FC2ブログ

稲作日記NO2(肥料散布その2)

肥料散布機は粒剤とコンポスト(堆肥)の両方を散布できます。

Img_1672

ピンを粒状肥料用にしておけば

Img_1673

開閉シャッターの開度合いが小さく設定されます。

Img_1674

ピンをコンポストにあわせて

Img_1675

撹拌の軸にもピンをとりつければ、コンポストを撹拌しながら散布できます。

作業はこんな感じ。
この商品にも、開閉シャッターメモリでこのスピードならこれだけの量が散布できますよ。と書いてあるのですがうちのトラクターにはエンジン回転計はあっても速度計はなく、この商品を購入したときにはいきなりたくさんの 量を散布して失敗したことがあります。 農作業は経験値がとても重要です。

Banner_04 こちらのクリックもよろしくお願いします。

稲作日記NO1(肥料散布)

農閑期の今は次の稲作のために田んぼの土づくりをしなければなりません。基礎となる肥料を散布しなければなりません。すでに稲刈りの最中に注文した肥料は届いていました。

Img_0006

これだけの量を散布するとなると人力ではムリ。機械のお世話になります。

Img_0005

トラクターの後ろに肥料散布をする機械を取り付けます。うちの機械はタカキタというメーカのコンポキャスタ。 この機械は化学肥料のような粒剤だけでなく、ぬかや牛糞なども綺麗に散布できる優れもの。メーカサイトはこちら。今のタイプは開閉シャッターが電動ですが、うちのは初代機なので手動ですが、コチラのほうが私は好きです。

Banner_04 こちらのクリックもよろしくお願いします。

おくればせながら

おくればせながら、新年明けましておめでとうございます。 今年も、美味しいお米をつくりながら、ブログ報告を行って参ります。 今年はいくつかクリアしたい課題があります。 ・休耕(イチヂクが植えてあった土地)の稲作再開 ・あぜぬりのタイミング ・現状の田植機での植え付けの際の倒伏問題 ・雑草除去 ・天候不順による成長不足をどうするか? いろいろと思うべきことが多いのですが、すべて解決できるかどうか未知数です。 少しずつ解決して行きたいと思ってます。 今年もよろしくお願いします。

Banner_04 こちらのクリックもよろしくお願いします。