FC2ブログ

定植準備

2019-03-15.jpg

家の前の圃場は、ナスとネギのエリアで準備をしてますが、一部はフリーになっているところがあるので玉レタス シスコ を定植予定です。

レタス収穫後の後処理は田植えも終わり、ナス、ピーマンに掛かりきりで、かつ熱いさなかの作業だと思うので、少しでも楽をするため、マルチは生分解マルチ サンバイオ の150cmを導入しました。
生分解マルチとは、日数が経つにつれビニールが土中へ分解されるので、マルチの回収、廃棄処分が不要です。トラクターで漉き込めばそれで終わり。

ちなみにマルチなしの畝には人参を植える予定です。

確定申告

昨日平成30年の確定申告提出が終わりました。
農業部門で言えば、右肩上がりです。少しづつではありますが、まわりはじめています。いろんな意味で。ひとりですべてをやっているので、模索しながらの状況でしたが、形がすこしづつみえてきたかなあと。
水稲部門は面積が毎年増えているので、当然売り上げも上がるのですが、問題は野菜部門ですね。昨年の異常気象で売り上げにばらつきがあります。どんな時でも出荷できるのがプロ農家なんですよね。

専業でしているので、生活費もここからなので、まだ余裕はありませんが、最小のコストで最大のパフォーマンスが出せれるように頑張りたいと思ってます。

ところで、お昼にお弁当を買ってきたら、
1、経費になる。
2、事業主貸扱い。
どっちなんですかね。法人でもないから2であってると思ってますが。

ビニールハウス

2019-03-09.jpg
家の横に簡易ビニールハウスを作ってます。

春先はどうしても寒いので、育苗には欠かせませんが、大きなビニールハウスはまだ先とおもって今は簡易ビニールでいろいろと勉強していきたいと思ってます。

ひとまずは、棚をつくってネギの育苗になるでしょう。

組み立てをしてみて、いろいろと発見があります。これもまた修行ですね。

温室での難しさも発見するでしょうね。

あの去年の熱波が来たらこの温室はいったい何度になるのやら・・・・

ナスとネギの圃場準備

今年からナスとピーマン、ネギの圃場をかえるので、その準備です。かぶ、ネギの一つの圃場とピーマンの圃場だった場所をきれいにしました。
2019-02-275.jpg 
前日に畝はロータリー耕運で崩してきれいにしており、写真の通りサブソイラにてガンガンに硬盤を崩していきました。3年目になると田んぼ土は完全に畑土になりサブソイラを引くのもトラクターは軽々と引いていきました。サブソイラをひく間隔は隣接で引いていき、サブソイラを引いた間をさらにひいていったので80cm間隔ぐらいです。ちなみにここはピーマン圃場からネギ圃場になる予定。
2019-02-271.jpg 
作業完了後の写真。
2019-02-274.jpg 
サブソイラを初めて引いた時は粘土層が出てましたが、だいぶん畑土に変化してます。もちろん粘土土が出て来たところもありますよ。あと田んぼは弾丸ですが、畑はウイングをつけてます。
2019-02-273.jpg 
化石も拾いました。(笑)
2019-02-272.jpg 
こちらは、ネギ(手前)、かぶ(奥)でしたが、ナス(奥)、葉物・その他(手前)になる予定。
雨がしっかりと降る予定なのでその前にサブソイラが引けて何よりです。

分解と清掃

やっと我が家の籾摺りラインの清掃作業を行いました。
2019-02-16.jpg 
籾摺りラインには、籾摺り機、ライスグレーダー、色彩選別機、計量袋詰め、コンプレッサー一式とたくさんの機械があるのですが、順番にうまくやらないとはかどりません。何せ狭い部屋に詰め込んであるので(笑)。
写真は、色彩選別機をバラしてある状態。下部の灰色の箱をとって掃除します。
掃除機とエアーとほうきとちりとり。電動ドライバーとシール剥がしでつかうヘラ。

シール剥がしのヘラは何に使うかというと、これらの機械特に色彩選別機にはぬかが固まって着いてしまうんです。なのでへらでこそぎ落とします。
2019-02-161.jpg 
1日がかりで掃除をおわらせて綺麗になりました。

2019-02-182.jpg 
はいこちらは、24石の乾燥機がバラバラにされて、車庫に移動してます。
なんでこんな状態なのかはあとあとお伝えします。
疲れました。ハイ

イタリアからのお客様

農業の世界も日本だけでなく、世界に目を向けるグローバル化がすすんでいます。
我が家もグローバル化の波が押し寄せて?来ました。しかも欧州から、イタリアです。

イタリアといえば、新婚旅行で行きましたが、ワイン、レモン、パスタ、ピザなどの食文化、これぞヨーロッパといえる芸術の都。真新しい日本では感じられない風景が続きました。

で、タイトルにもありますが、我が家にイタリアからはるばるいらっしゃいました。

IMG_1896.jpg

IMG_1895.jpg 

GOLDEN RABBIT社のモアです。いろんなメーカがあるのにどうしてここになったか? 単純に価格です。N社とかとくらべて10万近く安いのです。うちのトラクターは三菱ですが、この商品は三菱農機経由で導入できました。:

専業農家になってすぐに休耕田の草刈りを依頼され、今までスパイダーなどで行ってましたが、これだけ忙しいとなかなか時間も取れないし、トラクターのロータリー耕運もしたのですが、草の巻き付きでロータリーに過度の負担をかけ、修理も大変だったので、思い切って導入しました。グローバル化されているので、三菱Bヒッチ以外の規格にも対応できるようにオプションパーツも付属。

実際に使っての感想ですが、刈高さの感覚が最初はつかめなかったですね。低すぎると土ごと削ってしまうし高すぎると高刈りになってしまうし、この辺りが経験値なんでしょうね。

作業はトラクターに乗っているだけなので、らくちん。体の負担もありません。

頑張って、委託作業で儲けます。

パネリストの一日

本日、市役所の企画である「東広島発 元気になる食と農」が開催されました。東広島にいる頑張っている若手農家と市民をつなぐパネルディスカッションです。そのパネリストの一人に私が選ばれたわけで、さあ上手くいくのか、撃沈するのか・・・・・

場所は東広島市中心にある「東広島芸術文化ホールくらら」。まだ新しい現代建築で立派なホールで行います。
朝10時30分に集合、会場のロビーに紹介パネルを設けていただき、各農家の生産物を展示。
2019-01-274.jpg
基調講演をしていただける、野菜ソムリエ上級プロの花井綾美さん。花井さんは地元RCCのテレビやラジオで活躍されておられ有名人。実際に会えるのを楽しみにしてました。展示されているのは著書「空飛ぶ野菜ソムリエ世界の旅ごはん」

皆さん、先生の著書を本屋さんで注文してしっかり読みましょう。(笑)
2019-01-275.jpg 私は、うるち米は特別栽培米の「にこまる」、モチ米は「ココノエモチ」それぞれ1kg、あと白ネギを展示。
2019-01-276.jpg お隣の市(八本松)で、白ネギ、ピーナッツ、なす、アスパラガスを栽培されている脇智美さん。社名の箱がいいですね。
2019-01-277.jpg こちらもお隣の市(豊栄)でお爺さんの土地を守るため就農しごぼうを作付けされている川手晋治さん。昨年末にはテレビで、先日はラジオでとメディアにバンバンでている農家さんです。
2019-01-278.jpg お隣(志和)で有機栽培にて少量多品種で就農された麓陽子さん。メンバーの中では唯一の有機農家です。
2019-01-279.jpg 海がある市(安芸津町)からは、千葉から来られ柑橘を中心に栽培されている甲斐直樹さん。イケメンさんは落ち着いた口調で、なかなかのやり手です(私的見解) いただいたミカンはめちゃめちゃ甘かった・・・。

花井先生と市役所の方とのミーティングは昼食も交えての和気藹々。うーん成功する予感。
2019-01-2710.jpg いよいよ開始。最初は花井先生の基調講演。いろいろとうなづきながらあっという間に講演終了。

さてわれわれ5人が登壇して、いよいよパネルディスカッションのスタート。5人の農家の思いが時間を短くするようで、熱くなることもありました。それは農家の現実を知ってもらいたいからです。

最後には、展示した農産物を抽選でプレゼント。私のセットは質疑応答の時間で発言いただいたご年配の女性に。

すべてが終わって、5人がロビーで本日来ていただいた方を見送ったのですが、今日のパネルディスカッションの感想を言っていただける方がとても多く、われわれ5人もとても有意義だったと思います。
今回のテーマでもある生産者と消費者をつなぐことができた瞬間かなと思います。また生産者の横並びもできましたね。

非常に有意義な会でした。

2019-01-272.jpg ちなみに私の座っていたところからの目線(笑)。いやー知っている方々もおられ、よく顔が見えました。

作業はつづくよどこまでも。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年も、ふぁーむたかちゃんちをどうぞよろしくお願いします。

1月に入っても、作業はたくさんありまして、給食用のかぶオーダーもラストに近づき、その合間に白ネギを出荷しております。

さらにその合間に、水稲の土づくりとして、今年は鶏糞と石灰を散布しております。

この動画で運転しているのは、いつもお世話になっている農機具屋さんの新人さんで、トラクターに乗りなれていないとの事なので、乗ってもらいました。(笑)

コンポキャストでの散布なので、意外に難しいですが、仮に失敗してもフォローできるように考えて乗ってもらいました。見た感じでは問題ないですがね。

2019-01-16.jpg 
散布量としては、鶏糞は反当150㎏ 石灰は反当20㎏です。石灰はもう少し量を上げてもいいかなと思いましたが・・・。

今年から5haになったので、散布量もまあたくさん。鶏糞を扱っているホームセンターで購入し、2トントラックでえっちらおっちら圃場へ配布。鶏糞は10パレット分でなかなかの量でしたね。

2019-01-17.jpg昨年まではディスクロータリで山にしてましたが、今年はロータリー耕運で、一番最初は浅めにしましたが、爪がないので、即オーダー。まあ5haともなれば、年一で交換になりますね。トラクターは1台しかないので、トラクターもお疲れモードです。

そんなわけで、いろんな作業をしながらの更新になりますので、ブログは不定期になりますが、なにとぞごひいきに。 

トラブル

IMG_1793.jpg
今月に入って、というより、10日ぐらいまえよりかぶの学校給食オーダー分がさく裂しておりましてしかも、100㎏、200㎏とオーダーが続いております。収穫かごに一杯に入れると20kg以上になり、おいそれと運ぶのもしんどいです。なのでもみ殻撒きをダンプ代わりにトラクターで運んでおりますが、本日そのトラクターのエンジンがかからなくなるトラブルが。キーを回してもセルが回りません。セルモーターがトラブルか、と考えてしまいました。間もなく1000時間越えになるトラクターなので、何が起こってもおかしくないからです。
IMG_1797.jpg 
圃場のど真ん中にポツン。
三菱のいつものあんちゃんに相談、「バッテリーかもね」と。まあ、自分自身もそれもかんがえていたし、前回のバッテリー交換から随分と時間もたっているので。
IMG_1794.jpg 
バッテリーの規格は95D31R。わかる人はあれですが、でっかいんです。トラクターのバッテリーは。
で注文してもいいですが、今日の仕事ができないので、近くのオートバックスへ。
ラッキーなことに在庫がありまして、即お買い上げ。

お値段、25000円 !!

交換を行い、キーを回すと無事にエンジンはかかりました。新品はいいですね。セルモータの回る力もとてもいいです。

この冬の野菜価格が下落しているので、バッテリー分を取り戻さないと大変です。

師走だけあって、いろいろと物入りですね。

サブソイラ作業と肥料設計、発注

まだ秋の作業の片づけもママらないのですが、すでに次のコメ作りはスタートしてます。
土づくりのため、堆肥として牛糞堆肥を導入したいのですが現状の散布能力と堆肥5町分の資材は私の周りではなかなか集められないので、コストの面も考えて鶏糞と牡蠣殻石灰を散布することにしました。で合わせて500袋近くあるので、ホームセンターに発注。リフトはないので、2トントラックをレンタルし、家に置かずそのまま圃場へ置くことに。そうすればすぐに散布ができるし手間は省けるし。合わせて種籾や基肥も発注。
で、その堆肥散布の前に圃場にサブソイラ作業を行いました。
2018-11-301.jpg 

スガノの白い農機のサブソイラです。田んぼなので、弾丸暗渠を付けての作業です。
2018-11-302.jpg 
田んぼに対して斜めにかけてます。これは代掻きをして田植えをする際に田植え機が弾丸暗渠のラインを踏んで植付姿勢が崩れてしまうのを防ぐためです。

ちなみに、農機具は田植え機とかコンバインとか年に一回しか使わないとよく言われますが、このサブソイラは畑作業でも使うので、重宝しております。

かぶの収穫もしながらなので、耕運作業までのたくさんのやることを今のうちに少しづつ進めております。
ゆめまる・東広島ブランド
???????
広島ブランドロゴ
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
きーわーど

特別栽培米 にこまる 土作り なす フルーツパプリカ こどもピーマン ココノエモチ 育苗 草刈り バケツ稲作 農業機械 春菊 かぶ とうもろこし 安納芋 ホワイトスター ピーマン 稲刈り 古代米 丹波産黒大豆 かぼちゃ レタス にんじん 田植え ブロッコリー インゲン 白ネギ 疎植試験 中干し プール育苗 籾すり サラダほうれん草 アスパラ菜 籾殻処理 落花生 畦塗り 支柱立て ちぐさ 定植 農薬散布 マルチ張り 肥料散布 誘引 えだまめ 畝立て 四角いトマト 長ネギ 防除作業 丹波黒大豆 籾摺り 枝豆 はくさい 極早生花菜 人参 追肥 まいたろう ヒノヒカリ 恋みどり つるなしインゲン 苗作り 竹パウダー 播種作業 スティックセニョール 資材 きゅうり ラディッシュ マルチ作業 圃場整備 かたずけ サブソイラ 大かぶ ミニトマト ダイコン 排水 代掻き 管理機メンテナンス 籾がらまき 掃除 くさむね 除草剤散布 除草作業 しろねぎ コンバイン 四角いトマトの観察 販路拡大 いねかり 水浸作業 さつまいも 穂肥散布 白ねぎ 恋の予感 支柱建て ひえ 籾殻コンテナ ラジオ いんげん 食味検査 つるなしいんげん ゆめまる スパイダー ホワイトスターのは種 地産地消 水やり 一発除草剤 規模拡大 トラクター とまと ソルゴー への字 ほうれん草 研修 春菊、水菜、丹波産黒大豆 でかピーマン 収穫 ししとう セロリ 乾燥機 水菜 認定農業者 誘引作業 塩水選 浸水作業 もち米 ナス もち 堆肥散布 支柱補強 安穏芋 ハダニ スパイダー850A 水タンク 活力剤 道具 ラディッシュ、なす 催芽作業 出荷 ごんべい 筑陽 もみがら 白菜 ラジコンヘリ うどん粉病 だいこん 講習会 冬期作物 籾殻散布 トマト 基肥散布