FC2ブログ

稲作日記NO161(フルーツパプリカは失敗?)

今期から始めた、畑作。耕作放棄地を借りたところからはじまり、田んぼから畑にする作業をおこない、定植、そして今に至ります。ほんま、たった一人でよくやっているとおもいます。 

定植した、フルーツパプリカ、こどもピーマンも東広島が進めている品種だが、フルーツパプリカはハウス栽培を提唱しています。理由は簡単、通常のピーマンとは異なり、登熟(色がつく)まで40日から50日かかるため、その間にいろいろな天敵から守る点からも、ハウスを進めています。

つまり露地栽培は難しいということです。

その露地栽培を私は行っているのですが、やっぱり失敗?をしたようです。 フルーツパプリカはこぶし大のベル型とよばれる実がつきます。
20150721090943424.jpg
通常のピーマンよりも肉厚なので重量も重いです。

定植をした時、脇芽を摘んで主枝を育てることは理解していたので主枝が2つに分岐し太くなるように育てていたのですが実際に果実がつき始めたころから、防虫に重点的におこなうため、除草と防虫ネットで囲いました。
20150629072841846.jpg

フルーツパプリカは、主枝が最初に2枝にわかれる1節、その次に分かれる2節、3節とつづき、その節に果実がつきます。ピーマン、パプリカ系はこのような育ち方のようです。(節ごとに果実がつく点はこの度はじめて知りました)

果実がつくとどうしてもそれを大きくしたい、フルーツパプリカでいうなら、登熟させて色をつけたい、と思うのですが一番果(つまり第1節につく果実)は、そこに養分を送ろうとするため、全体の成長を止めてしまいます。なので摘果作業をして主枝を育てることに注力します。

ここで、失敗したようです。摘果作業はもっと早めにおこなうべきだったようで、私のフルーツパプリカは背丈が低く横に広がりつつあります。果実がそこそこついていますが摘果が遅れたため主枝が今一歩太くなく全体を支える力がないかもしれません。この点が失敗かもしれません。

ここまで偉そうにつらつら述べましたが、参考にしている本から学んだことです。

最初ざっと読んでも、なんのこっちゃわからないことばかりでしたが、実際に育てはじめてだんだんと点と点が線になっていくように理解ができ始めました。

今年は試験栽培として始めたので失敗ありきですが、なんとか挽回してほしいなあ。

がんばれ、フルーツパプリカ!! *\(^o^)/*

Tag : フルーツパプリカ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

ゆめまる・東広島ブランド
???????
広島ブランドロゴ
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
きーわーど

特別栽培米 にこまる 土作り なす フルーツパプリカ こどもピーマン ココノエモチ 育苗 草刈り バケツ稲作 農業機械 春菊 かぶ とうもろこし 安納芋 ホワイトスター ピーマン 稲刈り 古代米 丹波産黒大豆 かぼちゃ レタス にんじん 田植え ブロッコリー インゲン 白ネギ 疎植試験 中干し プール育苗 籾すり サラダほうれん草 アスパラ菜 籾殻処理 落花生 畦塗り 支柱立て ちぐさ 定植 農薬散布 マルチ張り 肥料散布 誘引 えだまめ 畝立て 四角いトマト 長ネギ 防除作業 丹波黒大豆 籾摺り 枝豆 はくさい 極早生花菜 人参 追肥 まいたろう ヒノヒカリ 恋みどり つるなしインゲン 苗作り 竹パウダー 播種作業 スティックセニョール 資材 きゅうり ラディッシュ マルチ作業 圃場整備 かたずけ サブソイラ 大かぶ ミニトマト ダイコン 排水 代掻き 管理機メンテナンス 籾がらまき 掃除 くさむね 除草剤散布 除草作業 しろねぎ コンバイン 四角いトマトの観察 販路拡大 いねかり 水浸作業 さつまいも 穂肥散布 白ねぎ 恋の予感 支柱建て ひえ 籾殻コンテナ ラジオ いんげん 食味検査 つるなしいんげん ゆめまる スパイダー ホワイトスターのは種 地産地消 水やり 一発除草剤 規模拡大 トラクター とまと ソルゴー への字 ほうれん草 研修 春菊、水菜、丹波産黒大豆 でかピーマン 収穫 ししとう セロリ 乾燥機 水菜 認定農業者 誘引作業 塩水選 浸水作業 もち米 ナス もち 堆肥散布 支柱補強 安穏芋 ハダニ スパイダー850A 水タンク 活力剤 道具 ラディッシュ、なす 催芽作業 出荷 ごんべい 筑陽 もみがら 白菜 ラジコンヘリ うどん粉病 だいこん 講習会 冬期作物 籾殻散布 トマト 基肥散布