FC2ブログ

稲作日記NO72(土作り作業後)

665568_381291505286851_1731726869_o


先日の土作り作業でも言いましたが、ディスクロータリーでの作業では田んぼの土にある程度の水分があった方が作業は確実です。ただ雨が降りすぎると今度は田んぼがぬかるみ作業効率が下がります。今年の作業はそういう意味ではベストなときに行ったなあと思ってます。作業後かなり雨がふって写真のように谷に川ができてますが、問題ありません。次にトラクターを使った作業は来年の1月か、2月ぐらいを計画しております。

稲作日記NO71(土作り肥料散布作業その2)

昨日に続いて今日も朝から作業です。昨日のうちにブロードキャスターの散布と動力散布機での散布を終えていたので土砂降りの雨のなかでもトラクターに乗ってルンルン作業(キャビンがあれまもっとルンルン)。

Img_20121110_115914


ちなみに昨日の作業のなかで、ようりんと石灰窒素を1袋/反を散布。それぞれ10袋をこの動力散布機を背負って歩いて散布、なかなかハードです。
反転作業は昨夜からの雨のおかげでからから田んぼもいい感じの湿り気。昨日のようなささりの悪い箇所もなくすべての田んぼの作業がお昼までに完了しました。

Img_20121111_111902


まだ、トラクターやコンバインの洗車があるのですが、くたくたになったのでお昼からはゆっくりとお休みさせてもらいました。

稲作日記NO70(土作り肥料散布作業)

コンバインや、コンテナの掃除もしていないのに来期の土作りにむけての作業は続きます。先日の籾殻散布作業のあと牛ふん、みつかねを散布です。今年は牛ふん:13袋/反 みつかね:5袋/反をブロードキャスターで散布。

Img_20121110_113455

うちのブロードキャスターはタカキタ製の機械で、粒剤、コンポスト両対応です。この製品がでてすぐに購入したので散布量は手動、コンポスト<ー>粒剤も手動で切り替え。しかもトラクターはキャビンでないため、全身に肥料の粉がまってしまう、ある意味大変な作業です。牛ふんも1袋:18kgが130袋 みつかね:20kgが50袋 をブロードキャスターに入れる作業も大変です。 近所では今年購入された、Kubotaの35型(キャビン付き)でおなじタカキタ製のブロードキャスターで散布されてました。こちらはすべて電動で散布量や、コンポスト<ー>粒剤の切り替えができるので、キャビンの中かららくらく作業。うらやましいと思いつつ作業を続けて午後4時前に全部の田んぼの作業終了。ささっとブロードキャスターを洗車して、ディスクロータリーといれかえ。今度は反転作業です。   

Img_20121110_154837


かなり土が乾いていたので、田んぼの部分部分でディスクのささりが悪く反転能力が低下する場所も。(ディスク半分ぐらい深く入り込めば、ディスクロータリー本来の反転能力が現れます)写真の左は作業をしたあと。こんもり山になっているでしょう。地中の土が地上に出れば出るほどいいのです。

Img_20121110_165835


この3反の田んぼを終えた時点で真っ暗になったので今日はおしまい。あすも休みですが、お天気は雨。どうしましょ。

稲作日記NO70(籾殻散布作業その2)

今日はお休みで毎年定量買っていただいている方へお米配達。それがおわって籾殻散布作業を行いました。というのも祖母が籾殻を燃やしているのがわかったので急遽再開です。祖母曰く「もみ殻をもやしたら、その場所は稗がはえない」とのこと。自分は今年生えた場所は土地の高低差が高かったので水が干上がりやすい場所だったから、生え安かったと考えています。とはいえ、早々文句を言ってもしょうがないので、できる範囲で散布です。

Img_20121107_164047

軽トラに、籾がらをいれるネット5つに詰め込んで、散布する田んぼへ運びます。田んぼと車道の高低差をつかって籾殻をブロードキャスターにいれます。(籾殻も一杯につめこめばけっこう重いので)この田んぼには10袋分散布しました(去年の倍)散布は一袋ものの1分でおわるのですがつめる作業、運ぶ作業に時間がかかるので

Img_20121107_173925

最後は真っ暗な中をライトをつけて作業しました。はいおつかれさん。

稲作日記NO69(特別栽培米とは)

特別栽培米とはなんでしょうねえ。そんなことすらも考えてなかったのですから、お恥ずかしい。
県のHPには【特別栽培農産物とは,「節減対象農薬(使用回数)と化学肥料(窒素成分量)の使用が,その両方において,地域慣行レベルの5割以下で生産された農産物」と農林水産省の「特別栽培農産物表示に係るガイドライン」で定められています。】と定めてあります。農薬の使用回数と肥料の窒素成分量の2つがキーなんですね。すこしづつ勉強していきまーす。

稲作日記NO68(次年度の米作り)

今年は天候にも恵まれ、10俵/反と収量もよかったですが、毎年そうなるとは限りません。毎年つくっても満足できる年は過去に1回あったかなかったかぐらいです。来年度はもっと計画的に計算できるようなお米作りをしていこうと考え、いままでの慣行栽培から変更をしていこうと考えてます。
ずばり「たかちゃん米、特別栽培米への道」です。
 やはりみなさんが生きるために絶対かかせない食。安全に安心しておいしく食べたいですよねえ。広島県も「安心、広島ブランド」認定制度を設けているので来年度は認定してもらえるようにがんばっていこうと思います。

稲作日記NO67(乾燥機の動き)

乾燥機での機械乾燥された籾はうつしこみへ排出されます。うちの乾燥機は佐竹の乾燥機ですが乾燥機最下部にスクリューロータがあり、それが回転して昇降バケットへ籾がおくられます。これがその動きです。循環乾燥とは違い連続して上から籾が降ってきます。
ゆめまる・東広島ブランド
???????
広島ブランドロゴ
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
きーわーど

特別栽培米 にこまる 土作り なす フルーツパプリカ こどもピーマン ココノエモチ 育苗 草刈り バケツ稲作 農業機械 春菊 かぶ とうもろこし 安納芋 ホワイトスター ピーマン 稲刈り 古代米 丹波産黒大豆 かぼちゃ レタス にんじん 田植え ブロッコリー インゲン 白ネギ 疎植試験 中干し プール育苗 籾すり サラダほうれん草 アスパラ菜 籾殻処理 落花生 畦塗り 支柱立て ちぐさ 定植 農薬散布 マルチ張り 肥料散布 誘引 えだまめ 畝立て 四角いトマト 長ネギ 防除作業 丹波黒大豆 籾摺り 枝豆 はくさい 極早生花菜 人参 追肥 まいたろう ヒノヒカリ 恋みどり つるなしインゲン 苗作り 竹パウダー 播種作業 スティックセニョール 資材 きゅうり ラディッシュ マルチ作業 圃場整備 かたずけ サブソイラ 大かぶ ミニトマト ダイコン 排水 代掻き 管理機メンテナンス 籾がらまき 掃除 くさむね 除草剤散布 除草作業 しろねぎ コンバイン 四角いトマトの観察 販路拡大 いねかり 水浸作業 さつまいも 穂肥散布 白ねぎ 恋の予感 支柱建て ひえ 籾殻コンテナ ラジオ いんげん 食味検査 つるなしいんげん ゆめまる スパイダー ホワイトスターのは種 地産地消 水やり 一発除草剤 規模拡大 トラクター とまと ソルゴー への字 ほうれん草 研修 春菊、水菜、丹波産黒大豆 でかピーマン 収穫 ししとう セロリ 乾燥機 水菜 認定農業者 誘引作業 塩水選 浸水作業 もち米 ナス もち 堆肥散布 支柱補強 安穏芋 ハダニ スパイダー850A 水タンク 活力剤 道具 ラディッシュ、なす 催芽作業 出荷 ごんべい 筑陽 もみがら 白菜 ラジコンヘリ うどん粉病 だいこん 講習会 冬期作物 籾殻散布 トマト 基肥散布