FC2ブログ

稲作日記NO182(品質診断結果)

農協にお米を出荷して、後日くる品質診断結果。

2016-11-301.jpg

きた結果がこれ。

昨年と違うのは、外観は問題なしということ。まあ、あれだけ登熟させたのですからね。

中身については、水分がね。出荷時の検査は14.5%だったのに、0.6%も下がるもんかね。この点がいつも不満なんですが。昨年は13%と過乾燥だったので、今年は十分注意しながら段階的に乾燥して行ったのですが・・・・。

脂肪酸度については、まだまだ勉強不足と思っています。

食味値は86ですか。悪くはないですが、やっぱり90はないとね。

2016-11-302.jpg

円グラフはだいたい丸なので、全体を通せば良い出来かもしれませんが、こだわりたい点はまだまだです。

修行が足りない証拠です。

来年の水稲部門は耕作面積が増えるのですが、この品質は保ちたいし今年以上を目標にしたいです。

Tag : 特別栽培米 にこまる

稲作日記NO181(液肥散布)

季節はだんだん冬に近づいているようで、日中の気温も下がってきました。

定期的に液肥散布はしていたのですが、本日はちょっとしっかりと。

2016-11-26.jpg

こやつに頑張っていただきました。

うちは露地栽培なので、暖かければ大きくなりやすいですが、害虫も多いですし、寒ければ、害虫被害は少ないですが、成長がかなりゆっくりなのでこの辺りのバランスが難しいですね。

Tag : かぶ

稲作日記NO180(お米の検査)

11月も終わろうとする本日、お米の検査がありました。

この時期なので、少ないだろうと思ってましたが、今年は刈り取り時期の長雨でかなり苦労された農家がおおく、刈り取りできないまま、処分(焼却)したところも多かったようです。

また、契約栽培の「夢の華」をフレコンで供出している農家もあり、いづれは私もフレコンで出荷できるようになりたいと思いながら見ていました。

検査の結果は、少しばかりカメムシの影響がありましたが、無事一等を頂きました。

今年は、変則的な作付けでしたが、なんとかここまでできたことに、感謝。

来年も頑張ります。

Tag : 特別栽培米 にこまる

稲作日記NO179(土作り散布にて・・・)

今年は、本当に自然栽培であった水稲部門。

来年はしっかりと施肥しての作付け予定ですが、土作りの肥料として「ミネラルG」を散布しようと計画しているのですが、うちのコンポキャスト(タカキタのCC3500)で気になる点をタカキタの営業所へ架電。

確認したい点は
・粉剤は散布できるか?
・できるなら、留意すべきことはあるか?

実は、コスト面から20kgの袋入りよりフレコンでの購入が安いこと。かつ粒剤より粉剤の方がもっと安いんです。

反当200kgを入れる予定なので、3町分ですから、200kg*30で6000kgです。
20で割ったら、300袋なんです。気が遠くなります。(笑)

フレコンは一袋200kg入りなので、30体です。(ユニックが必要なんですが)

回答としては、「一応、粉剤でもふれます。が、風等で巻き上がったら綺麗に散布できないし、状況によっては、トラクターのオペレータにも・・・(笑)」

つまり、私が天ぷらの衣を纏った状態になるわけです(笑)

風による飛散防止のカーテンがあるのは知っていますが、私のもっているのは旧式なので供給終了。残念。

というわけで、必然的に粒状のフレコンです。

でも、できるんかな。100kgづつの散布。フレコンからコンポへ移すとき、釜でやぶって入れるような気が・・・

どうやって半分づついれる?

あー、悩むことだらけ。

追記
夜に、タカキタから電話がありました。

今回はさらに詳しい方が出られて、ミネラルGは粉剤になっても比重が重たいので散布することはできますよと。あと注意点はコンポキャストの回転部とその周りの金属が摩耗するようになるので注意してほしいと。

ありがとうございました。

Tag : 土作り 特別栽培米 にこまる ココノエモチ

稲作日記NO178(チョットづつやってます)

2016-11-221.jpg
今年はじめてやってみた、ナス。

収穫後の撤去作業をすこしづつはじめてます。緑の葉っぱは接ぎ木からでているトルバムの葉です。

冬の寒さでしっかり枯らして、撤去するのが、先輩ナス農家のやり方とは思うのですが、一人作業なので少しづつ早いうちから始めているわけです。

誘引紐として使ったキラキラテープは一応分けています。面倒ですがね。

ナスの枝等はまとめて焼却予定で、あぜ等に避けてます。

ぼちぼちの作業なので、1ヶ月ぐらいはかかるね。

来年のナスは、ああしたい、こうしたい、と色々思う点多数。

今年より、さらに収益を増やしていかないとね。

いろいろ買ってますので(笑)

Tag : なす

稲作日記NO177(展示会に行って・・・)

2016-11-18.jpg
本日は三菱農機の展示会が岡山であるので、あらかじめバスに乗って・・・と計画していたのですが、どう見繕ってもかぶの出荷を朝7時までに済ませるのは不可能なので、後から自家用車で行くと連絡をして、朝から収穫、出荷作業。

終わり次第、高速をぶっ飛ばして、岡山の和気ドームへ。

ついたのが12時だったので、用意された弁当をいただき、お腹いっぱいになった所で、展示をざーーっと。

屋外の圃場では、トラクターの実演がありましたね。写真はないのですが、まっすぐに畝を作れる研究の途中経過の説明があり、50馬力のキャビンに備えられたカメラ画像で計算して直進するもので、大きな違いは他者はGPSを使っているのに対し、三菱は使っていないのでコストも抑えられることをおっしゃってました。商品になるにはまだ時間がかかるとのこと。

ドーム内には、トラクターや、コンバイン、田植え機、管理機、乾燥機、草刈機など、農業機械が数多く。

特別展示にラッピングされたトラクターがありましたよ。
2016-11-181.jpg

入り口から入って、ちょうどいい視線の先にコンバインが・・・・
2016-11-182.jpg
こちらが、小型、中型ゾーン。

2016-11-183.jpg
こちらが、中型、大型ゾーン。120馬力は三菱では初めてのようですが、前後、左右、上下の水平がついて、操作席のメータ類はタッチパネル。素晴らしいですが、価格は約1700万です。(笑)

私はこの先必要と考えこれをオーダ。
2016-11-201.jpg

minapapaさんみたいに、田んぼでもつかいますが、畑がメインでしょうね。

それにしても、三菱の展示会は女性が多い。イセキやクボタにはない雰囲気です。

稲作日記NO176(出荷始めました)

2016-11-17.jpg
先日から、かぶの出荷を始めました。

初めての作付けなので、発芽も揃っていなくて畑としてはブサイクです(笑)

10cm以上の球を収穫。

収穫して、洗ってみたらよくわかりますが、本当に球が綺麗なものを作るのは難しいですね。

まあ、無農薬なのでしょうがないですが、出荷する以上は最低限の農薬は必要です。消費者目線では購入の一つにどうしても見た目がありますからね。

球をうまく太らす流れは、理解できてきたので、来年はかぶの耕作面積を増やし冬の作物として頑張る予定です。

畑としての土作りも計画的に組んでいかないといけないし、

12月ピークで出荷できるように、合わせないといけないのが大変ではありますが・・・。

Tag : 大かぶ

稲作日記NO175(チョッと焦りました・・・・)

2016-11-14.jpg
来年も作付け予定の田んぼにユンボが・・・・

詳細は言えませんが、いろいろな手違いがあった模様。

来年もよろしくお願いします。と地主さんから。

ほっとしました。

稲作日記NO174(かぶ)

2016-11-07.jpg
冬の作付けとして、試験栽培しているかぶですが、なんとかかんとか形になってきました。

播種間隔はもう少し狭くても良かったみたい。(30cm目安にしてますが・・・・)

同じ圃場でも土壌水分が過多だと、できが悪いですね。

来季は本格栽培する予定なので、否が応でもアレが必要ですね。

さて、アレってなんでしょう(笑)

Tag : かぶ

稲作日記NO173(籾がらまき)



籾がらまきの動画です。次男も一緒に乗ってますが・・・・・。

ベルト軸あたりがキーキー鳴いています。注油必須でしょうか。

籾がらてんこ盛りでも余裕でしたので、増しわくを作って来年に備えましょうかね。

Tag : 特別栽培米 にこまる 籾がらまき