FC2ブログ

稲作日記NO135(土の動き)


冬の間、いろいろとトラブルを持っているトラクターを修理するため、ディスクロータリーで山にしております。
当然ながら圃場によって綺麗な山にできたりできなかったり。

綺麗な山にできるのは、土の動きがとてもいいです。

やはり、土作りは大切です。この辺り圃場は基本粘土質ですが、動画のように粘土質な土でないような軽やかに動く土の箇所もあります。このような土に持っていくことが目標かなあと思ってます。

特別栽培米準拠で作物をつくって5年目になります。圃場も変わってきました。

2017-11-30.jpg
ぱっと見はわからないですが、土は5年前とかわっています。作物にとって土はとても大切です。

偉そうなことを言ってますが、できていない圃場もありますので。^^;

Tag : 土作り

稲作日記NO134(サブソイラ)

2017-11-17.jpg

乾燥機、籾摺り機、計量機、ライスグレーダー、グレンコンテナ、コンバインは8割の掃除ができたので、サブソイラでの作業を開始しました。よく乾いている田んぼは昨年もサブソイラ作業をした田んぼ。やっぱり違いますね。
今年から引き受けた田んぼはまだ水の溜まっているところもあり、しっかりと弾きましたが、すでに暗渠排水をしている圃場もあり、地主さんから「その圃場は注意してね」といわれていてサブソイラを弾けないので、サブソイラ効果が一目でわかる形になってます。

とりあえずできるときにサブソイラを弾けたのはよかったです。

Tag : 特別栽培米 土作り

稲作日記NO133(検査)

2017-11-141.jpg
本日は農協出荷分のお米の検査。出荷はにこまると恋の予感。

私はここ2、3年11月検査が主なのですが、検査数はそんなに多くないんですが、今年は晩稲の恋の予感があるのと秋の長雨による登熟遅れが影響しかなり多くの検査数がありました。
恋の予感は耐暑性に優れているので今年の酷暑にも問題はなく、白濁したお米もすくないので1等米がほとんど。

あ、もちろん私のにこまる、恋の予感ともに1等でした。

Tag : にこまる 特別栽培米

稲作日記NO132(白ネギの土よせ)

2017-11-111.jpg
だいぶん大きくなった白ネギです。この畑は広さはそんなに広くありませんがとても土がいいので本当に良いネギができます。この土が私が目指す土なんだと思ってます。

土よせ作業は管理機で行うのですが、やっぱり安い中古で得たものは・・・トラブルばかり。主変速が不安定で作業がままなりません。やれやれ。

しかも修理が購入価格より確実に上とか・・・・とほほ。

やっぱり道具は高くてもちゃんとしたものを導入しましょう。(笑) 


Tag : ホワイトスター 白ネギ

稲作日記NO131(刈り取り終了)

2017-11-091.jpg
にこまる、恋の予感の刈り取りが無事終了し、清掃作業に移ります。とくにこの大物は1日で終わらないので少しずつ少しずつ進めていきます。刈り取り後すぐにクローラはざっくり洗っておいたので、上物の服を脱がせて素っ裸に。
エアーガンで埃、藁屑を飛ばします。

半日やっても終わらないので、また今度。

Tag : にこまる 特別栽培米

稲作日記NO130(籾摺りあれこれ)

午前中は籾摺りですが、籾がら散布が圧倒的に楽になりました。
今までは田んぼにもみがらを山にして後日、ブロードキャストで散布していたので山の籾がらをブロードキャストに積み替えて散布する手間が、今はこれ。
2017-11-032.jpg
直接まい太郎にいれています。排出口からは籾がらが舞ってしまうので、家にあったネットを簡易的にかけています。


満タンになったら、トラクターでザーッと散布。散布作業は5分足らず。本当楽チンです。

2017-11-031.jpg
出来上がった袋は今まではそのままポンポンと置いていたのですが、今回は7体置きでやってみたら同じ面積にたくさん積み上げられるので、効率もいいし何せ崩れない。1段目がこの写真なら、2段目は上下逆の置き方、3段目はまた上下逆・・と置いていくので不用意に山が崩れることがないんです。

この置き方を考えた人は本当えらいですね。

Tag : にこまる 特別栽培米

稲作日記NO129(籾摺りを終わった後、稲刈りと)

2017-11-021.jpg
朝から籾摺り・・。登熟させたので綺麗です。
穂肥で散布したケイ酸カリが聞いているのでしょうか、青未熟はほとんどありません。クズが少ないです。

2017-11-022.jpg
終わったら、稲刈り。

2017-11-023.jpg
今ある現状の設備で、1日の動きがほぼ確定できたような感じですかね。

Tag : にこまる 特別栽培米

稲作日記NO128(黙々と・・)

2017-11-01
にこまるの稲刈りは続いてます。黙々と・・・・・。

Tag : 特別栽培米 にこまる