FC2ブログ

隙間をぬって

でっかい倉庫もないのに、荷物がたくさん。
苗箱が600枚近くあるのですが、まだ掃除ができてません。(悲し)
2018-10-183.jpg 2018-10-181.jpg
今置いてあるところを開けないと、米袋が置けません。

いま、ちょうど、あきさかりがおわり、にこまるの刈り取りを待つ間のこの時期に苗箱清掃をしました。手作業はむりなので、リース会社で苗箱洗浄機の高速のものを借りました。
2018-10-182.jpg 
時間あたり、200枚の洗浄能力。三相200V電源仕様でしたが、配線が正逆転だったので、プラスとマイナスを入れ替えて使用。
半日で作業終了。一人作業のため、楽させてもらいました。しんどかったのは苗箱枚数よりも返却時に軽トラにこの機械を乗せる時がしんどかった。(笑)

まもなく、にこまるの刈り取りです。

あきさかり最後の籾摺り

やっとあきさかり最後の籾摺りを本日行いました。


説明を字幕、軽く音楽も。

うちの籾摺りラインです。籾摺りの前に籾祖選機「モミクリーナ」があると最強なのですが・・・
pc3500_main.jpg

まあ、贅沢は禁止です。

なんだかんだで、あきさかりの籾摺りは終了。

かぶ、かぶしてます。

IMG_1589.jpg
株間の除草を終えて、追肥をして、三角鍬で土寄せらしいことをして、何となくは形になったかな、というかぶ圃場。これ一人でするのでボチボチでしかできませーん。

シダーテープによる播種のため、一株あたり2,3粒の種が播種されるので、間引きが必要です。
IMG_1591.jpg 
隣り合うかぶは、肥大するところ(写真でいう、白い丸いところ)がくっつくと、変形したり最悪くさったりするので、注意ですね。昨年はごんべい801で播種したので、基本が1粒播種だったので、間引きなしでしたが、上手くいかないと株がとびとびになる欠点が。シダーテープによる播種の場合は確実に播種できるので、ほぼほぼ発芽可能なのできれいにできてます。

先日の台風24号の強風で、ひっぱられたので斜めになっているのがわかるでしょう。

でも根がとても長く、かぶとしては最高なのでこんな形が理想形です。

意外な結果

2018-10-032.jpg
先日供出した「あきさかり」第1乾燥部門。

検査の結果はなんと「1等」。自分としては意外でした。

今年は早稲品種は酷暑と水害の影響か、1等はほとんどないと聞いていたので。

水分も14.6%で検査を通過しているので、バランスよく通過したようです。


なんとか除草完了

2018-10-03.jpg
昨日今日と朝から晩まで除草を行い、本日追肥と防除もすませなんとか完了。
畝の法面もすべきですが、この辺りはくわなんかで削ることにしました。(そんな作業ができるかどうかわかりませんが・・・)

除草

冬のおおかぶを作るようになって3年目。なんとなくわかってきたような気がするのですが、まだまだ勉強足らず。うまくはいきません。

は種後、雨が降って、雨上がりに除草剤「トレファノサイド」を散布予定だったのですが、雨の2日間が気温が高く、発芽にはもってこいの条件となり、雨上がり後は一部発芽が・・・

「トレファノサイド」はは種直後で、発芽までの間が噴霧期間なのでアウト。

かぶは除草剤が限られているので、(というよりほとんどない)これから先の除草は手作業確定。

「ココノエモチ」と「あきさかり」の稲刈りがおわったので、短期集中で除草開始。

2018-10-01.jpg 
とはいえ、3筋の間をとるのに、1畝往復2時間の作業。農業以外にもいろいろあって合間合間に
えっちらおっちら。追肥や防除も必要なので急ぎたいけど、腕も痛い。

何日かかるかな。