FC2ブログ

作業はつづくよどこまでも。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年も、ふぁーむたかちゃんちをどうぞよろしくお願いします。

1月に入っても、作業はたくさんありまして、給食用のかぶオーダーもラストに近づき、その合間に白ネギを出荷しております。

さらにその合間に、水稲の土づくりとして、今年は鶏糞と石灰を散布しております。

この動画で運転しているのは、いつもお世話になっている農機具屋さんの新人さんで、トラクターに乗りなれていないとの事なので、乗ってもらいました。(笑)

コンポキャストでの散布なので、意外に難しいですが、仮に失敗してもフォローできるように考えて乗ってもらいました。見た感じでは問題ないですがね。

2019-01-16.jpg 
散布量としては、鶏糞は反当150㎏ 石灰は反当20㎏です。石灰はもう少し量を上げてもいいかなと思いましたが・・・。

今年から5haになったので、散布量もまあたくさん。鶏糞を扱っているホームセンターで購入し、2トントラックでえっちらおっちら圃場へ配布。鶏糞は10パレット分でなかなかの量でしたね。

2019-01-17.jpg昨年まではディスクロータリで山にしてましたが、今年はロータリー耕運で、一番最初は浅めにしましたが、爪がないので、即オーダー。まあ5haともなれば、年一で交換になりますね。トラクターは1台しかないので、トラクターもお疲れモードです。

そんなわけで、いろんな作業をしながらの更新になりますので、ブログは不定期になりますが、なにとぞごひいきに。 

トラブル

IMG_1793.jpg
今月に入って、というより、10日ぐらいまえよりかぶの学校給食オーダー分がさく裂しておりましてしかも、100㎏、200㎏とオーダーが続いております。収穫かごに一杯に入れると20kg以上になり、おいそれと運ぶのもしんどいです。なのでもみ殻撒きをダンプ代わりにトラクターで運んでおりますが、本日そのトラクターのエンジンがかからなくなるトラブルが。キーを回してもセルが回りません。セルモーターがトラブルか、と考えてしまいました。間もなく1000時間越えになるトラクターなので、何が起こってもおかしくないからです。
IMG_1797.jpg 
圃場のど真ん中にポツン。
三菱のいつものあんちゃんに相談、「バッテリーかもね」と。まあ、自分自身もそれもかんがえていたし、前回のバッテリー交換から随分と時間もたっているので。
IMG_1794.jpg 
バッテリーの規格は95D31R。わかる人はあれですが、でっかいんです。トラクターのバッテリーは。
で注文してもいいですが、今日の仕事ができないので、近くのオートバックスへ。
ラッキーなことに在庫がありまして、即お買い上げ。

お値段、25000円 !!

交換を行い、キーを回すと無事にエンジンはかかりました。新品はいいですね。セルモータの回る力もとてもいいです。

この冬の野菜価格が下落しているので、バッテリー分を取り戻さないと大変です。

師走だけあって、いろいろと物入りですね。

サブソイラ作業と肥料設計、発注

まだ秋の作業の片づけもママらないのですが、すでに次のコメ作りはスタートしてます。
土づくりのため、堆肥として牛糞堆肥を導入したいのですが現状の散布能力と堆肥5町分の資材は私の周りではなかなか集められないので、コストの面も考えて鶏糞と牡蠣殻石灰を散布することにしました。で合わせて500袋近くあるので、ホームセンターに発注。リフトはないので、2トントラックをレンタルし、家に置かずそのまま圃場へ置くことに。そうすればすぐに散布ができるし手間は省けるし。合わせて種籾や基肥も発注。
で、その堆肥散布の前に圃場にサブソイラ作業を行いました。
2018-11-301.jpg 

スガノの白い農機のサブソイラです。田んぼなので、弾丸暗渠を付けての作業です。
2018-11-302.jpg 
田んぼに対して斜めにかけてます。これは代掻きをして田植えをする際に田植え機が弾丸暗渠のラインを踏んで植付姿勢が崩れてしまうのを防ぐためです。

ちなみに、農機具は田植え機とかコンバインとか年に一回しか使わないとよく言われますが、このサブソイラは畑作業でも使うので、重宝しております。

かぶの収穫もしながらなので、耕運作業までのたくさんのやることを今のうちに少しづつ進めております。

積載車 → トラクタートレーラ → トラクター

専業農家に切り替えて3年目。世間では農家の高齢化と、補助金廃止の影響もあってか、担い手である私のところに作付けしてほしいといろいろな方面からお話しがあります。
今現在、家の周りを中心ですが、少しづつ離れた場所もふえてきております。
eria.png 
まだ、これ以外に車で20分ぐらいの圃場があります。
また私の地域は都市化も進んでおり、いろんな意味で気を遣う農業にならざるを得ません。
道路もドロドロにできませんし、薬剤散布もしずらいです。(水稲は出穂前後の防除はうちはしません、カメとかは色選でバーンと)
ここ最近、農機具の移動手段を考えるようになりました。かなり離れている場所は、農機具屋のご厚意で積載車で運んでくれるのですが、いつまでも甘えるわけにはいきませんからね。ちなみに積載車はこんなの。
e9198e42.jpg *ネット上にあった写真
よく、車屋さんとかにありますよね。これ普通に購入すると、500万とかざらにします。あるに越したことないですが、毎年車検の維持費や駐車場所などまだ私には問題山積です。
次にでるのが、トラクタートレーラーです。トラクターの後ろにくっつけて引っ張るのです。
work_l_16.jpg *ネット上にあった写真
この緑の部分。今コンバインが載ってますが、うちのコンバインに近い大きさなのでこんな感じ。
これがあれば、コンバインとかの重車両も、のろまな田植え機も移動がはやいですよね。お値段は150万前後。
でも、私のうちにあるトラクターは25馬力。うちのコンバインを積載しけん引できるとなると50馬力前後は必須。
101.png *三菱マヒンドラ農機のWebにある写真
ちなみに50馬力で600万前後。トラクターは大型にすれば、効率は上がりますし、なにかと便利ですし、キャビンですし(笑)認定農業者の5年計画にも導入することを記載してます。
ハーフクローラが何かといいのは重々承知ですが、自走には不向きなので、将来積載車そのものを持てる時が来たらクローラタイプですかね。

まあ、一人作業なのでお金はかかるけどがんばって、クリアできるようにしたいです。


やっぱりこれが・・・・

にこまる
特別栽培米のにこまる。
品質の検査結果が帰ってきました。
やっぱり脂肪酸度が引っかかりました。
籾摺りの時も十分に注意したのになあ。
田植えから稲刈りまでの間の生育の際に、もっと注意できることがあるような気がするんだけど、暗中模索中です。
食味値は86ですが、ここも90以上を狙うようにしなければ、納得できないし、まだまだ改善できるはず!!

昨日、水稲の研修にいきましたが、参加したほとんどが法人のなか個人で参加。研修の中で出てきたキーワードはいくつかありますが、やっぱり
P 計画
D 実行
C 評価
A 改善 
です。どの世界もそうですが、これができないとダメですよね。

以前にいた前職でもこれをしっかりといわれていたのを思い出しました。(笑)

水稲においては、Dはほぼおわったので、Cをみて、Aを考え、Pをたてる、でしょうかね。
ゆめまる・東広島ブランド
???????
広島ブランドロゴ
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
きーわーど

特別栽培米 にこまる 土作り なす フルーツパプリカ こどもピーマン ココノエモチ 育苗 草刈り バケツ稲作 農業機械 春菊 かぶ とうもろこし 安納芋 ホワイトスター ピーマン 稲刈り 古代米 丹波産黒大豆 かぼちゃ レタス にんじん 田植え ブロッコリー インゲン 白ネギ 疎植試験 中干し プール育苗 籾すり サラダほうれん草 アスパラ菜 籾殻処理 落花生 畦塗り 支柱立て ちぐさ 定植 農薬散布 マルチ張り 肥料散布 誘引 えだまめ 畝立て 四角いトマト 長ネギ 防除作業 丹波黒大豆 籾摺り 枝豆 はくさい 極早生花菜 人参 追肥 まいたろう ヒノヒカリ 恋みどり つるなしインゲン 苗作り 竹パウダー 播種作業 スティックセニョール 資材 きゅうり ラディッシュ マルチ作業 圃場整備 かたずけ サブソイラ 大かぶ ミニトマト ダイコン 排水 代掻き 管理機メンテナンス 籾がらまき 掃除 くさむね 除草剤散布 除草作業 しろねぎ コンバイン 四角いトマトの観察 販路拡大 いねかり 水浸作業 さつまいも 穂肥散布 白ねぎ 恋の予感 支柱建て ひえ 籾殻コンテナ ラジオ いんげん 食味検査 つるなしいんげん ゆめまる スパイダー ホワイトスターのは種 地産地消 水やり 一発除草剤 規模拡大 トラクター とまと ソルゴー への字 ほうれん草 研修 春菊、水菜、丹波産黒大豆 でかピーマン 収穫 ししとう セロリ 乾燥機 水菜 認定農業者 誘引作業 塩水選 浸水作業 もち米 ナス もち 堆肥散布 支柱補強 安穏芋 ハダニ スパイダー850A 水タンク 活力剤 道具 ラディッシュ、なす 催芽作業 出荷 ごんべい 筑陽 もみがら 白菜 ラジコンヘリ うどん粉病 だいこん 講習会 冬期作物 籾殻散布 トマト 基肥散布