FC2ブログ

遅い秋おこし

もう令和2年も1ヶ月がおわり、2月になってます。今年は異常な暖冬で冬野菜の値段もくずれているようで、日本古来の春夏秋冬は絶対必用ですね。

11月からはじまったカブの収穫作業もまもなく終わり、入れ替わりで白ネギ収穫が始まりました。今年は冬になるまでの成長は計画どおりでしたが、暖冬の影響で成長が続いています。分岐点から4から5cm伸びているので、近いうちに土揚げをしっかりとしておきたいと思ってます。

タイトルの秋おこしは、稲刈りが終わった田んぼの耕運作業です。稲刈りが終わったらすぐに行うべきでしたが、我が家はこんな時期になってしまいました。

IMG_3104.png
まず、トラクターのロータリの刃が柳刃包丁のように摩耗していたので、高耐久の替刃に交換をおこない、

交換作業にはこれが便利。
 

IMG_3105.png

交換作業が終わり次第、作業開始。
IMG_3106.png
先日季節外れの大雨で田んぼには水が溜まっていましたが、耕運をすることで早く水が履けるのは経験済。ただし、ロータリフラップは上げたままの耕運作業。当然深耕センサーは聞かないので、エンジン負荷がかかると作業機が上がる「Sモード」での作業です。ちなみは我が家は尾輪をつかています。
IMG_3107.png
今回は白鷺がお供するかと思いきや、カラスの大群が押し寄せて、耕運したところから餌をついばんでいました。
IMG_3110.png
大体、1日1haペースで5日ぐらいかな。(1日中の作業ではありません。4,5時間程度が作業時間です) 夏野菜圃場の片付けや冬野菜の出荷など作業てんこ盛りなので、少しづつ勧めています。

とうとう家のトラクター1200時間を超えました。倍速ターンの効きも怪しくなり、一つ一つの機能に障害が出始めました。しゃーないですが・・・・(笑)

注文あれこれ

年明けの1月は、今年度作付けする、野菜、お米の種や苗、肥料、農薬とオーダをかけないといけません。私もまだまだではありますが、「この肥料をあげたらこうなる」のようなイメージがやっとできるようになりました。
2020-01-08.jpg
これは、ナス用の注文書。

他の注文書もあわせて、時間かけてオーダします。(締め切り間近ですが・・・)


カブのアピール

本日、お昼にNHKのひるまえ産直市に出演してきました。

2019-12-171.jpg
10時前に大手町のNHK広島放送局についたのですが、もうすでに他の新鮮な野菜がならんで多くのお客様が購入されていました。しかも今日は雨。でも多くのお客様でした。
2019-12-173.jpg
私のかぶは計120玉持っていったのですが、かごを会場に搬入した直後から、多くのお客様にかぶを手にとってもらい、あっという間に売れていきました。鮮度が高いのは間違いないのですが、葉付きかぶでのインパクトは大きかったようです。

2019-12-172.jpg
この写真でもわかるように、他の野菜にくらべて目立つでしょう(笑)

本日一緒に番組をご担当いただく、小畠アナウンサーと名刺交換後、何度かのリハーサル。前日にきっちりとした原稿をもらって、リハーサルはタイムキーパーのお姉さんが「1分前」・・・「15秒前」と。テレビの生中継になってきました。

あっという間に本番終了。 さあ、かぶのアピールはできたかな?

皆さん。産直市で「ふぁーむたかちゃんち」の名前のラベルのカブを買ってね。

初のテレビ生中継は怒涛の如く終わりました。

NHKひるまえ産直市

先日から、最寄りの元気市へかぶを出荷しています。
葉付きかぶで出荷のため、売れなければ葉はしおれ見た目もよくなく売れ残り。元気市は多くの農家が丹精込めて作った食材が並ぶので、それらに勝ち残らないといけません。少しづつ様子を見ていたのですが、当日出荷、当日完売のペースがつかめてきたので、年末にむけて少しづつ出荷量を増やしていこうかと思ってます。

そんななか、NHKひるまえ産直市にかぶの生産者として出演することになりました。

nhk.jpg
かぶ生産者の代表でいくのでいささか緊張しますが、がんばって宣伝してきます。
中継は見なくてもいいので、かぶを買ってね。(笑)

SNSを使った展開

いまや、誰もがもっているスマホ。いつでもどんなときでも情報を得られ便利な時代になってきました。ふぁーむたかちゃんちもブログ時代から自分の記録として初めて、いまやfacebookで情報発信をするまでになり、多くの方々に商品を見て頂ける状態になってきました。

先日近畿大学工学部情報学科教育情報システム研究室のLINEBotを使った情報発信実証実験に参加シました。今日の日本農業新聞にも掲載されています。

2019-12-043.jpgいまやSNSのトップとなるLINEをつかっての東広島農家の情報発信をするというもので本日から私の情報も出ております。


LINEを使った販売促進で地元農作物の付加価値向上をめざす 学生制作のシステムの実証実験をJA「とれたて元気市」で開始

LINEの友達検索の虫めがねの欄にベジトモ【とれたて元気市となりの農家店】と入れてみてください。


QRコードはこちら vegetomo_qr_0.jpg


2019-12-042.png

このような画面が見えると思います。


ちなみに私は「商品をさがす」で「かぶ」にて見つけられると思います。


よろしくおねがいします

総合学習

今年9月から小学校の総合学習の枠で農業のことについて、こどもたちと一緒にかぶを植えて農業の入り口を体験してもらう授業の先生チックなことを行い、先日収穫しました。
CIMG6266.jpg
播種以降の雨が少なく、発芽がかなり歯抜けだったので、子どもたちひとりひとりにかぶができるか、非常に不安でしたが、かぶの頑張りのおかげで個数は確保。とても大きなかぶもでき、ほっとしました。
来季も総合学習の時間があると思うので、先生チックはもう少し続きます。・

圃場均平化にむけて2

前回の浅いすき込みから、深いすき込みを行いました。
菌の作用は土の状態が変わりますね。今年度は土作りとして、鶏糞とカキ殻石灰をいれてますが、鶏糞の中にもいろいろな菌が入ってますからふわふわ感が現れているようです。
2019-11-241.jpg
藁の分解ペースは、気温が高めの日がつづいているので2月あたりではかなりなくなっていてほしいです。
2019-11-242.jpg2019-11-242.jpg
ふわふわ感満載だとおもいません?

野菜播種機ごんべえ HS-600LH

新品価格
¥38,610から
(2019/11/27 13:15時点)

農業管理ソフト

今日は寒気様が来られ、寒い朝です。

農作業は見直しもあるので、作業記録はとても大事。でも作業におわれ、そのあとで記録することに時間を取られるのも本末転倒。短時間で効率よく記録できれば・・・と皆さん思っているでしょう。

ふぁーむたかちゃんちではフェースファームを使ってました。スマホでも使えるのですが個人的見解ですが、ちょっと使いにくくて。いろいろと頑張っては見たものの私のiphoneにはあまり向かないのかな、という動作。

先日スマート農業の講習会があり、先進農家さんが使っておられるアグリノートを導入シてみました。

agrinote.png

まだ使って日が浅いですが、iphoneアプリの動作は以前のアプリよりは軽快に感じ、わかりやすいUIかなと思ってます。これからのスマート農業に対応した機械等にも対応できているようですし、将来性もあるかなと。

最後に、どんなツールを使うにしてもコツコツやっていくのが必須ですが・・・・(笑)


圃場均平化にむけて1

稲刈りも終わり、籾摺りがあと少し残ってますが、先行して作業をしたい事がありました。
ふぁーむたかちゃんち所有の3反圃場があります。広さは受け持つすべての圃場の中で2番目です。
小さいときからトラクターに乗って耕運、代掻き、田植え機で田植えをし、コンバインで稲を刈り・・・

今のように、水稲の栽培の仕組みがわかってなく、ただトラクターやコンバインに乗って作業をするときの機械の操作って以外に雑。それが積み重なって、代掻きの均平だけではうまく行かなくなってきました。なので水を張っても島がどうしても出るし、そのため除草剤もかず。そのため追加除草となり悪循環。除草費用も別途かかり、特別栽培米圃場なので、できるだけ農薬は取りやめたい。

節減対象農薬の使用状況
使用資材名      用途 使用回数
ピラクロニル 除草 1
イプフェンカルバゾン 除草 1
テフリルトリオン   除草 1
シハロホップブチル 除草 1

こちらは今年の特別栽培米で使った農薬です。うちは温湯消毒で種籾消毒しますし、殺虫剤は使わないのでこれだけです。
ピラクロニルは代掻きしたあとに散布、イプフェンカルバソン、テフリツトリオンは田植え後、シハロホップブチルは稗対応の通称「クリンチャー」と呼ばれる除草剤。

均平ができれば、稗は抑えられるので「クリンチャー」もさよならできます。

個人的見解なので間違ったことを言っているかもしれませんが、土中の中には薬剤は残っていると思うので「にこまる」の本当の味は出ていないんじゃないかと。無農薬にすれば・・・と思いますが、作業を一人で行うので、除草だけは薬を使わせてもらってます。

今年は色々と思うこともあり、水稲も基本の基にもどって見つめ直すところに来ていると思うので、来季は初心に戻ってみようと思います。

そこで、均平作業で補えないこの圃場に、レベラーをかけることにしました。昨年一度考えたのですがちょっとできなかったので今年はレベラー実施に向け、作業開始。

刈り取り後の圃場には、コンバインから吐き出された藁がいっぱい。レベラーをかけるときにこの藁があると均平作業に支障が出るため、早く土中での分解が必要です。分解するためには窒素がある程度必要ですが、特栽の圃場のため、今回は「アグリ革命」という資材を使いました。微生物分解のため窒素カウントはありません。最近はいつも聞いているRCCラジオでも宣伝してます。

反当2kgで良いので、動力散布機でさーっと散布。朝露で湿り気ありなので、アグリ革命の散布タイミングにもピッタリ。
2019-11-13.jpg
すぐにトラクターですき込みを開始。浅めのすき込みで良いため、車速も1段階上げて作業ができ、時間短縮。
アグリ革命の状況を追っかけてみたいと思います。
ちなみに、レベラーをかけれるようになるまで、土を細かくしないといけないので、7,8回ぐらいはロータリーがけが必要のようです。頑張ってみます。

こちらから冬の味覚はいかがですか? アルディー食品館

恋の予感の稲刈り開始

毎度、稲刈り案件ばかりでつまらないですが、稲刈りです。
家から離れているので、刈り取り → 籾運び → 乾燥機搬入 → 刈り取り の繰り返し。
しかもウンカ被害を受けた圃場なので、刈り取りペースも遅め。
2019-11-01.jpg
一枚目の圃場が一番被害が少ないので、排わらは裁断せずにそのまま吐き出し。(稲わらの要望があったので) 約2反分のわらはあると思います。(足りるかな)

右にチラリと見えますが、連続して刈り取りしてますが、1台目の乾燥機満タンと17:00を過ぎてきたので、今日は終了。

明日も稲刈りと行きたいですが、PTA関連の行事のため1日潰れるので、おやすみです。

TVで放送されたコウネはこちら コウネ コーネ 500g 広島 名物 牛 焼肉 バーベキュー グルメ ソウルフード 激ウマ! お歳暮 冷凍

価格:3,980円
(2019/11/1 18:50時点)
感想(3件)

ゆめまる・東広島ブランド
???????
広島ブランドロゴ
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
きーわーど

特別栽培米 にこまる 土作り なす フルーツパプリカ こどもピーマン ココノエモチ 育苗 草刈り バケツ稲作 農業機械 春菊 かぶ とうもろこし 安納芋 ホワイトスター ピーマン 稲刈り 古代米 丹波産黒大豆 かぼちゃ レタス にんじん 田植え ブロッコリー インゲン 白ネギ 疎植試験 中干し プール育苗 籾すり サラダほうれん草 アスパラ菜 籾殻処理 落花生 畦塗り 支柱立て ちぐさ 定植 農薬散布 マルチ張り 肥料散布 誘引 えだまめ 畝立て 四角いトマト 長ネギ 防除作業 丹波黒大豆 籾摺り 枝豆 はくさい 極早生花菜 人参 追肥 まいたろう ヒノヒカリ 恋みどり つるなしインゲン 苗作り 竹パウダー 播種作業 スティックセニョール 資材 きゅうり ラディッシュ マルチ作業 圃場整備 かたずけ サブソイラ 大かぶ ミニトマト ダイコン 排水 代掻き 管理機メンテナンス 籾がらまき 掃除 くさむね 除草剤散布 除草作業 しろねぎ コンバイン 四角いトマトの観察 販路拡大 いねかり 水浸作業 さつまいも 穂肥散布 白ねぎ 恋の予感 支柱建て ひえ 籾殻コンテナ ラジオ いんげん 食味検査 つるなしいんげん ゆめまる スパイダー ホワイトスターのは種 地産地消 水やり 一発除草剤 規模拡大 トラクター とまと ソルゴー への字 ほうれん草 研修 春菊、水菜、丹波産黒大豆 でかピーマン 収穫 ししとう セロリ 乾燥機 水菜 認定農業者 誘引作業 塩水選 浸水作業 もち米 ナス もち 堆肥散布 支柱補強 安穏芋 ハダニ スパイダー850A 水タンク 活力剤 道具 ラディッシュ、なす 催芽作業 出荷 ごんべい 筑陽 もみがら 白菜 ラジコンヘリ うどん粉病 だいこん 講習会 冬期作物 籾殻散布 トマト 基肥散布