FC2ブログ

籾摺り

今年初めて作付けした「あきさかり」
本日、1番乾燥の籾摺り作業をしました。
出穂前後の農薬散布(殺虫)はしないので、カメムシの被害はあると思いますが、そこはそこ。

機械でビシバシと弾いていただきました。

感触としては、この夏の酷暑と水害の影響で欲しいときに水がなかったので、あまり期待をしておりません。正直なところ。減収覚悟です。

2018-09-24.jpg 
籾摺りがおわったら、籾殻を圃場に散布。次男といっしょにプチドライブ?です。

来年度

[名称未設定]
一部の店舗の状況ですが、今日も定期的に購入していただけるお客様のおかげで、今日搬入した商品は今日売り切れるいい状況です。フルーツパプリカも出していますが、なんせ小さいんです。
色付きのパプリカは見栄えもいいし、美味しいし。

来年は、パプリカの別の品種も導入してみようかと思います。
韓国産には負けてられません。広島産のパプリカで売れていけば良いかなと。やっぱり国内産、しかも地元の新鮮な野菜なら尚更ですからね。

またまた、来期も新しい野菜が増えそうです。

大根の播種

2018-09-19.jpg
ラジオで平成最後の夏は気候災害の年となりましたと、言ってました。また秋が短く冬がすぐ来るとか?だんだんと両極端な天候が毎年のようにやってくるかと思うと、農業って大変な業種だと改めて思う今日この頃。

冬の作物は、今のところ、年末までのターゲットとしている「おおかぶ」、そのあとの白ネギ「ホワイトスター」を用意してますが、今年はそれプラス大根と白菜をやることにしてます。自分のキャパ限界になるかどうかと、どのように育つのか、どのようなことが必要なのか、いろいろと見極めたいと思ってます。

で、JAからごんべいをお借りしてダーッと播種しました。新調されたおニューのごんべいはすべてがスムース。当たり前ですが、ごんべいのご機嫌が悪いとイライラしてしまいます。皆さんもそうですか?

ちなみにみなさん、大根役者って、どうとらえてますか? 私は「芸が上手くない役者」のような意味でとらえていたのですが、実際は「芸の拙い役者や俳優を見下す言葉」だそうです。改めて再認識した一日でした。

放送されました。

災害前に収録された、RCC中国放送の「つなぐ大地の絆」が今日放送となりました。 2か月前の収録だったので、自分の言っていることがちょっとハズガシーですが・・・。

この放送後、何年かぶりに「放送をみたー」と知人から連絡が。

さすが、テレビの影響は大きいです。

撮影に来ていただき、立派に編集いただいたRCCフロンティアの皆さん、ありがとうございました。

久しぶりの投稿です。

本日は9月4日

7月の甚大なる災害から間もなく2か月です。

まわりもだんだんとふつうの生活ができるように、動き始めようとしてます。

8月末に、モチ米の稲刈りを済ませ、9月2日にはかぶの播種も終わりました。

2018-09-01.jpg 
圃場は8月から、何度も耕運をしたので、本当に砂状になり、8月末の夕立になったあとの適度な水分状態でマルチャーでうねたて。
2018-09-021.jpg 
9月2日に、播種作業。今年はシーダーを使った播種。播種機は「ごんべい」ではなく「ひばり」。深さ1.5㎝でシーダーが埋まるようにセット。気合をいれて細かくした土のおかげで、トラブルなくお手本のように作業完了。「ごんべい」では、本当に播種できたのか不安ですが、シーダーは紐に種が等間隔に埋め込まれているので、紐が確実にうまっていれば播種は間違いなし。

台風21号が来ているので、その雨がどのようにもたらすか未知数ですが、数日後には芽が出ているかと思います。