FC2ブログ

怒涛のにこまるの田植えは終了し・・・・

怒涛のにこまるの田植えは3日で終了。1日は半日会議があったので・・・・
今年は失敗です。田植えはいいのですが、育苗で結構苗が余ってしまいました。
一枚あたり180gで撒いて、掻き取りを最小にしたのが起因。
今年は余りましたが、来年は育苗枚数を今年余った分減らせることがわかったので、コスト削減できることがわかりました。前向きに行きます。

2018-05-28.jpg
こちらは、はじめて作っているブロッコリー。次男が好きなので植えたのも理由ですが・・(笑)
春作は虫がすぐ飛びつくのでずっとマルチしていたのですが、2日前にマルチを外しました。
ちっちゃいのができていたので、追肥を株元にぱらりと行なっています。

うまくいったらいいのですが、へんちくりんな天気は作物の機嫌をそこねるので、油断できません。

にこまるの田植え真っ最中

2018-05-24.jpg

2018-05-241jpg.jpg 
怒涛のにこまるの田植え真っ最中。2町をひとりで作業はきつい。
よく頑張っても8〜9反がやっと。田植え機も20年選手なのでしょうがないです。


にこまるの代掻き終了

にこまるの代掻きが上代掻きまで終了しました。

ただトラクターで走り回っているだけですが、やっぱり疲れました。

にこまるの田植えまで少し日にちがあるのでその間に、できるだけナス・ピーマンの支柱や草刈りなどできることをしていきたいと思ってます。



除草剤(忘備録)

2018-05-221.jpg
早生品種(ココノエモチ、あきさかり)の除草粒剤、一発です。反当1kg
2018-05-222.jpg 
主力の特別栽培米(にこまる)の除草乳剤、反当500ml


まだまだ続く代掻き作業と散髪作業

今日もにこまるの代掻きは続きます。

昨晩、土砂降りだったので、何枚かはしっかりと水が溜まってました。それらの圃場は即本代掻きで終了。

夕方まで代掻きをした後、予定していた散髪作業です。

私の頭を散髪ではなく、ホワイトスター苗の散髪です。白ネギは散髪を何度か散髪をすることで苗が太く丈夫になるそうです。

去年は枚数もすくなかったので、ハサミでちょきちょきしましたが、今年は30枚近くあるのでトリマーを使いました。(トリマーは先輩ネギ農家さんからのいただきもの)

2018-05-19.jpg 
だいたい10cmちょいのところを目指してカット。トリマーはとっても楽ちんでした。

丈夫に育ってほしいです。

にこまるの代掻き開始

本日から、にこまるの代掻きが2ha分スタート。
時間短縮のため、水持ちの良い圃場では本代掻き、悪いところは荒代掻き+本代掻きとしました。
2018-05-18.jpg 
水持ちがよいところは、水回りがいいので2度まわれば本代掻き終了。

昨晩雨がしっかり降ったのにそうでもないところは、とりあえず草を埋め込むことを念頭において作業。

今日できたのは4枚の圃場。2枚は即本代掻きまで完了。

明日も作業は続きます。

あきさかりの田植え2日目

本日もあきさかりの田植えです。今日は3反3畝の圃場と1反8畝の圃場の計5反。
2018-05-161.jpg
こちらが3反3畝の圃場。

2018-05-162.jpg
こちらが1反8畝の圃場。

どちらも真っすぐ植わったんじゃないかと、自己満足。

たかちゃんのオートパイロットはなかなかの高精度です。(笑)

これで早稲の品種の田植えは終了。

ちなみにココノエモチ、あきさかりともに、9月には稲刈りです。

ココノエモチの田植えとあきさかりの田植え開始

本日より、本年度の田植え開始です。
最初に1反5畝圃場のココノエモチの田植えです。ほんのちょっとですが、需要があるので植えます。
2018-05-151.jpg
苗はJAで25枚ほど購入。少し余りましたが、上出来です。

ただし、田植え機の後輪の羽がだいぶんかけているのもあり、スリップ率が高くなっていて株閑が狭いです。なんだかんだでうちの田植え機は20年選手なので、しょうがないんですが・・・
来年度はもしかして、更新?(笑)

ちょっと、怖いです。いろんな意味で・・・・・・。

ココノエモチの田植えの後、親戚に頼まれていたヒノヒカリの苗100枚を配達。
去年言われた、苗を長めに仕立ててほしいという要望にはうまく答えられませんでした。育苗機の仕立てる感覚がまだ下手という事で、来年はリベンジです。
2018-05-152.jpg
そして、あきさかり8反の田植え開始。

この圃場は3反で、苗の配達終わりの作業ということと、すべての作業が一人なのでこの圃場を終えたら夕方遅くなり、今日は終了。残り5反は明日に持ち越しです。

苗をギリギリの枚数で仕立てているので、45枚で終わりました。今年は165g撒きなので、田植え機のカキトリ数を最小にしてもしっかりと植わってくれました。

明日に続く。

ナスの定植

2018-05-14.jpg
ナスの定植を始めました。昨年は三日間に分けて午前中だけで行ってましたが、今年は割り切って1日中かけて作業をしたらどれくらいできるか、試してみました。

昨日の雨は嘘のような良い天気。夏です。畝間は水が溜まってますが作業はできるので決行。
最初に畝に定植穴をあける作業。メジャーで測って等間隔に。これが崩れるとあとの支柱建てにも影響が出てくるんです。

定植穴をあけたら、殺虫剤(アドマイヤー)をパラパラと散布。しっかりと1時間の昼休憩のあと
定植開始。

昨年は鉢上げをして大きくしましたが、今年は苗が搬入して1週間家でそのままで育てました。少し小さい苗もありますが、マルチをして2週間ぐらいたっており地温も確保できているので、大丈夫でしょうと目論んだ定植です。

定植は4時間。支柱建てに1時間、テープナーでの固定で1時間半。最後のほうはスマホのバッテリーもなくなったので、写真がないのですが、夜7時で作業はすべて完了。

全部で290株でしたが、なんとか1日でできました。

ちかれたぞー。


きゅうりとトマト

2018-05-122.jpg2018-05-121.jpg
キュウリとトマトを定植。こちらも初めて栽培します。

ベテラン農家からみれば、畝幅せまー、とつっこまれますが、ピーマン圃場の畝をつかっているので狭いです。キュウリも本来なら、畝の真ん中でなく端っこに定植したらよかったとおもってますが、キュウリのつるがネットに巻き付いたら何とかなるんじゃないかと、楽観視。

トマトについては支柱をもっと太いものに交換予定。雨よけ屋根を付けるかどうかはまだ検討してますが必要ですよねー。

とにかく、今はいろいろな作物を少なくても定植してどのように変化し育っていくのか、それが将来収益化できるものかをよくみきわめたいと思ってます。