がかかりましたね。

これからは積算温度100度から120度で発芽まで、この状態です。

2016-03-2913.jpg
予選落ちの種籾を袋に入れたのですが、ざっと15kgぐらいあるでしょうか。

2016-03-2914.jpg
あと、塩水選の桶を買いに行ったときにあわせて小さめのシャベルを購入しまいた。これはトラクターに常設しておくもの。いろいろと必要なんです。固定方法はまた考えます。



Tag : 特別栽培米ココノエモチ塩水選

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL