FC2ブログ

稲作日記NO66(籾がら散布作業)

籾摺作業がおわったら、田んぼには籾殻の山。息子の保育園の焼き芋パティーにつかわれたり、畑やご近所の希望で多少は減っていきますが、大多数はのこります。いままでは燃やしていたのですが、昨年からトラクターで田んぼへ還元しています。今年もそれを行いました。まあ時間が2時間しかなかったので家の前の田んぼだけで終わってしまいましたが。

Dsc_0029

この写真は去年のですが、機材は全く同じ。手作業ですがブロードキャスターにもみがらをいれてトラクターで駆け回る、の繰り返し。まだあるので時間の合間合間で作業をつづけます。

稲作日記NO65(最後の籾摺作業)

籾摺作業も今日で終わり。

Fb_img_13511300047986758

無事に袋詰めまでの全行程完了です。あとはJAへ出荷手続きです。

稲作日記NO64(最後の稲刈り作業)

天気もよく、最後の稲刈り日和。一番おおきな3反の田んぼの稲刈りです。ここはほかの田んぼより5日遅く植えているので刈り取り時期としてはちょうどよかったかな。倒れた箇所もなくコンバイン全開で刈り取り作業。

Img_20121020_104645


ぬかるみもなく、今までの作業のなかで最短で刈り取り終了。

Img_20121020_142854

ぬかるみがないので、コンバインのクローラも大変きれいです。おつかれさま

稲作日記NO63(最後の稲刈り)

Img_20121024_091809

最後の稲刈りのターゲット。

稲作日記NO62(来年にむけて)

先日の水曜日は皆さんのてるてる坊主の力むなしく、日中土砂降りの雨となりました。

Img_20121017_112745待機状態のコンバイン

雨では稲刈りできませんが籾摺はできますから、行いました。

Img_20121017_093252

籾摺も約半分を終えましたが、今年は10俵/反ペースです。後半の田んぼにも期待できるかな?
さて、来年ですが付加価値をつけたお米にしようかと模索中です。というよりお勉強中。もし付加価値の部分がうまくいったら、皆さん高くても買ってくれるかなあ?(美味しいことが大前提ですが)

稲作日記NO61(家のうらの田んぼの様子)

Img_20121011_091442


こちらは家のうらの田んぼ。今は刈り取りは全てすんだのですが、この写真は稲刈り2日目が終わったときの写真。皆さんの田んぼの稲とくらべてどうですか? うちはほかの田んぼもそうだったのですが欠株のところにコナギが生えてました。また畦際にはホタルイもありました。今年は段階的に農薬を減らしみましたが、将来無農薬栽培が可能になるように勉強です。分けつ数は1、2本植をおこなったので写真で見る限りはよい株かと。来年の稲作課題がたくさんでてきたので、それをクリアできるように今後の作業を行いたいです。土作り作業の支度をしなければいけませんが昨年は散布肥料のオーダがおくれたので12月にディスクロータリーで反転でしたので今年は早々とオーダを出して今日肥料が到着、納屋の軒下にずらりと積み上げられていました。稲刈りが終わっても当分は忙しい毎日が続きそうです。

稲作日記NO60(籾摺作業その1と稲刈り作業3日目)

Img_20121012_094906

午前中は前回の乾燥がおわった籾の籾摺作業。乾燥をすると籾の質量もかわって、稲刈り直後は24石ラインまであったのに20石ラインまでに。(減少するのは知っているが、あまりに下がったのが???。もしかして張り込み満了センサーに誤差があってほんとうはもう少し乾燥できたのかも。そうであれば実際は22石とおもうので、計算があう) 籾摺をしてみると30kgの袋で45袋。まあまあですかね。籾摺がおわったら、乾燥機にある乾燥済みの籾をうつしこみ(一時保管する場所とおもってください。約30石はいります)乾燥機を空にして稲刈り開始。
家のうらの田んぼを刈り取り開始。


YouTube: 2012稲刈り

スマホで撮影なので音割れは勘弁してね。コンバインに乗っているときは私はたったままで刈り取るので私の目線とおなじでしょうか。それにしても田んぼはよく乾いているし、稲株は黄金色でたったまま。最高ですね。あっという間に家のうらの田んぼは終了。まだ乾燥機に籾が入りそうなので一番広い3反の田んぼへ。全部はむりなので畦周りだけでおわりましたが、やっぱりでっかい田んぼは気持ちいいですよ。イメージは誰も歩いていない雪原を歩く、みたいな。

Img_20121012_160709_2


乾燥機がいっぱいになったので今日は終わり。次の休みは水曜日。最後まで晴れてくれればいいなあ。

稲作日記NO59(稲刈り作業2日目)

Img_20121009_102559

10月のお休みはすべて農作業。農家にとっては当たり前。ことしは天候にめぐまれ、2年前にコンバインがスタックしたこの田んぼもカラカラに乾いているので、大変はかどり、コンバインのカタログに書いてある作業効率で終えることが出来たんじゃないかと思うくらい早く終わりました。この田んぼは2反あるのですが、乾燥機はすでに20石、あと4石(うちの乾燥機は24石仕様)しか入りません。やむを得ず家の裏の田んぼの畦周りを勝手今日は終わり。乾燥機がもっと大きければ刈り取りが出来るのですが、こんなにいい天気なのに、午後3時には稲刈り終了なんて初めてです。
体が疲れきっていたので家族で焼き肉を食べにいって栄養を補充してきました。(笑)

稲作日記NO58(稲刈り作業初日)

Img_20121004_105239


いつものデスクトップPCがトラブルのため、今回は臨時のノートで。心配であった台風は結局おおきな被害もなく過ぎ去っていきました。稲穂は倒れもせず好天に恵まれ黄金色に染まりいよいよ収穫となりました。先日のお休みで乾燥機やコンバインのチェックは大丈夫のはずでしたが、刈り取り作業をし始めるとコンバイン本体からガンガンとなにかがあたっているような音。エンジン回転を押さえても同じ。脱穀部をとめると音が止まるので、脱穀の太鼓のぶぶんかなあとあけてみるもべつに太鼓の部分がどこかにあたっているようなこともなし。
 どこが原因かわからなかったのでやむを得ず三菱の兄ちゃんに電話。(夏の終わりで以前の担当がかわって新しい担当員がきたのですが、きさくないい兄ちゃんです。)グレンコンテナをあけて、カッター部を開けてみていただくこと15分。揺動版を振る回転軸に揺動版がきちっとはまっておらず、ガンガンとあたっていた模様。このまますすめば大事になるところ。ちょっと汗(;´Д`)
コンバインはそれ以降はトラブルなく絶好調。軽トラのコンテナから乾燥機へ籾を排出するホースも最初ホース内で螺旋が暴れていたのですが(理由わからず)籾を徐々にだして様子を見ていたらいつもの排出音になってきてこちらも大丈夫。全開で排出も問題なし。今年はこまごました機械トラブルが続出しております。どうか籾摺りは普通に終わりますように。