FC2ブログ

稲作日記NO27(稲刈りその7)

乾燥機で乾燥作業をおこない、玄米水分が15%になったら(うちでは14.5%)乾燥作業は終了。つぎに玄米にして袋詰め、いわゆる籾摺作業です。

Img_1664

まず、うつしこみにある(乾燥作業が終わったら、乾燥機をからにするため、この場所(貯蔵庫とでもいいましょうかね)に移します)籾をもみ擦り機に排出します。

Img_1665

籾摺機には2つのゴムローラの間をくぐりぬけることで、籾殻と玄米に分かれます。

Img_1667

籾殻は外へ排出

Img_1666

玄米はよい玄米悪い玄米に選別され、

Img_1669

よい玄米のみ袋詰めの機械へ排出されます。

Img_1668

この機械でさらに選別され、玄米の大きさが規定以下なら屑米として出荷、

Img_1670

皆さんが口にする玄米は袋詰めされます。 こんな感じで、規定重量に達したら、警告ブザーと同時に袋詰めが止まります。 作業はこの繰り返し。昔のことを思えば楽になったもんです。

Banner_04こちらのクリックもよろしくお願いします。

稲作日記NO26(稲刈りその6)

コンバインで稲を刈り、米を軽トラにのせたら次は乾燥です。その昔ははでにかけて天日で干し乾燥させましたが、現代は石油を燃やした熱風で乾燥させ、15%を目標に乾燥です。ただし刈り取り直後は同じ田んぼでも水分に大きな村があります。たとえば今年のように直前に台風がくると倒れたところと立っていたところでは水分が5%から10%かわります。なので刈り取り直後は送風のみを行い、ある程度の水分を落として、本乾燥に入ります。

Banner_04こちらのクリックもよろしくお願いします。

稲作日記NO25(稲刈りその5)

稲刈り作業は昔のように、鎌で刈り、天日で乾燥させ、せん刃こぎをこぎながら脱穀とありますがいまはすべてが機械で実施します。いとこに話したら、知らない、見たことないとの回答。そんな訳で簡単ながら稲刈り風景をご案内します。まずはコンバインで稲刈りです。

コンバインに乗ったらこんな風に見えます。刈り取り部で刈られた稲がコンバインの脱穀部へ搬送されます。 脱穀された籾はコンバインのタンクへ送られ、稲わらはコンバイン後部のカッターで切り刻まれます。 タンクにいっぱいになったら、軽トラのコンテナへ排出です。

排出パイプからコンテナに向けて籾がでてきます。

今乗っているコンバインは排出が終わると、ボタンひとつで排出パイプが自動で格納されます。 軽トラのコンテナいっぱいになったら、自宅にある乾燥機へ排出し、また刈り取り作業をおこないます。 稲刈り作業はこれの繰り返しです。

Banner_04こちらのクリックもよろしくお願いします。

稲作日記NO24(稲刈りその4)

Img_1651

うちの作付けのなかで一番大きな3反の田んぼの稲刈りを行いました。こちらもこの前の台風であさっての方向に倒れています。ただ救いなのが台風以後、それほどの雨が降っていないことでしょうか。雨がつづいて田んぼがぬかるむとさらに刈り取りがやねこいですからね。 P.S.実はまだ刈り取りがすんでいません。(泣)

Banner_04こちらのクリックもよろしくお願いします。

稲作日記NO23(稲刈りその3)

今日も稲刈り。今日の田んぼはうちの中ではもっとも台風で倒れたところ。 うちの田んぼのなかでは中くらいの広さ。たっていればどうってことはないが べったり倒れて、かつ向きがあさっての方向に倒れている。しかもことしは 稗がたくさんはえていてさらに刈り取りを邪魔する状態。やむを得ず手刈りで 稗を刈ってコンバインで刈り取ることの繰り返し。コンバインで吸い上げるために 無駄のないように、一方刈りでおこなったため時間が大幅にかかりました。 コンバインは3条で刈り取り。 えっ、2条でなかったっけ? そうです。購入の運びとなりました。これから支払いを算段しなければなりません。 かなりの出費、どうする?

Banner_04こちらのクリックもよろしくお願いします。

稲作日記NO22(稲刈りその2)

Dscf7343_4

先日の籾摺りのとき、いつもの農機具屋のあんちゃんが、「前に話した、3条刈りのコンバインの試乗車があるので使いませんか?」のお誘い。ことしは長雨+台風+法事と所用にて稲刈りの予定がたたず、はやく刈り取りをしたい+乗ってみたいという気もあり、借りて刈ってみました。 まず感じたのが、3条完全全面刈りというだけあって、稲を踏まず刈り取りがスイスイ、リフトシャット機能というのがあり、刈り取り部をあげると、刈り取り部+脱穀部が自動停止、強制書き込みスイッチ、倒伏刈りスイッチといままでになかった機能のおかげで楽にかれました。3条刈りだけあっていいですね。

Banner_04こちらのクリックもよろしくお願いします。

稲作日記NO23(乾燥作業)

稲作日記NO() 稲作日記NO() 黄金色でいつでも刈りとりしたいのですが前回の籾が高水分なので乾燥に時間がかかって刈り取りできません。

Banner_04こちらのクリックもよろしくお願いします。

稲作日記NO21( 籾摺り)

稲作日記NO21(
 籾摺り)

今日は籾摺りを新しい機械でしました。いつものあんちゃんに最初なので調整を頼み、籾摺り作業につきあってもらいました。前の機械にくらべ、処理能力が高いので、作業は早くできそうです。たいへんでしたがなんとか上手く出来ました。

Banner_04こちらのクリックもよろしくお願いします。

稲作日記NO20(稲刈り)

Dscf7336

稲刈りを始めました。 秋の長雨とはよくいうもので、日本列島に秋雨前線が停滞しております。 今日と明日はいい天気でどこの農家も稲刈りと思います。うちもその一つで、コンバインをつかって 稲刈りを行います。うちのは2条刈りグレンタンクタイプなので刈り取った後のもみの搬出は楽なのですが 2条刈りなので時間がかかります。乾燥機は24石タイプなので、3反ぐらいは許容範囲なのですが、 刈り取りに時間がかかり、今日は結局1枚の田んぼだけで終わってしまいました。 24−9=15石まだ刈り取れるのですが、時間がありませんでした。 明日また稲刈りをすればいいじゃん、と思うでしょうが、乾燥作業がとても時間がかかるので 明日はできません。 お天気がよければ、全く愚痴はでないのですが、何やら台風が来ている様子、最悪です。 3条刈りや4条刈りがほしいなとおもう今日この頃です。

Dscf7328

息子が興味本位でコンテナに籾が排出されるのをみております。だっこしているのは嫁のいとこです。

Banner_04こちらのクリックもよろしくお願いします。