FC2ブログ

稲作日記NO250(お米の供出)

今日は、お米の供出日でした。毎年検査の前日に、供出米を取りにくるのですが、専業農家になったので私自身で低温倉庫へ軽トラで持って行きました。屑米をいれて100袋なので、5往復。来年からもっと増えるのでどうしましょうかね。

IMG_0016.jpg

8:30からのスタートで最初にJA側より「今年は9月の天候不順で、「不作」です。」と。どの農家もそうなのねえ、と思いながら、検査スタート。

検査を確認しながら、一緒に供出をしていた近所の請負農家のおじさんが「今年で更新の田んぼがあるけど、やるか?」と思いがけない話が・・・・ 答えは即答で「やります」と。実は該当の田んぼ(2枚)ですが、ウチの隣の家の田んぼで目と鼻の先。場所が近いのがやっぱりいいです。遠いと機械を運ぶトラックなど必要ですからね。

IMG_0015.jpg

この写真にあるのは、JAとの契約米扱いとなる「夢の華」という品種。こちらも「にこまる」と同様、特別栽培米扱いできる品種。私自身「特別栽培米」そのものは続けていくつもりです。やっぱりお客さんがお米を買うときの
安心、安全
はだいじですからね。(こういう時代だからこそです)

今日は検査日カレンダーでいうと、本来は最終日なのですが、今年のこの天気で不作なので、月末までの各木曜日に検査日を設けますと。配慮してくれているのね。

我が広島県の傾向は早稲はよくできて、中稲はまあまま、晩稲は不作だと。やっぱり9月の天候がもろに影響しているとのこと。

検査は終わり、昼からは保育園の畑の管理です。

Tag : 特別栽培米 にこまる

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL