FC2ブログ

稲作日記NO275(免税軽油)

先月実施された研修で、免税軽油制度の説明がありました。この制度は実は私の幼馴染みがガゾリンスタンドに勤めていたこともあり、話をよく聞いていましたが、実際の活用はしていませんでした。
しかしながら、専業農家としてスタートしたことと、耕作面積が増えるため機械利用も増えることから、手続きを行いました。

この制度はあと3年しか有効期限はないようで、ちょっと残念ですが、簡単に言うと軽油取引税が免除になります。リッターあたり30円ぐらいなので結構大きいです。ガソリンスタンドの割引なんて、2、3円程度ですからね。

免税になる以上は色々な制約があります。私はここを参考にしましたが・・・・。

農業にはいろいろと必要な(役に立つ)制度がありますので、使えるものはどんどん活用していこうと思います。

追伸 この制度は他の県にもあるんですかねえ。

稲作日記NO274(時間があれば・・・)

専業農家として10月からはじめて早3ヶ月。農繁期が終わったあとは葉物野菜の販売をめざしていろいろと試行錯誤の日々が続いております。

兼業と大きく違うのがずっと家にいること。家にいればいたで、いろんなことがあります。なので計画的に行動をしないと、すべてに影響します。

そのような中、日々を過ごすと、急にたくさんのことが重なったり、逆に少しひまになったりと様々。暇になったときには自分に対して当てる時間も必要と思い、いろいろとさせてもらってます。その中で、毎日いくら収入があればいいか、えられているか、考えることも今まで以上に多くなりました。(言い換えればケチケチになりつつあります(笑))

専業農家は少し前にも言いましたが、経営者、つまり会社の代表であります。下にいる人(私なら家族ですが)を守らないといけません。当然、経営者である以上、「利益追求型」で考えないといけません。

こんなこと書いてますが、私自身がそこまでできてはいません。だから今はしんどい時期ですが、試練とおもって前向きに考えています。





続きを読む »

Tag : 草刈り

稲作日記NO273(考察)

春菊は播種したのが大半ですが、一部定植をしたものも。しかも無謀にも時期をずらして。
当然そのままでは、成長しないのでトンネルをしていたのですが、不繊布ではなく、ビニールをかけてどれくらい変わるものか実験をしていました。

先日の暴風で、当然こちらも「崩壊」したので修繕をしたのですが、成長度合いは明らかにビニールですね。
透明なので、日光の遮光率は100%に近いですし、冷たい風はシャットアウト。いいことづくめですが、助長しやすい条件になるので、少しでも天気が良いと一気に来ますね。ここは注意点です。あとは資材コストが高いですね。

20151212211339761.jpg

黒マルチの中で、繁っている株が多かったので、穴を手で拡大して日光が当たるようにしておき、トンネル掛け終了。

あと見てお判りですが、大雨の影響で排水が追いついていないですが・・・。
ちなみに左の畝はほうれん草ですが、こちらはちょっと失敗です。大雨で根腐れが一気に来てしまいました。

路地での葉物は、排水をしっかりすることと、高畝にすることですね。管理機の溝切りでは残念ながら限界があるようです。こりゃ早く畝立てマシーンが必要です。



Tag : 春菊水菜

稲作日記NO272(台風並みの強風)

昨夜から発達した低気圧の影響で近年稀にみる暴風、ほんとうに風が強くて、突風で体が押されるくらい。
夜中からずっと唸るような風だったので畑にあるトンネルが心配。明るくなっていってみると見事にトンネルは

「崩壊」

トンネル資材として使っていた不繊布はあちこち破れ、壊滅。しかも強風がおわったらまた寒気。否が応でもトンネルを復活させないと霜などで、葉菜はやられます。春菊も出荷できるのがあるので、収穫もしなければ・・・・。

収穫を第一にして、作業を開始。午前中で収穫を終えて、蒸散作用による「しおれ」防止を行い、出荷作業は明日に延期。



続きを読む »

稲作日記NO271(いろいろ・・)

ずいぶんと更新間隔が空いてしまいました。

まずはお詫び。

タイトルの稲作日記のNOがずれていることに先日気がついて、修正をかけたのですが、SNS連携でFacebookの「いいね」が連打されちょっとびっくり。いきなり「いいね」が30ぐらいついているので(笑)。ご迷惑をおかけしました。

さて、就農するにあたり、いろいろと準備が必要ですが、幸いにも稲作はずーっとしてきたので、機械やノウハウはあるのですが、野菜に関しては・・・・・、今年からいろいろと試験栽培をしていて、参考書等で得たものと照らし合わせしながら知識を得ている状態。

世の中にはこれから就農される方向けに、制度があります。

青年就農給付金

簡単に言うと、サラリーマンの人が今から農業で生活をしたいとき、必要な支援(資金)をしますよ。というもの。
「準備型」と「経営開始型」と2つあり、どちらも年に150万の支援をしてくれます。しかも返還なし。

私もこれに当てはまるんじゃないか?とのお誘いをいただきいろいろとお話をきいて準備していたのですが、残念ながら適応できないとの回答がありました。

国の制度ということもあり、条件がいろいろ厳しいのですが、適応できない理由は大きく2点。
1、田んぼの名義が私のものにすでになっている。
2、水稲での収入実績がある。

やる気満々なので、どうにかしてほしいなあ、と思いましたが(150万あれば資材投資に持っていけるので)、コレはコレできっぱりと諦めました。

資金面がちょっとキツイのですが、なんとか頑張って、お米と野菜(ナス、ネギを主に)を盛り上げていきたいと思ってます。応援してね。

あとお米ですが、普通にお米を作っても高利益がでませんから、単価の高い「もち米」もつくってみようかと思ってます。
もち米はお正月の需要は100%あるのですが、作る農家がいないんです。

そんなわけで、たかちゃんちの稲作日記は、今まで以上に大変になってきました。(なんか他人事見たいですが(笑))

稲作日記NO270(清掃作業のつづきとミゾホール)

k.jpg
今日も清掃作業のつづき。ライスグレーダーを終わらせ、乾燥機へ。

いままで、屑もみうけとしてシートをひいて行っていたのですが、地べたがコンクリートなのでシートをひかず、点検口を全て解放し、もみをおとしました。こっちが楽じゃん。

fc2blog_20151202023126483.jpg
年代物になりつつあるRYOBIのブロア。かれこれ20年はおつきあいしてます。



続きを読む »