FC2ブログ

稲作日記NO248(納屋にあった道具の活用)

先日フルーツパプリカ、こどもピーマンの撤去を行った箇所ですが、昨日の雨で良い湿り気をもらいました。
有機肥料散布と共に、改めて耕しました。
IMG_0008.jpg

作業はものの15分で完了、今日は休日ということで次男が手伝ってくれました。といっても一緒にトラクターに乗っただけですが、自分でハンドルを握っていると自分で運転してる気分があるので、満足顔\(^o^)/です。
IMG_0009.jpg

ね。この笑顔ですから。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー2015 750ml

新品価格
¥2,170から
(2015/11/3 22:04時点)


これだけの小さな面積なので、有機肥料散布は手作業です。家にあった有機肥料20kg、3袋を手で撒いていたのですがたかが3袋でもなんか、たいぎい感じ。(「たいぎい」とは広島の方言で「めんどくさい」という意)

どうしようか考えていたら、納屋に確か人力の散布道具があったことを思い出し、探してみたらありました。
IMG_0010.jpg
やまと農磁株式会社のグリーンサンパーという商品。亡くなった祖父が使っていたもの。確か使い勝手が悪いのか1年で使わなくなってしまったものです。祖父が亡くなったのは私が大学2年のときだから、かれこれ20年は経つのですが破損箇所は一部袋の部分が破けていますがダーダー漏れるようなこともなく実作業には全く問題ありませんでした。

20kg一袋分の肥料をいれて散布しますから、いつもの動力散布機と変わりませんが、コレ自体が重さがあってないようなかるさなので楽チンです。

IMG_0012.jpg
この亀の手みたいな先から肥料がでます。(正確にいえば、重力でこぼれます(笑)) これを右左右左・・・とてで振って散布するわけです。簡単な構造ですが、痒い所に手が届く商品です。

IMG_0011.jpg
この商品の凄いのはパイプをもつ取手に、肥料の袋を開封するためのカッターナイフが収納できること。ほんと考えてあります。

農家の納屋は両極端で使う道具があれば、使わない道具も多く、処分してしまいますが、この道具は私には必要!!です。

良い道具は長く大切につかいましょうね。

Tag : 土作り

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL