FC2ブログ

稲作日記NO24

Ine06

稲の花が咲き、受粉がおわると、いよいよお米の本体が育っていきます。”稲穂”とよべるまであと1ヶ月ぐらいですね。

Inekari

近所では5月の連休で植えた早稲品種の稲刈りが行われていました。8月の稲刈りは気温が高いため稲刈りがすんだら、すぐに乾燥機へ投入して送風作業が必要となります。少しでも遅れると高温障害で米の質が落ちてしまうのです。

稲作日記NO23

Ine04

だいぶ成長しました。いまは腰ぐらいの高さがあります。写真をよくみると稲穂がでていて、白い点のようなものが見えていると思います。これは米の花です。夕立のあとで撮った写真なので、雨つゆがたくさんついています。実はこのあとの作業でトラブル発生です。

稲作日記NO22

Ine03

今日はお休みでしたが、田んぼの草がとても伸びていたので朝早くから刈りはじめました。朝6:30ぐらいからはじめて9:00すぎにおわりました。真昼の灼熱地獄にくらべたら天国です。

Yudachi

畑も耕し、夕方に補肥えを散布しようかなあ、とおもっていたら、空にはもくもくと積乱雲が・・・。昨日も局地的な雨とすさまじい稲光で、また今日も・・・・と思うと。

Hogoe

蒸し暑さが残っていますが、急いで散布作業を行いました。(急いでいたので、軽トラの助手席が半ドアですが・・(笑))

散布機がもう古くて、スムースに作業がいかなかったのですが、夕立にあわず何とかできました。ふー。