FC2ブログ

不安な予感

昨日のラジオカーの取材の後に、一気に稲刈り。
2019-10-30.jpg
手前は苗代の圃場で、水が逃げにくい圃場にしてあります。その奥が体験圃場の場。刈り取りは2時間で終了。広さは2反4畝なので、4条刈りコンバインで刈るので効率は良いかな。

この圃場で特別栽培米「にこまる」は終了です。もう10月末ですが刈り遅れはありませんでした。

このあと6月上旬に田植えをした「恋の予感」が1町歩残ってます。なので、2つある乾燥機を空にすべく今日は一日籾摺りに明け暮れてました。2つの乾燥機の合計が54石あるので、最低でも5反は枯れる計算なので、あと2回刈り取り作業をすれば、長かった今年の稲刈りも終わります。

先日気象庁から3ヶ月予報が発表されていましたが、「平年より気温は高め、降水量は平年並み」との予報です。(ざっとで言えば) 日本は春夏秋冬があるので、自然の変化がありそれに合わせて文化も発展してきたと思ってます。しかしながら、昨今の気候変動はそれらを確実に壊しています。

農業においても、今まで作れていた作物がだんだんと良いものが作れなくなったりしています。

私が作っている作物は水稲(ココノエモチ(9月上旬収穫開始)、あきさかり(9月中旬収穫開始)、にこまる(10月中旬収穫開始)、恋の予感(10月下旬収穫開始))、野菜(ピーマン、ナス(7月、8月、9月収穫)、かぶ(11月、12月、1月、2月収穫)、白ネギ(12月、1月、2月、3月収穫))とありますが、水稲の早稲であるココノエモチ、あきさかりは品質が低下しています。原因ですがふぁーむたかちゃんちでは水不足(必要な時期の水が少ない)のためです。それぞれ出荷したものは検査では1等ですが、選別で弾かれたくず米も多かったです。これら2品種は慣行栽培のため、一発肥料といって田植え前に散布しておけば、時間差で成分が溶け出して収穫までの追肥がいらないというこの異常な夏の気温を考えれば大変ありがたい肥料ですが、水がないとそれも溶け出さないので、肥料が効かずくず米も多かったと思ってます。くず米を少しでも減らすために、来季は土作りの資材を少し変えてみようと思ってます。

また、冬の野菜(かぶ、白ネギ)は本当に冬の料理に欠かせない材料ですが、寒くないとそこまで消費が上がりません。消費が上がらないということは、値段が下がるということで・・・
野菜を育てるところでも、気温が高すぎると成長が早くなり、出荷予定前倒しとかもあるので、野菜の旬も崩れてしまいます。

異常気象を作ったのは我々人間であるので自業自得といえばそれまでです。

今年も大型台風、短時間で多量の大雨などで多くの災害が起こりました。来年も残念ですが同様のことが起こるでしょう。そのなかで農産物を作るのは、ただただ不安でしかありません。

地球上の転換期はもう過ぎてしまって、もとに戻れなくなってしまうのでしょうか。



TVで放送されたコウネはこちら【クーポン発行中】コウネ コーネ 500g 広島 名物 牛 焼肉 バーベキュー グルメ ソウルフード 激ウマ! お歳暮 冷凍

価格:3,980円
(2019/10/31 22:39時点)
感想(3件)

コンバイン乗車体験

稲刈りをするにあたり、コンバインという農業機械を使ってお米の収穫をしますが、非農家の方は当然ながら、乗ったことはありません。

前回のラジオカーの取材の際、今度は稲刈り体験かな、と誘ったことから今日の乗車体験になりました。

写真はラジオカーのツイッターより。

殿垣内さんと宮本さんが訪問。宮本さんは初めて来られましたね。 乗車体験は殿垣内さん。ラジオカーのメンバーではベテランさんですし、うちにも何度かこられているので、簡単な打ち合わせで、本番開始。 「おっひるー」の呼びかけに、しーちゃん、博士ともに喜んでくれたようです。

naushika.jpg

e05b869d.jpg

はい、そっくり(笑)

本番5分だと実際の乗車体験は1分(距離1m)でした。もっと乗ってほしかったですが・・・。

またRCCラジオカーのみなさん。また来てください。


ぜひここからコウネを買ってみんなで食べよう。

TVで放送されたコウネはこちら【クーポン発行中】コウネ コーネ 500g 広島 名物 牛 焼肉 バーベキュー グルメ ソウルフード 激ウマ! お歳暮 冷凍

価格:3,980円
(2019/10/31 18:08時点)
感想(3件)

冬の野菜の今

もう少しで長かった稲刈りのゴールが見えてきそうです。
その間で、白ネギ「ホワイトスター」、おおかぶ「白盃」も順調に育っています。
2019-10-29.jpg
先日、化成肥料を追肥して土揚げをしました。除草はうまくいっているかな。

2019-10-28.jpg
心配した、9月末播種(本来の播種時期からは2週間以上遅い)おおかぶですが、ここまで大きくなりました。一安心です。

それにしても、野菜は・・・・というより、作物は土が大事だということです。土が良ければ作物は自らの力でしっかりと育ってくれます。

まあ、人間も周りの環境がよければ、良き人が育つので、一緒ですが・・・・。

ちなみに、おおかぶはぼちぼち、様子をみながら出荷していきます。

知り合いがコウネの販売をしています。先日テレビでも紹介されました。美味しいお肉「コウネ」。よろしくおねがいします。

TVで放送されたコウネはこちら【クーポン発行中】コウネ コーネ 500g 広島 名物 牛 焼肉 バーベキュー グルメ ソウルフード 激ウマ! お歳暮 冷凍

価格:3,980円
(2019/10/30 07:52時点)
感想(3件)

フードフェスティバルに出陣。

2019-10-27.jpg広島の秋のお祭りの一つである「フードフェスティバル」に初めて参加しました。
フードフェスティバルはRCC主催の広島城の周辺で県内の色んな食材をみて、食べることができる年に一度のお祭です。

今回は東広島市のブースで「おいしさ研究ネットワーク」の一員としてブースに立つことに。はじめてなので本当に手探り状態での参加。朝7時現地入りで準備をして10時開催。
ふぁーむたかちゃんちでは、特別栽培米 にこまる 2kg ココノエモチ1kg 野菜としてかぶを出品。ウチ以外では、さきしまの調味料、勝梅園の国産(東広島産)バナナ、創喜房のお菓子、JA広島中央の原産 西条柿がブースに並びました。

出店の時間は10:00から17:00まで、どれぐらいの量を持っていけばよいかもわからずに控えめな量で出品。出店イベントとして、いろいろな改善点がありました。どうやって商品を見せるのかもありますし、まずはブースに来てもらわないとは始まらないので、勝梅園の「皮までたべられるバナナ」をフレーズに、呼び込みを。

店舗位置はちょっと込み入ったとこなので、人の流れはなかなか難しいですが、隣がゴミステーションなので、そのそばで呼び込みしたら、やっぱり「皮までたべられるバナナ」はみんなが気に留める止める。100人振り向いて10人くれば上等な感じで呼び込みをしたら、「皮までたべられるバナナ」は完売。西条柿も完売。

で、ウチは野菜のかぶが完売。お米は4割、モチは6割販売でした。まあお米を持って帰るのは重たいので手間だったとは思うので、初回としてはまあまあの出来かと。次回は野菜をもう一つ、しっかりと準備できるものを用意しようかと思います。

私自身は対面に店舗をだされてた、トマトカレーをお昼にいただきました。トマトの甘みと酸味、火を入れたときの独特のとろみが美味しかったです。他のブースで肉を食べ、お酒を飲み、揚げ物を食べれば、このトマトカレーはお口の中をリフレッシュしてくれるとても美味しいカレーでした。

ちなみのこのトマト生産者はめぐみ農園の狩又さん。若いのに立派なトマトをつくってます。みなさんもぜひ食べてみてください。

最新機能

今年度から導入した乾燥機 山本製作所のHD-30VAR。山本製作所の乾燥機は地元サタケのOEMでもあり信頼度は抜群。長年使っているサタケのGDR-24AZ2はそれなりの長老で生産終了のため、メイン部品が壊れると、チーン。となり、年々ビビりながらつかっています。

山本のHD-30VARはAI搭載でいろいろと学習機能があるようです。(実際はまだ使いこなせてはいません)その他の機能で目を引くのが、撹拌機能。

コンバインで稲を刈って乾燥機に移しますが、同じ圃場でも午前と午後で刈り取り時間がことなると、もみ水分が異なりますし、圃場を次から次に刈り取る場合、当然圃場ごとに水分量も異なります。

そのため同じ乾燥機で水分量が異なると、水分量の多い籾から水分量の少ない籾に水分が移動することもあり、なかなか均一に水分を整えるのは至難の業。

今回の乾燥機は同じ乾燥機内で均一に水分が取れるように、撹拌機能がついています。

IMG_2747.jpg

画面はこんなです。

IMG_2748.jpg

乾燥機の張り込み確認窓も、張り込みだけだと遠心力で、この写真でいうと右肩上がりに籾が重なるのが撹拌をしているので、水平になってます。(写真の真ん中の窓)

サタケのがチーンになったなら(もう少し頑張って欲しいが)山本の同一にします。(たぶん)

乾燥時間は早いし、昇降ベルトのバケットが大きいので張り込みも早いし、(グレンコンテナいっぱいが5分程度)やっぱり進化はすごいです。

2台体制で稲刈りを行ってますが、今日はあと2.6反の刈り取り圃場を残すだけとなりました。30石の乾燥機なのでギリギリかちょいオーバーの状態だったので、割り切りで今日はやめにしました。

微妙に残って、最低石数より少ないと、効率が下がってしまいますから・・・(分かる人はわかるでしょう)

残念ながら2日雨と土日はフードフェスティバルに出るので、稲刈りは来週頭から再開。

いろんなことに顔を突っ込んでいるので、隙間を見てがんばります。


時は流れて3から4に。

いつも使っているFacebook。機能のなかに「思い出」というのがあって、何年前の今日の出来事をお知らせしてくれるもの。みなさんも通知があると思います。

7年前の通知が来まして、何をしていたかというと「稲刈り」であり、まあ我が家あるあるネタではあります。その写真がこちら。
2019-10-21.jpg
我が家で一番大きな3反圃場の稲刈り後の記念撮影。軽量3条コンバインVS321で1町歩の面積を兼業でやってましたね。この年も台風に倒され四苦八苦してました。
20131012_112858.jpg
しかもウンカ付き(笑)歴史は繰り返される?。つまらないように色んな方向から、作業効率を考えて刈ってました。

でこちらが現在。
2019-10-20.jpg
コンバインも面積も大きくなり、少々のぬかるみではひるまずに雨がふらなければ刈り進んで。

さて、タイトルの「3から4」にの意味はおわかりでしょう。3条刈りから4条刈りにという意味。

何年か後には「屋根なしからエアコンラジオ付きへ」になるかな。(笑)


今日のにこまる

2019-10-19.jpg
今日は朝から雨。先日刈り取りしている乾燥機内のにこまるは、仕上げ水分乾燥中。あきさかりと比べて明らかに、ふっくらとしていて、くず米も最小。(60袋/30kgで1袋/30kg)色彩選別機で弾かれるお米も20kg程度でしょうか

この写真の圃場は、今年一番いい圃場です。

要因は水ですね。やっぱり。

西日本豪雨にて用水路が壊れ、思うような水あてができませんが、ここの圃場はいい塩梅で水持ちが大変いい。お米は水稲というだけあって、水がないとしんどいです。

あと特別栽培米なので、化学肥料がないので、自然に近い環境がこの姿を作っているのかもしれません。minapapaさんも同じようなことを言ってますね。

さあ、この圃場をナウシカのように
naushika.jpeg
コンバインを走らせることができるでしょうか。 


お見舞いもうしあげます。

関東を中心に台風19号の影響で甚大なる被害がでています。
亡くなられた方にご冥福をお祈りいたします。また被災され余儀なく避難生活を送られている方、自宅が被災し片付けをされている方、心よりお見舞いもうしあげます。

台風のイメージというより、昨年の西日本豪雨災害と同様の水害です。

EGuClZpUcAEMsc-.jpg
北陸新幹線の被害のこの絵は新幹線大好きな私としても心痛いです。

今は被害の全容がわからないので、まだ報道すらされていない被災もあるんじゃないかと思います。その被災者が早く笑顔になるように、私ができることをして行きたいと思います。


にこまるはルンルン?

今年も特別栽培米「にこまる」をつくっています。
特別栽培米は慣行栽培(従来の化成肥料と農薬をつかっての栽培)とは違い、ゆっくりと育ちます。また病気にもなりやすいです。今年は堆肥として鶏糞を反当150kg、カキ殻石灰を20kg散布してます。それが良かったのか、にこまるはどの圃場も順調です。
2019-10-091.png
こちらは中間管理機構を通して借りている新圃場。20年近く作付け無しだったのですが、よくできてます。ひえがあるのは均平作業のミスです。あと水がどこから漏れるとかわからなかったので初期除草剤が効きませんでした。
2019-10-092.jpg
穂は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」とはよく言ったもので、不稔はあまりありません。なのできれいな穂です。枝が若干緑なので刈り取りまではもう少しですが、収量は楽しみであります。

今年も美味しいお米を提供できると思います。

どうぞよろしくです。