FC2ブログ

稲作日記NO119(特別栽培米認証者一覧)

特別栽培米認証について広島県のHPにも名前が有りました。

特別栽培農産物の認証状況

一覧を見ると、よく知っている方もおられ恐縮する限りです。

先日個別にお渡しするお米に貼り付けるラベルを作成しました。たかちゃん米として試行錯誤しながら販売網を広げていくつもりです。

あらためてよろしくお願いします。

Tag : 特別栽培米

稲作日記NO118(コンバイン清掃)

稲刈りで使ったコンバイン。今年は泥まみれで終わりましたので清掃も大変です。
いつも通りカバーをはずしてブロアで埃を吹き飛ばします。

当然ですが、私もほこりまみれです。(笑)
ほこりを落としたら足まわりのどろおとしです。ケルヒャーさまさまで、きれいになりました。

しっかりと倉庫で陰干ししたあと、錆止めなどのメンテナンスです。日にちをおきながらゆっくりやります。

稲作日記NO117(たかちゃん米にこだわる)



使用資材名 用途農薬有効成分
ピラクロンフロアブル乳剤除草
ヤイバ粒剤除草
ビームスタークル粉剤5DL殺虫

今年度の農薬使用についてはこちらです。        
    
5種類の農薬です。これまでの(2年前まで)作り方は21種類も使っていました。

消費者の口に入るときには、極端なことですが、くすり味にはなりません。(笑)(ただし無農薬のお米をたべると味の違いはわかりますが)

農業はとても手間がかかります。そのため農薬を使い手間を省きます。手間が省けばコストも下がるでしょう。大規模な農業も可能でしょう。

除草剤をたくさんつかえば、田んぼに入って除草をすることもほぼありません。出穂前に行えば、いもち病などの病的起因で不作になることもないでしょう。カメムシも大丈夫でしょう。

でも、最後には人の口に入るのです。

このブログ開始当初は本当の稲作日記として記しているだけでした。でも最近はこのブログが自分自身の農業の考え方を示しているように思えてきました。

安心して美味しく食べていただけるように、

たかちゃん米にこだわる

これからの大きなテーマです。

稲作日記NO116(出荷米検査)


本日は出荷米検査でした。いろいろあったので検査において自分としてはう~ん、どうかなあ、と不安いっぱい。

結果は特別栽培米として一等

やったー!嬉しい限りです。

検査員にいろいろ教えていただきました。今年は天候不純の為、はやものはボロボロだったとか。

自分の米作りは適切だったようです。

今年のお米作りはこれで無事終了。明日からは来季のお米作りスタートです。

稲作日記NO115(今年の収量)

今年からヒノヒカリからにこまるに品種をかえました。

おいしさと収量、異常高温気象でも白濁米が抑えられた品種です。

稲刈りをしていて、コンバインを全開スピードで刈るのですが、倒伏していなくても、脱穀がちょっとしんどいよーのサインが何度かありました。またグレンタンクからコンテナへ排出しているときも、一粒一粒がヒノヒカリより大きいなあ、と感じていました。

もしかして・・・いけるかなあ

と淡い期待を持ちながら、最終の収量計算をしてみると

反収10俵

をクリアしていました。

もちろん田んぼによっては少ないところもありますが、そこでも反収9俵でした。

本当に今年は、夏の日照不足が大きく、どうなることかと思ってましたが、9月には天気が挽回、西日本、九州で蔓延したいもち病にも幸いかかることなく、安心していたら、連続2個の台風と、局地的な大雨で、倒伏してしまいました。

こんな状況でこの結果、本当ににこまるという品種のおかげです。

ありがたや、ありがたや。

Tag : 特別栽培米

稲作日記NO114(今年最後の籾摺り)

先日のウルトラハードな稲刈りが終わり、乾燥作業も済みましたので最後のもみすりを行いました。

出荷直前の玄米です。


お昼までに籾摺りがおわりましたので、籾摺り機、ライスグレーダ、計量機、乾燥機と清掃作業です。

これをしておかないと、厄介者(ネ○ミ)によって修理代を請求されますから(笑)


半日かけて清掃作業終了。厄介者の影響を受けないよう、なんとかホイホイを設置。後は厄介者がいやがるニオイを散布し終了。

まだまだ作業は続きますが、ひとまずお疲れさまでした。(自分自身に・・・)

Tag : 籾すり 特別栽培米