FC2ブログ

粉砕

2020-03-16.jpg
ナス圃場の片付けの写真ですが、いつも枯らしたナスの枝を山にして燃やしてました。ただうちにはユンボもなく押しつぶしてバーっと燃やしたいのですが、細かく手で折りながら少しづつ燃やしてましたが今年は、写真のモアで粉砕。しかもバーっと。モア自体がとても重いので押さえつければ潰せるし、楽になりました。20分程度できれいに粉砕。土に還元です。
TOSCA-1.png
うちのはIBERO japanのフレイルモアーTOSCA165です。国内メーカーもありますが、これにしたのは
値段が安いので。基本性能は一緒なので、重宝してます。

土壌改良資材の圃場配布

昨年に比べ遅れてますが、土壌改良資材の各圃場への配布作業を行いました。
各圃場へは、反当
鶏糞(粉末 15kg) 10袋
有機牡蠣殻石灰(粉末 20kg) 2袋
を今年の栽培面積に配布しました。今年は3月10日時点で、5町7反なので、畑への散布分も含め
鶏糞は600袋 石灰は100袋。ホームセンターで一括注文したので、50袋単位のパレットが14パレット。リース会社から2トントラックを借りて子どもたちと一緒に朝8時から配布。

2020-03-121.jpg
戦力の長男右と応援隊の次男左(笑)

やっぱり、長男はパワーヒッターなので、今年の配布は楽でした。去年は一人だったのでヒーヒー言いながらだったので。

2020-03-12.jpg
こんな感じで頑張って、朝8時から夕方6時までトラブルなく安全に、作業完了。

先日の大雨で圃場はまだ柔らかいので、散布はもう少し先になりそう。うーん。予定が詰まってきたかなあ。(笑)


新しき試み

コロナウイルス拡大防止にともなう、学校休校が始まり子どもたちは長い休みとなりました。私は基本自宅での仕事なので、子どもたちを見ることができますが、食事の手間が一つ増えました。まあ、料理は嫌いではないので、楽しんで作ってます。以外に材料の値段が高いのでこの材料でどれだけ持つか、考えながらあるものでなんとかしています。まあお米はたくさんあるので、食べることだけは困りませんが・・・。

SNSを見ると、各家庭で子どもたちの過ごし方を載せてますが、親子が過ごせる時間が増えるのは、新しい発見もあり、いい機会とは思いますが、そうは問屋が卸さない過程もあると思います。できる範囲で無理ない程度にこの難曲を乗り切りたいものです。子どもをみる親御さんが倒れては本末転倒ですから、あくまで無理なくです。

さてうちの子供達ですが、私の仕事のお手伝いです。
2020-03-03.jpg
この畑は冬野菜として、おおかぶを植えていた畑ですが、春野菜としてじゃがいもと人参を植えることにしました。じゃがいもはキタアカリ種芋10kg分。と残りに人参Drカロテンです。 

 

先日草木灰をつけた種芋を畝4列にならべて、土をかぶせます。この作業はトンボをつかって長男にしてもらいました。次男はまだ力がないので、鍬の使い方の勉強で写真左にある電信柱の草を取る練習中。案外とできないもんです。
私は畝立て作業と子どもたちに作業のきっかけを教えるだけで、楽させてもらいました。 長男にはごんべえにて作業を。

ごんべえは播種+0000土かけ+鎮圧を同時にしてくれるので便利な機械です。しかもベルトを変えることでいろいろな野菜を播種できます。ただしきれいに播種するためには土作りが大変重要。おおかぶをはじめて作付けしたときは、わからないままでのスタートだったので土作りがゴロゴロ土でゴロゴロの間をタネが落ちる感じ。今から見れは笑い話です。


さて、じゃがいも、人参とも植えてみるのは私自身初めて。新しき試みは続きます。

2020-03-031.jpg
これ、次男が花の蜜をなめている写真。この花わかりますか?


正解はホトケノザです。