FC2ブログ

稲作日記NO27(ディグダグ)

2016-03-071.jpg
先日の記事でも書きましたが、水はけが芳しくない畑の奥の部分ですが、1.5m間隔で穴をあけて耕盤破壊を行いました。当然機械は持っていないのでレンタルしたドリルで。

レンタルの際、「使い方おしえましょうか?」とおっしゃっていただいたのですが、エンジンのかけ方や穴掘り方法はわかっていたので丁重にお断り。ただし実際にやってみるといろいろと。

2016-03-072.jpg

真上から見たところ。左が抑えの取手、右の赤いスイッチはエンジンONOFF、その下に見えるのがアクセルレバー。ここを握ればエンジン回転が上がりドリルが回り出す、という代物。

ドリルが回り出すと、当然地中に潜っていきます。柔らかい土ならいいのですが、今回のターゲットは耕盤。つまり硬いんです。そうなるとドリルが耕盤に当たって、刃が引っかかります。クラッチ機能はないのでダイレクトに取手に、それが引っかかった反動がドリル全体が回転して左太ももに、

スパイラルキック!!

まあ、痛いのなんの。今回ドリル刃を12cmにしたのですが、これより大きくしたら、痛いどころじゃないかも。しかも引っかかったドリルを引っ張りだすのも力任せで上げると腰がいたい。もっとうまくやれる方法があると思い、5,6本穴をほっていったら、コツが掴めました。

まず、ドリル本体を腕全体で支えながら、少しづつ地中に入っていくようにしていくと、掘っている土がドリルの溝を伝って地上へ、ドリル刃には土がつかないので楽に掘れる様になりました。

畑のターゲットとする部分にはだいたいの穴を開けることができました。粘土層はだいたい壊したので大丈夫とは思いますが、これも時間をかけて畑を作っていくと思って見守ります。

今度はストックしている籾殻を散布してトラクターで耕す予定ですが、明日は先に田んぼのくれ返しですね。明後日が雨なのでチャンスは明日しかないので。



Tag : 土作り

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL