FC2ブログ

稲作日記NO211(トマトの撤去と播種作業)

自家消費用として栽培している畑が家の隣にあります。いつも祖母がしていたのですが高齢のため、今秋より私にバトンタッチ。私がいましている耕作放棄地からの畑とはえらい違い。土がふかふか。これならなんでも育ちます。

今年楽しませてくれた、トマト、プチトマトはおしまいのため、蔓や株、支柱を撤去。管理機で整地し穴あきマルチを張ってさあどうしようか、と考えましたが播種したのはこちら。
20150918192738153.jpg
極早生花菜」(ドラえもん風にお願いします(笑)) 
穴の数200ぐらいですが、畝間が必要なので、一列起き(写真でいうと、横に1、3、5列を播種)にしています。



20150918192748955.jpg
写真左が「ししとう」ですが、この畝にも一部「ししとう」があったのですが、思い切って株ごと撤去(7株)。撤去しても左上のエリアに50株くらいありますので、さほど影響はありません。で、先ほどと同様、整地→穴あきマルチを張ってここには
サラダほうれん草」(はい、ここもドラえもん風で・・・)
サラダほうれん草は、株間は25cm四方でいいみたいなので、このマルチの穴「フルセット」で播種。だいたい一穴2、3粒の種を播種。

20150918192722056.jpg
こちらはししとうの隣。ビニールシートが掛かっていたので、化成肥料を散布後、整地。二畝つくりましたが一畝だけに
スティックセニョール」(はい、ここも・・・)
アスパラの若い芽・・のような野菜で調理方法もアスパラとほぼ同じ扱い(例として、ベーコン巻きがありましたが・・)で食べられるようです。こちらは試験的にマルチなしで。写真のスジはこちらで
20150918192706480.jpg
田植えの際に枕路を整地するトンボ。こやつでスジをつけました。

さあ、どんな姿をみせてくれるのでしょうか。楽しみです。

Tag : 極早生花菜 サラダほうれん草 スティックセニョール

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL