FC2ブログ

稲作日記NO27(加工用出荷米)

Img_0145


日本は政府の愚策ともいえる減反政策が続いていますが、ここ数年はすべての田んぼを植えています。これは他の農家が減反し自分が植えて、政府の減反目標に達していれば問題ないとの理由でしたが、今年は少し植えつけ面積がふえたためその増えた分を「備蓄米・加工米にする」生産調整が我が家にきました。手続きにJAにいったところ、通常のJAの買取価格より下がるが、今年は農家一戸あたり20000円の補助がでるとのこと。家は18袋を加工用として貰いたいとのこと。減反で草ぼうぼうよりましなので、承諾しました。
それにしても迷走し農家をはじめ国民からも見放されつつある政府民主党(他の政党もですが・・)。個別所得保障も当然ながら来年あるか、見通しなし。どうなるんでしょう

稲作日記NO26(田植え後3週間後)

Dsc_0002


早いもので3週間がたちました。除草散布をすませてから、去年の天敵である稗に”ヒエヒエ”しながら(基、ひやひやしながら(笑))毎日田んぼを見まわっていますが、いまのところ全くありません。あぜ塗りも完璧に近い状態でできたので水持ちがとても良く、干上がって島になっている箇所はありません。稗の特性上深水管理をしっかりしていれば大丈夫とおもうので、もう2ヶ月はこまめに見ていきたいと思います。
大丈夫かなあ。

稲作日記NO25(田植え後2週間後)

Img_0141


苗が活着し始めました。最初は葉の色が薄かったのですが段々濃い緑になってきたようです。

稲作日記NO24(プチいじりその後)

前回お話したいじりネタですが、

Img_0140


畦際ディスクの再塗装を行いました。もともと他社製であったので、同じ赤でも微妙に変わってきたし(どちらかというとクボタのオレンジにみえましたが・・・)塗装もはげてブサイクなのでつや消し白にしました。ちょっとしたイメチェンです。

稲作日記NO23(溝堀、環境整備)

写真はありませんが、本日は地域の溝堀。私は背負式草刈機をもっていつものように草刈に精を出しました。参加する方もだんだん高齢になってきて草刈は私の役目。約2時間で溝堀作業は終了。そのまま、子供の保育園へ。今日日曜日は子どもが普段使う遊具や園庭の整備の日。で、私は保育園にある畑の耕うん作業のお役目。管理機を軽トラで運んで作業開始。少し前に畑にフェンスを建てる工事があったため石ころがザクザク。ある意味ジャガイモ掘りみたいな感じでしたが、作業は順調におわり、溝切りを行い作業終了。終了後は保育園の先生方と昼食タイム。(焼肉屋さんでカルビ定食でした。ごちそうさんでした)

稲作日記NO22(統計調査)

Img_0144


役所から、お米の統計調査をさせてほしいとのお達しが・・・。聞くところ、種籾から苗を育てて田植えする農家がほとんどないため、是非お願いします、と。断る理由もないので即OKの回答。 7月から8月にかけて調査のための杭を打ちにくるとのこと。うちのお米の出来が作況指数になったりして・・・(笑)

稲作日記NO21(草刈り作業)

Img_0143


田植もおわり、今の時期は雨の合間をぬって草刈をします。(雨降りでは草刈できないし、どんどん成長しますからね)以前は背負式の草刈機のみでしたが、いまは手押しのスパイダーがあるおかげで楽に作業できます。まあスパイダーも上手につかわないと虎刈りになってしまいますが・・・(笑)

稲作日記NO20(プチいじり)

Img_0133


ちょっと工作してます。結果はいずれブログで・・