FC2ブログ

稲作日記NO8

お休み2日目は播種作業をおこないました。播種作業そのものは楽なのですが、その前後が結構大変です。

準備

Tanemaki1

種まきを行う苗箱と土です。土は専用のものであらかじめ、肥料も混ざっています。

播種作業

Tanemaki2

自動播種機です。手前から箱をおくとベルトコンベア方式で床土→水→種籾→かぶせ土で出来上がり。向こうの軽トラは荷台にできあがった苗箱を積み上げます。

Tanemaki3

Tanemaki4

ここから苗箱をのせていきます。

Tanemaki5

床土をまいて水をかけます。土はブラシによってならされます。

動画はこんな感じです。「MVI_0874.AVI」をダウンロード

Tanemaki6_1

種籾がまかれます。ここではうすまきがポイントです。

Tanemaki7

かぶせ土をまいて完成です。

Tanemaki8

ベルトコンベアででてくるため、コンベアの先端はセンサーがついていて苗箱がくると作業が完全停止して、落ちないようになってます。そのため土や種籾の補充を安心してできます。流れ作業はこちら。「MVI_0876.AVI」をダウンロード

苗箱並べ

Tanemaki9

ならべてシートをかぶせます。そのまえに消毒剤をまいておきます。苗がそろい出るまでシートをはぐらないので、カビなどの細菌があるとだめになるため消毒します。

Tanemaki10

水で薄めて、じょうろでまきます。

Tanemaki11

シートをかぶせて完了。

かたづけ

Tanemaki12

きれいに洗ってまた1年後にお会いしましょう。

今日の作業終了です。おつかれさまー。

稲作日記NO7

本日と明日はお休み。先日からの種籾の浸水作業も大詰め。今日は催芽作業です。芽だし作業ともいいますが、冷水から温水にかえて芽をだす作業です。これまで冷水の13℃で浸していましたが、今日は32℃に変えて浸します。去年も説明しましたが、積算温度で100から130℃あたりで芽が出る計算です。昨日で8日目なので13×8=104℃です。32℃なので半日ぐらいの予定なので朝7時に32℃に変えました。

Saiga1

温水なのでビニールカバーも曇ってます。

Saiga2 Saiga3

微妙ですが、種籾が少し膨らんで、芽が出ていると思います。これでOKです。あすの種まき作業となるのですが、機械をつかうため種籾がぬれすぎていても機械がつまるだけなので、一晩陰干しとして余分な水分をとばします。

Kageboshi

これで明日の作業に移ります。

平行して田んぼもトラクターでくれがえしです。ここ最近雨がよくふるのでしっけていますが

よく練りこんで草をからせれるのでこれで良しとします。

Kouun1

トラクターで耕すときも、前回耕した方向と90度かえてたがやすことで均一化が計れます。

Kouun2

今のトラクターは、作業機の深さ、傾きをすべてコンピュータ制御しているのでどなたでもきれいに耕せるのです。(ナイトライダーみたいでしょ)

きょうはここまで。

稲作日記NO6

24時間消毒液につけておいたものを今度は24時間陰干しします。消毒剤がもみにうっすらついていて、少し白くなっています。

Shinsui1

陰干しが終わったら常温の水(約13℃)につけます。

Shinsui2

最初の3日間は水を入れ替えずにつけておきます。

いつもは最後のときにこの機械で温水をつくりだすのですが今回は循環だけで使っています。(ヒータの温度も13℃になってます)

稲作日記NO5

いよいよ種籾の準備となりました。ことしも本格的に稲作開始です。

Tanemomi1

JAから届いた種籾です。

Tanemomi2

袋には ヒノヒカリと書いてあり、合格印もあります。

Tanemomi3

袋の中には種籾があります。これだけでは本当にヒノヒカリなのかわからないので

Tanemomi4

保証書までついてます。ヒノヒカリで間違いないです。ちなみに産地は東広島市高屋町

重兼農場とあります。ここは東広島でも有数の大規模農業をおこなっているところです。

Tanemomi5

まず行うのは塩水選といって、塩水の比重をつかって、だめなもみといいもみをより分けます。だめなもみは浮いてきます。

Tanemomi6

そのあと、よく洗って塩分をおとし、袋に小分けして消毒を行います。消毒液に24時間つけておきます。

Tanemomi7

この作業をおこなうことでばか苗を予防できます。今日の作業はここまでです。

稲作日記NO4

本日仕事お休み。昨日たくさん雨がふったので、少し躊躇しましたが、後のことを考え田んぼを耕すことに。ほんとは田んぼがある程度乾いていたほうがよかったのですがね。

耕す前に、追加の肥料散布。石灰窒素とようりん。ようりんは化学肥料で石灰窒素はわらくずの分解を進める効き目があり、ほんとは早くから散布しておきたかったのですが、いろいろと別で忙しかったもので。

Hiryou2

毎年のことならがら、らくまきくんを背負って散布です。このらくまきくんもすでに10年活躍していてあちこち痛んでいますから、今年が現役最後かも・・・

Kouun

散布後トラクタで耕します。最初の一番耕は土の塊が大きいほうがよいとされています。なのでロータリー(トラクターの後ろの作業機の名称)のカバーはあけて耕します。

Azesyori1

ロータリの右についている羽どディスクはあぜ際を削るために使います。

Azesyori2

作業をするとこんな感じ。この作業はあとあとのあぜ塗り作業が楽になるのです。

本日はここまで。

稲作日記NO3

本日は仕事がお休みであったため、田んぼに元肥を散布する作業を行いました。

Hiryou

散布肥料は牛糞とみつかね(化学肥料で、窒素、りん、カリウムの3点セット)の散布です。

Toraktarsanpu

牛糞は65袋(一袋:40リットル:液体じゃないよ(笑))、みつかねは30袋(一袋:20kg)なのでトラクターの後ろに散布用作業機を取り付けて作業開始です。

作業機の中は攪拌作業を行いながら散布していきます。

「MVI_0850.AVI」をダウンロード

このような感じで作業を行いますがトラクターの運転席には壁がないので風が吹けば粉だらけです。ですから、作業終了後必ずお風呂直行です。(笑)