FC2ブログ

アドバイス

お米を購入された方、ありがとうございます。まだお渡し出来ていない方ごめんなさい。もう少しお待ちください。新米は米の水分量が多いため、水を気持ちひかえめにするとちょうどよい硬さで炊き上がると思います。

稲作日記NO51

本日、今年JAへ供出したお米の検査の日でした。仕事のため、検査そのものへは出ることが出来ませんでしたが、結果は1等でした。ほっとしました。また来年もがんばるぞー!!。
P.S.今年予約購入の方、1等のなかでも一番おいしいお米をチョイスしてますから、とてもおいしいはずなので、期待しててください。

おなかまさん

豪くん。これかもよろしく。

稲作日記NO50

前回、お伝えしたように、今日はもみすり&袋詰めです。 コンバインで稲を刈ると、もみの水分は27%から33%ぐらいであるので、14.5%を目標に乾燥機で乾燥します。(むかしながらのはでかけも今もしているところはあります。) うちの場合、刈り取り作業後すぐに火を入れることはせず、温風の風(約25度)を送ってある程度、水分をきって火をいれます。(昨年の稲作日記をご覧ください) 乾燥完了後はいったん貯蔵庫へおくります。そしてもみすりとなります。

momisuri1

貯蔵庫からもみすり機へおくられ、まずもみの皮(もみ)を取り除き、玄米状態の米を選別します。

momisuri2

もみがらは外へ排出。

momisuri3

選別して、状態のよくないものは、こちらへどうぞ。

momisuri4

この黒いお皿で確認します。とてもきれいなお米です。(多少青米もありますが・・・)

momisuri5

もみすり機のとなりにある袋詰めで30.5kgになったら、自動的にとまるので、袋を結んで出来上がり。

momisuri6

今年は30kgのお米が134袋。くず米(食べられない悪いお米で、家畜肥料になります)が7袋。合計141袋のしゅうかくとなりました。
P.S.予約の方々、お待たせしました。個々に伺いますのでお待ちになってください。

稲作日記N49

今日は、朝雨がざーっと降っていたため、もみすりをいていましたが、曇りがつづいて降った雨露もかわいたため、残りの田んぼの稲刈りをいっきにすませました。

inekari11

inekari12

inekari13

inekari14

これで今年の稲刈り作業そのものはおしまいです。あとはこれらのもみすりと袋詰めで完了となります。

驚き

本当に驚きなのですが、廉恥さんからお知らせをいただきましたが、ブログ人のフォトにわがコンバイン&稲刈り後の田んぼの写真がのってしまいました。うーん、続けてよかった。

稲作日記NO48

本日も稲刈りをおこないました。雨がふらないので、コンバイン操作は楽なのでよいのですが、気温が30度と残暑もいいとこです。シャツ1枚で稲刈りするのは生まれて初めてです。

inekari7

まずはこの前の残り部分より。きれいに刈り取れました。

inekari8

こちらの田んぼは片側がコンクリートあぜなので、機械でぎりぎりはかれませんから、カマである程度刈ってからコンバインで刈り始めます。

inekari9

こちらはこのブログの成長記録の田んぼです。田植えのことを思うとよくできました。

inekari10

乾燥機がいっぱいになったのでここまででおしまい。ちょうど暗くなってきました。次のおやすみはもみすり作業です。