FC2ブログ

稲作日記NO11(ディスク再耕運)

秋のかぶを成功させるための土作りのため?に、春にツルなしインゲンを植えますが、そのための土作りがいまから始まってます。先日ディスクロータリで山になった土を崩す作業を行いました。
2017-01-28.jpg

ディスクロータリ購入前は通常のロータリのカバーを開けたままの耕運で、ゴロゴロ土を作っていました。

今回のディスクロータリーの設定は畝崩しですが、出来上がった状態はゴロゴロ土です。

次に行うときは通常ロータリで一旦平らにしていきます。

まだ時間はあると思いますが、早め早めにおこなって良き土に仕上げれば、と目論んでいます。

Tag : インゲン

稲作日記NO10(とんど)


先週の大雪で順延になった、地域のとんど。

金曜日夜に雪がふり、翌日のとんどの組み立ては大変だったもよう。

でも無事に組み上がり、午後2時から点火。

去年は真ん中の火力が強かったので、東西南北に倒れることなく、真ん中に朽ちて落ちた感じでしたが、今年は竹が濡れているので葉っぱは燃えても竹芯には燃え移らず、大変でした。

[名称未設定]
みんなで引っ張ってなんとか倒したとんど。

今年は諸事情で準備なしで1時間しか参加できませんでしたが、こういう集まりはとても大事です。

来年はしっかりと参加できるようにしたいです。

稲作日記NO9(新たなる作付品目)

今秋から作付予定のかぶ。その圃場は早生のココノエモチの圃場。
9月に刈って、9月末に播種(定植?)の予定でしたが、近年の天候を考えると圃場の土の準備が難しいんじゃないかとのアドバイスをいただき、ココノエモチを取りやめ、野菜を植えることにしました。

新たなる品目は「恋みどり」というサヤインゲンです。
ASA165.jpg

つるなしインゲンのため、支柱などの資材もいらず。播種から60日未満で収穫、朝どりなので袋詰めなし(予定)。なにより需要があるらしい。収穫は株ごとごっそりと抜くようなので、どれだけ株数を植え付けして多く収穫できるかが肝です。
2017-01-201.jpg
サカタのカタログより。

新しい品種はとても不安がありますが、がんばります。

2017-01-202.jpg
先日も雪がふったばかりですが、今日も大粒の雪がちらほら。

管理機を試運転していたら、カラカラと音がするのがどうしても気になって、三菱へ電話相談をしたら、駆動部のチェーンケースからじゃないか?とういうことになり、バラしてみたらビンゴ。

2017-01-203.jpg
最初はチェーンがゆるんでいるんじゃないか?との判断でしたが、写真の黒いパーツ。これチェーン抑えなんですが、これが長年の利用で朽ちていました。なのでチェーンが当たっていたようです。

だんだんと、機械にも詳しくなってきた?(笑)

稲作日記NO8(管理機のロータリ軸受け修理)

中古購入した管理機でしたが、いろいろとありまして、時間をみて修繕しております。

ロータリの刃もちびていたので交換のために、軸受けから取り外してみたら軸受けの部分が消耗破損。

部品を取り寄せ修繕。

2017-01-181.jpg
軸受けのシール部分がごっそりなくなってます。幸いベアリングには影響なかったので、残骸をとりはずして取り付け。

2017-01-182.jpg
使った部品がこれ。

だんだんと使えるようになってきました。

Tag : 管理機メンテナンス

稲作日記NO7(大雪)

2017-01-15.jpg

この土日は本当によく降りましたね。こんなに積もったのは幾年ぶりでしょうか。

今日は日が少しは当っていたので主要道路はとけましたが、明日朝は凍結でしょうね。

みなさん、車の運転にはご注意を。

稲作日記NO6(密苗)

本日、密苗講習のあるヤンマーの展示会へ行ってきました。

2017-01-12 105
講習は11時からで、そそくさとうどん無料券を消費し、講習会場へ。早めに入ったので、4、5人でしたが、開始時間には満席に。60人、70人はいたかなあ。

内容は、苗箱一箱に乾燥モミ300gを播種、細い(通常より2mmほど)掻き取り刃と、通常は25回の苗送りを30回に増やした田植え機で、反当6枚で済む、省力化の話。

当然、専用の田植え機もあって、5条から8条、しかも中四国限定で4条タイプも発売とか。

一人で作業するのでとても魅力ある話だが、現状は今の資材でできるかいなか。その話も実際でたのですが、播種量を200g程度にして掻き取り量を最小にすることで、1/3にできるとか。(うーん、その程度か・・・)

ということで、既知の内容の復習的な研修でした。

研修会場には、150g、220g、300g播種の苗箱が・・・
2017-01-121.jpg
こちら、150g。いつもの慣行パターン。

2017-01-122.jpg
こちら220g、密度は高いです。

2017-01-123.jpg
こちら300g、びっしりです。

でも、220と300では反当あたりの苗箱の差が1枚だっと様子。大規模農家なら顕著ですが、中小規模農家なら、220g播種がもしかしてコストバランスがいいかも。

今年の播種は、200g撒きで1本植えで決定です。

会場を後にして、所用をすませ、夕方から先日出来なかったディスク掛け。
2017-01-125.jpg

ここは家の前の田んぼですが、状態がいいので、理想的な山ができています。

がんばって取り付けた、ライトも役立ってます。
2017-01-126.jpg
こちらがフロント。やっぱり明るいのはいいですね。

2017-01-127.jpg
そしてこちらがリア。LEDはいいですね。ホント明るい。

週末は雪らしく荒れる天気のようなので、それまでに作業が終わったのでちょっと安心です。

稲作日記NO5(ナスの圃場)

本日も朝からナスの圃場で片付けを行っておりました。
片付けも、誘引テープや針コード、支柱、マルチ、株とたくさん撤去しなければなりません。大変です。1日じゃ無理です。ゆっくりすこしづつやっていきます。

さて、昨年末に土壌分析の結果がでておりました。
graph.jpg

1年目でありますので、当然正円にはなりません。意外にPHが低いんだなあと。

ナス作付前に籾殻が混ざった牛糞堆肥が5t入りました。今年も同等に入れるつもりです。

まあ、各項目とも高すぎる状態ではなかったので、補正しやすいんじゃないでしょうか。

いろいろと考えさせられる、結果です。

Tag : なす かたずけ

稲作日記NO4(ディスクロータリー作業)

明日の日曜日が雨の予報。トラクターの修理のことを考えると今日しかないので、ディスクロータリー作業を行いました。

が、朝からいろいろ。

うちは農機具を置く場所があまりないので、パズルのようにいろいろと動かさないと作業機を取り出せないことがしばしば。ディスクロータリーを取り出すには田植え機を移動させないといけないのですが、セルが回るが初爆がない。点火プラグとは思うのですが、三菱の担当者に聞いてみたら、「プラグの場所がちとかくれているよ、いまからいきますと」。
お休みだったのにわざわざ来てくれるなんて申し訳ないです。

うちの田植え機MPR505はもう古い機械なので、今のようにメンテナンス性はよくありません。点火プラグも燃料タンクの下で、プラグを取り出すのにやっとこすっとこ。

プラグは問題なく、次にキャブレターをみてもらったが、これっといった怪しい点はないが、クリーニングだけしておきましょ、ということでクリーナーをシューっとかけたら、ばっちぐー。爆発とともにエンジンがかかりました。

出だし1時間ロス。

2017-01-07.jpg
主変速4 副変速M、で高速作業。まあ、写真のように、硬い圃場は綺麗に仕上がりますが、水が多いやわらかい圃場は、パワーも取られるし、あまりお見せできる状態ではありません。しかしながら、昨今の天気を考えるとある程度は無理してやらないと、先へすすみませんから。

あまりにひどいところは、さすがに次回持ち越しです。


Youtube側から手ぶれ補正しましょうか?と聞かれてますが、画像がぼけていたのでやめてますからブレブレです(笑)

夜の7時まで真っ暗になってもやったのですが、3町のうち9反ぐらい残っちゃった。こればかりはしょうがないね。



Tag : にこまる ココノエモチ 土作り

稲作日記NO3(サブソイラの効果)

昨日のサブソイラ作業ですが、圃場の中にはそれなりの湿田もあったわけで、その状況下でかけてみると弾いた先からたまった水が逃げていくのがわかりました。
2017-01-06.jpg
この写真は家の前の借りている田んぼですが、手前がいつも水溜りがあるところ。
サブソイラをする時も明らかに硬盤を崩している土が出ていたので、明らかな効果はあったようです。

で、作業をしている時に気になったことが。

トラクターのタイヤの動きがギグシャグしている。(粘土質の深いところにはまったような状況下で、通常なら4躯ですんなり脱出できるのですが、明らかに駆動系がおかしい)

そんなわけで今日三菱の担当者に来てみてもらったら、

「前輪と後輪をつなぐシャフトの、前輪とつながっているギヤあたりが怪しい、預かってみるようなけど、1ヶ月はかかる」だって。

がーん。

明日はディスクロータリーをかける予定であることを伝えると、無理をしなければ・・・。最悪2躯になるだけ。

うちのトラクターMT251はそれなりに年数が経っているので、あちこちトラブルがでてもおかしくないお年頃。

水平や深耕のセンサー系のコンピュータが壊れると、交換部品もない可能性が高いが、駆動系のギヤなどはあるようすなので治せるが、あまり大きなことにならないことを祈るばかり・・・・・・。

どうにか最小限の費用で治りますように。あと明日の作業がすんなり終わりますように。

稲作日記NO2(サブソイラ作業)

本日新調したサブソイラを圃場へかけてみました。

ブログつながりのminapapaさんの情報をいろいろ得ていたので、なんとなくの感触はわかっていたのですが、昨今の雨がまだ残っている圃場だったのでそんなにやすやすと作業をさせてくれませんね。

作業中には、お宝掘り起こしもありました。(笑)
これが意外に頭を悩ますところ(もしかして、いけないものをほっちゃった?って思うものが・・・・汗)

私有圃場のとある圃場は暗渠排水が施行されているのでサブソイラをかけることをやめときましたが、借りている田んぼは私が見ているここ20年で工事をしている2、3圃場だけやめておきました。

また、硬盤に当たった時、トラクターが負けてしまうことがいくつか・・・。完全に25馬力のパワー負け。
早くハーフクローラを導入したいです。あと今日はとても風が強く寒いのでキャビン付きで・・(笑)

2017-01-05.jpg

ここは家の前の田んぼ。ここは水持ちがあまり良くないので良く乾いています。(笑)なので、サブソイラも綺麗にできました。

この圃場は、ココノエモチを植えて刈り取りが済んだら、もう一度かける予定です。すぐに大かぶの圃場となるよていだから。

ぜひうまくいってほしい。というより絶対成功させてやる!!

Tag : 土作り サブソイラ にこまる ココノエモチ