FC2ブログ

稲作日記NO105(身体測定)

普通は定点観測で成長度合いがわかるものですが、ここまでは自分の経験と比べながら稲の成長を見てきました。出穂も終わったのでちょっと身体測定してみました。

20130828_183920


身長は平均110cmです。いつもの慣行栽培にくらべ、5cmぐらい高いでしょうか。姿全体は上にシャキーン!としています。

20130828_184018


頭の長さ(穂の長さ)約25cmです。写真の白いのは稲の花です。これもほんのいっときしか見ることはできません。

20130828_142657


別の田んぼですがやっぱり穂の長さは今年は長く感じます。

20130828_184052


ウエスト(笑)は5mmです。身の回りのもので言えば大人用ストローでしょうか。太いです。

20130828_142532


週末から雨台風がくるため、お隣さんの熟れた田んぼは稲刈りが終わってました。コンバインはヤンマーのATHLETE GC447 ヤンマーは丸ハンドルなので乗用車感覚で操作できるのがセールスポイント。47馬力なのでさくさく刈り取ってましたよ。

20130828_142719


これからは穂にしっかりと実を入れてもらうため水管理が重要になりますが、週末の雨で干からびることはなくても雨台風の様子なのでちょいと心配です。

稲作日記NO104(出穂完了)

20130827_090523_2

ほぼ出穂完了しました。手前が最後に植えた苗代の田んぼ、奥がその前に植えた家のうらの田んぼ。約一週間植えるタイミングがずれてますが現状追いついています。(細かく言えば差は見えますが大したレベルではありません)

稲作日記NO103(穂肥散布から29日目)

20130823_155225

だいぶん穂が顔をのぞかせました。株もしっかりとしてます。

稲作日記NO102(各圃場の出穂確認)

各圃場の出穂状況です

20130821_095318


一番大きい3反の田んぼ。6割は顔を出している状況です。

20130821_095612


何年か前は稗の大豊作だった水田。こちらは5割弱が顔をのぞかせています。

20130821_095822


他の圃場よりさらに2日遅く植えた家のうら。2割程度です。

20130821_095851


苗代の田んぼ。ほかより1週間遅く植えたので、畦際からちょこちょこのぞかせています。

20130821_095722


ゴールデンウィークに植えた隣の家の田んぼ。今日明日で刈るのがいいんじゃないかな。週末が雨ときいているので。
全体的には予想通りのペースでしょうか。

稲作日記NO101(走り穂確認)

20130820_153345

とうとう現れました。

稲作日記NO100(穂肥散布から21日目)

20130815_070458

これは家の前の田んぼ。一番奥の黄色に熟れているのはゴールデンウィークに植えたよその田んぼ。この8月下旬には稲刈りと思います。8月ですよ、稲刈りが。
私が小学校の夏休みの時にに祖父と一緒に四国一周の電車旅行をしました。その電車からの風景で、パラソルをさしたコンバインが稲を刈っていたのを覚えています。そのときは夏の暑い時に大変だね、と遠くから眺めてましたが、まさか自分の住んでいるところの近所で夏休み中に稲刈りをする光景になるとは、当時のことを思えばありえない話です。
これも異常気象で平均気温が上がっている証拠なのでしょうか。

稲作日記NO99(穂肥散布から20日目)

以前にもお伝えした、他の田んぼにくらべ成長がまばらな西の田んぼですが、穂肥散布以降は持ち直してきました。

20130814_091511

20130814_091502

写真の手前側はいいのですが、やはり奥は株の分けつも悪く、この西の田んぼは昨年より収量が下がるでしょう。出穂まであと少しですが、葉色が濃いのでその点は安心なのですが・・・。

稲作日記NO98(穂肥散布から18日目)

20130812_071150

穂肥散布から18日目です。背丈も更に伸びあとすこしで出穂と思います。今年は田植が例年より遅かったのでその分遅れると読んでいますが、この異常気象による酷暑はその遅れを打ち消すのでは、と思ったりもします。

稲作日記NO97(除草作業したら・・・)


先日の除草作業で左手がかぶれました。稲の葉先はよく見ると痒い痒いトゲトゲのとってもちっちゃいのがあるので皮膚に触れるとこうなります。
最近の殺人的酷暑は本当に暑いから、よほどのことがない限りものすごく早く起きて作業をします。この日も5時に起きておこなったのですが、稲株全体に朝露が付いているのでカッパのズボンを履いておこなったのですが、4時間行なって10時前に終えたのですが、汗と朝露でつなぎはべっちゃべちゃ。朝しても昼してもどっちでもべっちゃべちゃになるので暑くない朝がいいのですが。
農業仲間のみなさん。熱中症のニュースに載らないよう十分注意してくださいね。

稲作日記NO96(除草作業)

田んぼの除草は最近は除草剤で除草します。面積が広いと兼業農家ではずっと田んぼに入ることが難しいですからね。特別栽培米基準でこの1年練習期間として栽培してますが、除草剤も成分の少ないものを使わしてもらってますが、基本田んぼに水が張ってないと効き目がないのですが、うちの前の田んぼは保水性がそこまで良くはなく、多少の高低がモロに影響します。そうなると水のないひあがったところから稗がどんどん現れ、伸び放題となりました。幾度かは手作業で除草したのですが、生き残りが伸びてしまって種を落とす寸前でしたので、一気に除草しました。

やり方は簡単、カマ片手に刈り取るだけです。あぜに積み上がっているのが刈り取り後の稗です。

しっかり穂肥が効いてきたようで一律で色あせは無いのですが、どの株も最下部の下葉が枯れていました。株が緑で枯葉が茶色。去年はなかったのでなぜなのか調べてみようと思ってます。