FC2ブログ

稲作日記NO279(野菜の様子)

春菊ブロッコリーレタスですが、暖冬の影響か、はじめての作付けにしては順調ではないでしょうか。

春菊は主枝を収穫した後、脇芽が伸びたのを収穫しています。ただし全ての株がまんべんなく成長しているわけではないため成長はバラバラ。なので成長が遅れ気味なのは主枝を収穫して、早いのは脇芽を収穫しているような感じです。

20151220195727604.jpg
こちらは後から苗を定植した春菊、極端二暖かい日があったのですこし助長しているかもしれません。

20151220195731087.jpg

こちらはブロッコリー。常時トンネル掛けですから、害虫被害はおかげさまでありません。様子をみながら次の追肥と中耕が必要かと思ってます。

20151220195721159.jpg
こちらはレタス。葉物でも一番ドキドキしながら作っているものです。中心がすこしづつ巻き始めてきました。こちらも常時トンネルなので害虫被害はありませんが、トンネルの不織布と接触しているところが茶色く、痛んでおりました。気持ち葉色ももうすこし緑がかってもいいかなあと思ってますが・・・。

こんなところであります。



Tag : 春菊 ブロッコリー レタス

稲作日記NO273(考察)

春菊は播種したのが大半ですが、一部定植をしたものも。しかも無謀にも時期をずらして。
当然そのままでは、成長しないのでトンネルをしていたのですが、不繊布ではなく、ビニールをかけてどれくらい変わるものか実験をしていました。

先日の暴風で、当然こちらも「崩壊」したので修繕をしたのですが、成長度合いは明らかにビニールですね。
透明なので、日光の遮光率は100%に近いですし、冷たい風はシャットアウト。いいことづくめですが、助長しやすい条件になるので、少しでも天気が良いと一気に来ますね。ここは注意点です。あとは資材コストが高いですね。

20151212211339761.jpg

黒マルチの中で、繁っている株が多かったので、穴を手で拡大して日光が当たるようにしておき、トンネル掛け終了。

あと見てお判りですが、大雨の影響で排水が追いついていないですが・・・。
ちなみに左の畝はほうれん草ですが、こちらはちょっと失敗です。大雨で根腐れが一気に来てしまいました。

路地での葉物は、排水をしっかりすることと、高畝にすることですね。管理機の溝切りでは残念ながら限界があるようです。こりゃ早く畝立てマシーンが必要です。



Tag : 春菊 水菜

稲作日記NO266(寒空の下で・・・)

今日は朝から寒い寒い日でした。とはいえいままでが異常に暖かい状態がつづいていたのでいつもの冬将軍が顔を覗かせてたというのが本当かもしれません。空は「あーあ、雪雲じゃねえ」という雲がどんよりと居座り、低気圧により北風がピューピュー。つなぎの下に暖かい服はもちろん、首回りにはタオルをまいて冷たい風が入らぬように・・・

20151126202307143.jpg
写真のように春菊はだいぶん茂りも盛んになってきました。1日で10kg出荷を目標にしているのですが、畝全体がこんなにはできていないので、残念ながら目標には届いていません。一人作業だと、包装をするまでの時間がかかりすぎるので最初に収穫したものは葉がしおれることも。(もちろん冷水につけておくのは行ってますが・・・)

ベテラン農家の方がみたら、畝間が狭いと思うでしょう。その通りで、狭いのが収穫作業を楽にできなくしてしまっている状況です。このあたりは来季の課題でしょうか。

明日の朝は今季一番の冷え込みだとか。

農家の皆さん、屋外作業を行う時は、防寒対策を万全に。


Tag : 春菊

稲作日記NO263(春菊の出荷)

11月下旬となり春菊の成長も随分と大きくなりました。
が、畝全体を見ると土壌水分量が多い箇所は成長が遅れています。管理機の畝立ては限界があるので畝の谷部分が浅いので高畝にできていないことが要因です。早く畝立て機を買ってビシッとしないと作れる作物も作れません。私の課題の一つです。

とはいえ、春菊も次から次に生えているところもあるので、収穫作業も行なっています。

本当は1日100パック(1パック=100g)を目標にしているのですが、成長ムラのため、到達できていないのが実情です。

20151123_083124.jpg

今日は朝一で収穫を始めたのと、朝方は天気も曇りだったので、蒸散作用はなかったのですが、念のため冷水に津けておきました。

良い状態での出荷ができています。(自画自賛)

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★

2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!

■■■■回答者全員に5000円!!■■■■

Tag : 春菊

稲作日記NO260(失敗)

お昼に春菊の出荷をしようとした矢先、JA担当から電話。
「先日出荷いただいた春菊が破棄になりました。理由はしおれかけがあるためです。」と。
(ここではそっけなく書いてますが、もっと丁寧に説明してくれましたよ。実際は)

あちゃー。(*゚Q゚*)

実際、収穫して3時間ぐらいだったのでいけると思ったのですが、厳しい審査には通らなかったようです。

なんとなくは、思い当たる節があります。

春菊を収穫し包装するまでの間の取り扱い

多分、先輩方は保冷をされていると思うのですが、していなかったこと、多分これです。しかしながら、保冷庫はまだ持っていないのでじゃあどうするか?しかも出荷直前ですでに包装していたので、これらをどうしようか悩んだのですが、今回の出荷分は大丈夫だとおもい、「となりの農家」へ。

出荷手続きに行くと、他の農家の方もたくさんおられましたが、おばちゃんが、私の春菊をみて

「出してもすぐ引っ込められるよ。葉先がしおれかけているでしょ。朝一で出しても昼にはさげられたものもあるからね」と指摘が。

「しおれたのを冷水につけんさい。そうしたらシャキッとなるけん。あと包装は空気に触れんよう袋とじにしたんがええよ。」とあわせてアドバイスをいただきました。

「ありがとうございます。勉強になりました」とお礼をいって帰宅。

私も保冷庫を買わないといけないと思いながらも、なんとかなるかなとたかをくくっていましたが、そうは問屋が卸さなかったです。

続きを読む »

Tag : 春菊