FC2ブログ

稲作日記NO4(堆肥の現状確認)

なす作付けの土作りのひとつである堆肥投入について、5t/10aの牛糞堆肥が必要で、いろいろ探していたところ、親戚をつたって牧場を紹介していただきました。先日も書きましたが、コンポキャストでの散布は、堆肥の状態がべっとり状態だと散布ができないため、散布計画の一つとして、堆肥の状況確認に伺いました。

伺ったのは 「山延牧場」。親戚の家から車で5分、私の家から20分程度です。

いろいろと調べると過去にテレビに紹介されたり、県から表彰されたり、素晴らしいところだということに後から気付きました。

伺うと、堆肥は屋根付きのところにあり、もみがらと攪拌されている状態。なのでふわふわな状態。家主から「どうやって散布するの?」と聞かれ、「トラクターの後ろにコンポキャストをつけて散布する予定です」と答えると、「一度軽トラで少量を持って帰ってやってみんさい、それでうまくいけば2t車でくればいいよ」との返答が。

いくら籾殻と攪拌していても、コンポキャストで確実に散布できるかどうかは不明なことを踏まえての良心的な答えだったので、個人的にはここなら大丈夫と思ってます。また家主はうちの近所の家の故人と同級生だということも判明。「世間は狭いのね」と思いながら、連絡先を伺い帰宅しました。

堆肥散布は「マニアスプレッダ」という機械があるのですが、小さくても200万越え。この辺は今後の規模拡大にあわせての検討課題でしょうか。

今回は写真はありません。あしからず。

コメント

堆肥散布

にんにくめばるです。またお邪魔します
軽トラで運ぶことも考えの一つに入れてはどうでしょうか?
軽トラなら畑の中に乗り込めます。
所々に降ろして、あとはスコップで撒きます
それとナス300本なら畝ピッチ2m苗間隔80cm位なら植える面積6畝ぐらいです
一度簡単な図面を書いて散布する面積を決めたらいいと思います
1度私のブログものぞいてください
少しは参考になるかもです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL